長谷川涼香/Hasegawa Suzuka

長谷川涼香

生年月日:2000年1月25日
出身地:東京都
所属:フィットネスクラブ東京ドーム/淑徳巣鴨高校(2年)
コーチ:飯塚正雄
身長:165cm
体重:58kg
出身校:田端中学校(2015年卒)
ベストタイム:
100mバタフライ 58″38
200mバタフライ 2’06”00(高校記録)


国際大会出場経験:
2014年 NSWエージグループ選手権(シドニー)
2014年 ジュニアパンパシフィック選手権(マウイ)
2015年 BHP4ヶ国対抗戦(パース)
2015年 NSWオープン選手権(シドニー)
2016年 アクアティックスーパーシリーズ(パース)

主な戦績:
2012年全国中学 100mバタフライ 4位/200mバタフライ 4位
2013年全国中学 100mバタフライ 1位/200mバタフライ 3位
2014年日本選手権(25m) 100mバタ 5位/200mバタ 2位(JR)
2014年 NSWAG選手権 100m/200mバタ/400m個メ 優勝
2014年日本選手権 100mバタフライ 4位
2014年ジャパンオープン 100mバタ 4位/200mバタ 5位
2014年全国中学 100mバタ 1位/200mバタ 1位(JR)
2014年Jr.パンパシ 100mバタ 優勝/200mバタ 4位/400mMR 2位
2014年国体 少年B100mバタフライ 1位
2015年BHP4ヶ国対抗戦 100mバタ 4位/200mバタ 2位(JR)
2015年ジャパンオープン 100mバタ 5位/200mバタ 5位
2015年インターハイ 100mバタ 1位/200mバタ 2位
2015年国体 少年B100mバタフライ 1位
2016年アクアティックSS 100mバタ 3位/200mバタ 3位
2016年日本選手権 100mバタフライ 3位/200mバタフライ 2位
2016年ジャパンオープン 100mバタ 3位/200mバタ 2位

『女王を追う、待望の次世代バタフライスイマー』
小学6年生の春、初めて全国JOで優勝したときからオリンピックを意識するようになった。全国中学では1年生ながら決勝進出。中学2年で挑んだ日本短水路、200mバタフライで中学新記録を樹立し、星奈津美に次ぐ2位に入った頃から日本のトップスイマーの仲間入りを果たした。3年時には全国中学バタフライ2冠を果たし、200mでは長水路での中学新記録を樹立。BHP4ヶ国対抗戦では2分07秒台の中学新を叩き出すと、いよいよ日本代表入りも期待された。しかし、遠征直後のケガで代表入りを逃す。1年間をかけ、その悔しさから這い上がり、女王・星奈津美に食い下がり、見事リオ五輪代表の座を射止めた。2020年東京五輪も見据え、リオの舞台でもひとつでも上へ、同年代の選手と躍動したい。