感動と興奮の7日間の戦いから1夜明け、味の素ナショナルトレーニングセンターにて水泳日本代表選手発表記者会見が行われました。
IMG_2925














派遣標準記録という選考基準を明確化したことで、ほぼ自動的に内定者が確定して行くシステムでしたが、本日改めて代表選手が確定し、選手名が公表されました。

男子17名、女子17名の計34名が代表入り。そして34名中、男子12名、女子9名の21名がオリンピック初代表。競泳34名という大所帯となった今回の代表は、1964年東京オリンピックでの38名以来では最大のチーム編成となります。

それでは34名の選手たちです。

【男子】個人派遣標準突破(9名)
萩野公介(東洋大学):200m自由形/200m個人メドレー/400m個人メドレー/800mフリーリレー
入江陵介(イトマン東進):100m背泳ぎ/200m背泳ぎ
長谷川純矢(ミキハウス):100m背泳ぎ
金子雅紀(YURAS):200m背泳ぎ
小関也朱篤(ミキハウス):200m平泳ぎ
渡辺一平(早稲田大学):200m平泳ぎ
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大学):200mバタフライ/400m個人メドレー
坂井聖人(早稲田大学):200mバタフライ
藤森太将(ミキハウス):200m個人メドレー

【男子】リレー派遣標準突破(8名)
中村克(イトマン東進):400mフリーリレー
塩浦慎理(イトマン東進):400mフリーリレー
小長谷研二(岐阜西SC):400mフリーリレー
古賀淳也(第一三共):400mフリーリレー
松田丈志(セガサミー):800mフリーリレー
江原騎士(自衛隊):800mフリーリレー
小堀勇氣(ミズノ):800mフリーリレー
藤井拓郎(コナミスポーツクラブ):400mメドレーリレー


【女子】個人派遣標準突破(10名)
渡部香生子(JSS立石ダイワ/早稲田大学):100m平泳ぎ/200m平泳ぎ
鈴木聡美(ミキハウス):100m平泳ぎ
金藤理絵(Jaked/ぎふ瑞穂スポーツガーデン):200m平泳ぎ
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高校):100mバタフライ/400mフリーリレー/800mフリーリレー
星奈津美(ミズノ):200mバタフライ
長谷川涼香(東京ドーム/淑徳巣鴨高校):200mバタフライ
寺村美穂(セントラルスポーツ/日本大学):200m個人メドレー
今井月(豊川高校):200m個人メドレー
高橋美帆(ミキハウス):400m個人メドレー
清水咲子(ミキハウス):400m個人メドレー

【女子】リレー派遣標準突破(7名)
内田美希(東洋大学/スウィン館林):400mフリーリレー
松本弥生(ミキハウス/SPEEDO SWIM CLUB):400mフリーリレー
山口美咲(イトマン):400mフリーリレー
五十嵐千尋(日本体育大学/SPEEDO SWIM CLUB):800mフリーリレー
持田早智(ルネサンス幕張/千葉商科大付属高校):800mフリーリレー
青木智美(ATSC. YW/法政大学):800mフリーリレー
酒井夏海(スウィン南越谷/さいたま市立土合中学校):400mメドレーリレー


本日は代表発表記者会見が14:00より味の素ナショナルトレーニングセンターにて行われ、男子は萩野選手、瀬戸選手、小関選手。女子は金藤選手、星選手、渡部選手、池江選手が平井監督と共に登壇しました。
IMG_2921














それぞれがリオデジャネイロ五輪への抱負を語り、チーム内でのそれぞれの役割を聞かれ瀬戸選手は「400m個メは大会初日。チームを勢いづけられるよう400m個メで公介と1・2フィニッシュしたい。」とコメント。瀬戸選手は400m個メでのライバルを「隣に座ってらっしゃる萩野さん。」と言えば、萩野選手は「隣に座ってらっしゃる瀬戸さん。」と互いをライバルとして挙げていました。また、平井監督から女子主将を示唆された金藤選手は「若い女子選手が多いので年長者として安心してもらえるように頑張りたい。渡部選手と共に表彰台に上がりたい。」とコメント。

また北島康介さんへの想いにも質問は及び、小関選手は「北島さんに”頑張れよ”と声をかけていただいた以上、メダルを持って帰って来たい。北島さんに認められるような泳ぎをしたい。」と熱く語っている姿が印象的でした。
IMG_2929














初代表の女子中学生・酒井夏海選手から4大会連続出場のベテラン松田丈志選手まで、幅広いメンバーが選ばれました。いよいよスタートした新生トビウオジャパン2016。今年も非常に楽しみなチームです!