KONAMI OPEN 2014の第1日目が終了し、この時期ながら好記録も出ています。

まず注目の集まった瀬戸大也選手(JSS毛呂山/早稲田大学)は男子200m個人メドレー、100mバタフライ、200m自由形に登場し、3冠を達成。100mバタフライは砂間敬太選手(天理高校)、200m自由形は外舘祥選手(イトマンSS/近畿大学)というライバルと僅差になりましたが、さすがの勝負強さを発揮しています。

そして渡部香生子選手(JSS立石/武蔵野高校)は女子200m個人メドレー、200m平泳ぎを共に大会新記録で制しています。200m平泳ぎでは金藤理絵選手(JAKED)との一騎打ちとなり、2分24秒99の好記録、2位の金藤選手も2分25秒25というハイレベルな争いとなりました。

また男子50m自由形で塩浦慎理選手(中央大学)、女子100m背泳ぎで赤瀬紗也香選手(日本体育大学)らがまずまずの記録で優勝し、トレーニングの順調さを示しています。

明日のレースにも期待しましょう。

KONAMI OPEN 2014 水泳競技大会|日程&結果