今年の4月、14年ぶりに中学生での日本代表入りを決めた池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)と昨年中学新記録を連発し高校1年の今年、ライバル池江選手と共に代表入りを決めた持田早智選手(ルネサンス幕張)が助成金で後押ししていただいているtotoの公式サイト『GROWING』にて対談。
★TOTO_20150530_089











水の中ではライバルですが、普段はとても仲のいい親友である等身大の2人のインタビューの中で、いよいよ間近に迫った世界水泳カザンへの意気込みも語っています。
★TOTO_20150530_138











持田「私は4×200mフリーリレーに出場しますが、メンバー4人で日本新記録を出したいです。そしてリレーの中の自分のタイムで、個人の派遣標準記録を出したいです。」

池江「私は4×200mと、4×100mのフリーリレーに出場します。目標は、両種目で日本新記録を出すことです。自分自身のタイムは100mで53秒台、200mで1分57秒台を目指したいです。」

GROWING スポーツジャーナル VOL.8
水ではライバル、陸では親友!初めての世界水泳に挑むふたりの笑顔


世界水泳開幕まであと3日!

競泳競技開始まであと12日!