世界短水路選手権大会2日目が終了しました。

午前中の予選競技で、塩浦慎理選手(イトマン東進)、伊藤健太選手(ミキハウス)、大内紗雪選手(ダンロップ藤沢)、青木智美選手(アリーナつきみ野)の4名が混合4×50mフリーリレーに出場し、1分32秒05の日本新記録を樹立!今大会トビウオジャパンとして初めての日本記録更新です!

2日目の決勝競技1種目目は女子4×50mメドレーリレー。惜しくも日本記録更新とはなりませんでしたが、諸貫選手、寺村選手、小林選手、大内選手とつなぎ7位に入賞しました。
HN1612070526

男子100m背泳ぎでは、古賀淳也選手(第一三共)が4位に入りました。メダルには届きませんでしたが、スタートの飛出しは群を抜いています。得意の50m背泳ぎに期待ができそうです!
HN1612070611

女子200mバタフライの中野未夢選手(東洋大)は序盤から上手く流れに乗れず8位に終わりました。しかし、久々の国際大会で4月の日本選手権に向けて課題が見つかったようです。
HN1612070668

女子100m自由形準決勝では、昨日のリレーでベスト記録を更新している池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が3位で順当に決勝進出。明日の決勝では、同学年の五輪チャンピオンPenny Oleksiak選手(CAN)との勝負に挑みます!
HN1612071046

男子100mバタフライでは川本武史選手(中京大)が決勝に進出!決勝で日本記録を狙います。
HN1612070329

混合4×50mフリーリレーでは予選からメンバーを入れ代え、塩浦選手、伊藤選手、大内選手、池江選手の4人で泳ぎ、予選の日本記録を上回る1分30秒95で5位に入っています!
HN1612071309

(写真提供:PICSPORT)

明日以降、さらなるメダル獲得、自己ベスト更新を目指して頑張っていきます!

【第2日目決勝結果】
女子4×50mメドレーリレー 決勝

日本 1:47.90 ⑦
諸貫瑛美(スウィン館林) 26.96
寺村美穂(セントラルスポーツ) 30.02
小林明日香(秋田AC) 26.07
大内紗雪(ダンロップ藤沢) 24.85

男子100m背泳ぎ 決勝
古賀淳也(第一三共) 50.21④

女子200mバタフライ 決勝
中野未夢(東洋大) 2:09.42⑧

女子100m自由形 準決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 52.47③

男子100mバタフライ 準決勝
川本武史(中京大) 50.54⑧

混合4×50mフリーリレー 決勝

日本 1:30.95⑤ 日本新
塩浦慎理(イトマン東進) 21.32
伊藤健太(ミキハウス) 21.07
大内紗雪(ダンロップ藤沢) 24.70
池江璃花子(ルネサンス亀戸) 23.86

2日目の結果はこちらから
13th FINA World Swimming Championships (25m)-Day2