夏季JOは4日目が終了しました。

本日も大会新記録が12個と記録ラッシュ!

女子200m個人メドレーでは15〜16歳で優勝した大本里佳選手(イトマン)が2分15秒01の大会新、CSでは大橋悠依選手(イトマン彦根)が2分13秒65と素晴らしい記録で優勝しています。

渡部香生子選手(JSS立石)と今井月選手(本巣SS)の対決に注目の集まった女子CS200m平泳ぎは、冷静なレース運びで渡部選手が強さを見せ、2分25秒03とこちらも好記録で優勝です。

また、昨日男子CS200m自由形で素晴らしい記録を出した坂田怜央選手(イトマン)は男子CS100m自由形でもオーストラリアの選手たちを破り、50秒19の好タイムで優勝。更に男子CS400mフリーリレーの第1泳者として50秒13まで記録を伸ばしています。

大会も残すところあと1日。最終日まで記録ラッシュに期待しましょう!

リザルトはこちらから
第36回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会