中村克(なかむら・かつみ)
nakamura





















生年月日:1994年2月21日
出身地:東京都
所属:早稲田大学
コーチ:奥野景介
身長:182cm
体重:74kg
血液型:B型
出身校:武蔵野高校(2012年卒)
パンパシ/アジア大会への抱負:『パンパシでベストパフォーマンス、アジア大会リレーで金!!』
twitter:@katsumohi21


国際大会出場経験:
2010年Jr.パンパシフィック選手権(ハワイ)
2013年ユニバーシアード(カザン)
2013年東アジア大会(天津)
2014年BHP Billiton5ヶ国対抗戦(パース)

主な戦績:
2010年 Jr.パンパシフィック選手権 50m自由形 4位/100m自由形 8位
2010年 インターハイ 50m自由形 優勝/100m自由形 4位
2010年 国民体育大会 50m自由形 優勝
2011年 ジャパンオープン 50m自由形 7位
2011年 インターハイ 50m自由形 優勝/100m自由形 2位
2011年 夏季ジュニアオリンピック 50m/100m自由形 優勝
2011年 国民体育大会 50m自由形 優勝/100m自由形 2位
2012年 日本選手権 50m自由形 8位/100m自由形 7位
2012年 ジャパンオープン 50m自由形 4位
2013年 日本選手権 50m自由形 4位/100m自由形 8位
2013年 ジャパンオープン 50m/100m自由形 4位
2013年 ユニバーシアード 100m自由形 6位/400mMR 2位/400mFR 5位
2013年 日本学生選手権 50m/100m自由形 2位
2013年 国民体育大会 100m自由形 2位
2013年 東アジア大会 100m自由形 2位/400mFR 優勝/400mMR 優勝
2014年 日本短水路選手権 50m自由形 3位/100m自由形 優勝
2014年 日本選手権 50m/100m自由形 3位
2014年 ジャパンオープン 50m/100m自由形 3位

ベストタイム:
50m自由形 22”30
100m自由形 49”04

『覚醒した男子自由形短距離のホープ』
高校時代、50m自由形でインターハイ2連覇を果たすが、まだ100mを泳ぎ切る力は不足していた。早稲田大学入学後、100mでも戦える実力を付けると、2013年にはユニバーシアード代表入りを果たす。迎えたユニバーシアード最終日、男子400mメドレーリレーのメダル争いはアンカー勝負となった。一度は米国に抜かれたものの、ラスト25mで驚異的な追い上げを見せ、再逆転で銀メダルを勝ち取った。このレースで覚醒した中村は、国体の400mメドレーリレーでも47秒95の好ラップを刻み、日本の第一人者である塩浦慎理を振り切り、東京都に優勝を齎した。2014年日本短水路選手権では100m自由形を制し、名実共に日本のトップスイマーとなった男子自由形短距離のホープ。その勝負強さに期待がかかる。