ジャパンオープン2014の全競技が終了しました。

今日最も注目を集めたのは、男子200m平泳ぎの小関也朱篤選手(ミキハウス)でしょう。前半から世界記録のラップを上回るハイペースで折り返すと、勢いは衰えず2分08秒34の好記録で優勝。世界との戦いを見据えた素晴らしいレースを見せてくれました!
PKL146221926












男子200m背泳ぎでは入江陵介選手(イトマン東進)が1分54秒63と安定した強さを見せ優勝。3冠の今大会を経て「夏に向けて気持ちよく、もう一度スタート出来る。」と充実ぶりを漂わせるコメントとともに締めくくりました。また2位に入った松原颯選手(ANA)も派遣標準記録を突破。
PKT146222939












萩野公介選手(東洋大学)が初挑戦した男子100mバタフライでは、既に代表権を獲得している池端宏文選手(法政大学)が「速いですね。ビックリしました。」と自身も驚きの51秒89という4月を上回るタイムで優勝。
PKT146223271












女子50m自由形で日本新記録も期待された内田美希選手(東洋大学)は惜しくも記録には届きませんでしたが、25秒23の自己ベストで優勝。夏に向けて「力がついているのはわかったので、24秒台を目指したい。」と力強いコメントを残しました。

女子200m平泳ぎでは予選から好記録で泳いでいた金藤理絵選手(Jaked)がこちらも安定した強さを見せ、2分22秒73で優勝。もっと上を目指していたと悔しさを滲ませていましたが、こちらも夏に向けて期待が持てる素晴らしい記録での優勝でした。また女子200m背泳ぎでは赤瀬紗也香選手(日本体育大学)が惜しくも派遣標準記録には届かなかったものの、4月から大幅に記録を上げて優勝しています。

日本選手権から2ヶ月の期間を経て、選考を懸けて行われたジャパンオープン。新たな選手たちの台頭もあり実りある大会となりました!

リザルトはこちら