坂田怜央(さかた・れお)
sakata





















生年月日:1996年2月1日
出身地:北海道
所属:イトマン近大/近畿大学
コーチ:西脇正人
身長:180cm
体重:69kg
血液型:B型
出身校:近畿大学附属高校(2014年卒)
パンパシへの抱負:『迷惑かけないように泳ぐ』
twitter:@tokuniarimasenn


国際大会出場経験:
2009年 Jr.シンガポール遠征
2013年 Jr.オーストラリア遠征

主な戦績:
2012年 インターハイ 100m自由形 2位
2012年 インターハイ 200m自由形 2位
2012年 夏季JO 200m自由形 3位
2013年 インターハイ 100m自由形 2位
2013年 インターハイ 200m自由形 2位
2013年 夏季JO 100m自由形 優勝
2013年 夏季JO 200m自由形 優勝
2013年 国民体育大会 100m自由形 2位
2014年 日本選手権 100m自由形 5位
2014年 日本選手権 200m自由形 5位
2014年 ジャパンオープン 100m自由形 優勝
2014年 ジャパンオープン 200m自由形 2位
2014年 ジャパンオープン 200m個人メドレー 3位

ベストタイム:
50m自由形 22”88
100m自由形 49”32
200m自由形 1’47”99

『弱冠18歳、自由形の新鋭』
水上を滑るようなシャープな泳ぎは、周囲の選手を引き離して行く。ジャパンオープン男子100m自由形のセンターレーンを泳いだのは、弱冠18歳の坂田怜央だった。日本選手権では同種目で5位。更に200m自由形でも5位で、惜しくも代表入りを逃していた。ラストチャンスとなったジャパンオープンでは、男子100m自由形優勝、200m自由形2位という成績を残し、パンパシフィック選手権代表に滑り込んだ。まだまだ身体は未完成ながら、鋭い泳ぎが生み出すスピード感は伸びしろを感じさせる。実力伯仲の男子自由形短距離陣の中で、今後頭一つ出ることが出来るか。滑り込みで掴んだパンパシの舞台は大きなチャンス。自らの手で掴んだ貴重な経験を、しっかりリオデジャネイロへと繋げたい。