コナミオープン2017が東京辰巳国際水泳場にて開催されています。

大会初日、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が女子50m自由形で24秒48の日本新記録を樹立!初めて挑戦する1度も呼吸をしないノーブレスで泳ぎきり、リオデジャネイロオリンピックでも決勝に残れるハイレベルな記録で泳ぎました!
HN1702182480

男子50m自由形では好調を維持している塩浦慎理選手(イトマン東進)が22秒08の好記録。「イメージ通りの良い泳ぎができている」と4月に向け手応えをつかんでいるようです。
HN1702180186

男子400m個人メドレーでは瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が前半の200mを2分を切るハイペースで入り4分11秒37の記録で危なげなく優勝。
HN1702180301

女子200m平泳ぎでは、青木玲緒樹選手(東洋大)が2分23秒45の好記録。
HN1702182028

江原騎士選手(自衛隊体育学校)が1500m自由形と200m自由形を制し、持ち前のタフさを見せました。
HN1702181273

(写真:PICSPORT)

その他にも、女子400m個人メドレーでは大橋悠依選手(東洋大)が4分35秒35の自己ベストで 優勝。女子800m自由形ではオープンウォーター競技でも活躍している森山幸美選手(日本体育大)が8分33秒98の大会新記録を樹立。男子50m平泳ぎでは、小関也朱篤選手(ミキハウス)が日本記録に0.2秒に迫る27秒53で優勝。
4月の日本選手権まで2ヶ月を切り、選手たちは徐々に記録を上げてきています。
大会2日目もハイレベルな記録が期待できます!

大会2日目のレースはBS朝日(16:00~17:55)にて放送されます。
大会結果はこちらから
第33回コナミオープン水泳競技大会 結果