大会3日目が終了しました!

本日は日本記録4つ、高校記録が2つが更新される記録ラッシュとなりました!
まずは朝の予選で、諸貫瑛美選手(スウィン館林)、山中祥輝選手(中京大)、川本武史選手(中京大)、大内紗雪選手(ダンロップ藤沢)の4名でつないだ混合4×50mメドレーリレーで1分40秒47の日本新記録を樹立しました。また、女子50mバタフライでは池江璃花子選手が25秒55の短水路高校新記録を更新しました。

決勝競技のハイライト。
男子200m平泳ぎでは高橋幸大選手(コナミスポーツクラブ)が8位。納得のいく泳ぎとはなりませんでしたが、この悔しさを2017年シーズンに活かします。
HN1612080338

女子100m自由形決勝には池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が登場。惜しくも4位とメダル獲得は逃しましたが、自身の高校記録を塗り替える52秒12の自己ベストで泳ぎました!
HN1612080438

男子100m個人メドレー準決勝では瀬戸大也選手(JSS毛呂山)と塩浦慎理選手(イトマン東進)が1位と2位で決勝進出!明日の決勝にメダル獲得の期待がかかります。
HN1612080025

赤瀬紗也香選手(SA新城)と高橋美紀選手(中京大)の2人が出場した女子200m背泳ぎ。予選から記録を上げることが出来ず悔しさをかみしめていました。
HN1612080227

男子100mバタフライでは川本武史選手が6位。同レースに出場した、Chad le Clos選手(RSA)が48秒08の驚異的な世界新記録を樹立。世界のレベルを肌で感じることが出来たようです。
HN1612080697

男子50m背泳ぎでは古賀淳也選手(第一三共)がただ一人22秒台を記録して1位で決勝進出。記録も22秒81の日本新記録です!
HN1612080119

3日目最終種目の混合4×50mメドレーリレー、古賀淳也選手が22秒74の日本記録を更新しトップで引き継ぐと、山中祥輝選手、池江璃花子選手、大内紗雪選手とつないで1分38秒45の日本新記録を更新し見事銅メダルを獲得しました!
HN1612080935


大会は明日からいよいよ後半戦!本日の勢いそのままに、更なる活躍に期待がかかります!
HN1612081171

(写真提供:PICSPORT)

【第3日目決勝結果】
男子200平泳ぎ 決勝

高橋幸大(コナミスポーツクラブ) 2:05.40⑧

女子100m自由形 決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 52.12④

男子100m個人メドレー 準決勝
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大) 52.09①
塩浦慎理(イトマン東進) 52.35②

女子200m背泳ぎ 決勝
赤瀬紗也香選手(SA新城/日本体育大) 2:05.02⑦
高橋美紀選手(中京大) 2:06.29⑧

男子50m自由形 準決勝
伊藤健太(ミキハウス) 21.65⑬

女子50mバタフライ 準決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 25.63⑤

男子100mバタフライ 決勝
川本武史(中京大) 50.37⑥

女子100m個人メドレー 準決勝
大橋悠依(東洋大) 1:00.93⑭

男子50m背泳ぎ 準決勝
古賀淳也(第一三共) 22.81① 日本新
金子雅紀(YURAS) 23.65⑬

混合4×50mメドレーリレー 決勝
日本 1:38.45③ 日本新
古賀淳也(第一三共) 22.74 日本新
山中祥輝(中京大) 26.48
池江璃花子(ルネサンス亀戸) 24.89
大内紗雪(ダンロップ藤沢) 24.34

3日目の結果はこちらから
13th FINA World Swimming Championships (25m)-Day3