日本選手権が終わり一夜明けて、味の素ナショナルトレーニングセンターにて世界選手権日本代表選手発表記者会見が行われました。
男子は萩野公介選手、瀬戸大也選手、小関也朱篤選手、坂井聖人選手が、女子は池江璃花子選手、大橋悠依選手、長谷川涼香選手が平井伯昌ヘッドコーチと共に登壇しました。
20099

平井ヘッドコーチは「リオデジャネイロ五輪の結果を上回るメダル獲得を目指したい。」と語り「小関選手や渡辺選手のように切磋琢磨することで、優勝できる実力がつく。」と期待を込めました。
各選手、7月にハンガリー・ブダペストで行われる世界選手権に向けた意気込みを述べました。
HN1704170822
(PICSPORT)
小関選手は「渡辺一平選手と共に日本の平泳ぎの強さを世界に見せつけたい。」と力強くコメント。坂井選手は「マイペースに調整して優勝を狙いたい。瀬戸選手と共に表彰台に上がりたい。」と話しました。瀬戸選手は前回の世界選手権での反省を口にし、「今回は3種目全てで結果を出したい。これまでの経験を活かして400m個人メドレーでは3連覇したい。」と意気込みを語りました。萩野選手は「夏までけがをしないことが目標。」と笑いを誘い、「出場するすべての種目で優勝を目指してしっかりとトレーニングを積みたい。」とコメント。
日本選手権5冠を達成した池江選手は「自由形でも決勝を目指す。100mバタフライでは積極的にせめてメダルを狙いたい。」とコメント。長谷川選手は「国際大会でベストを更新してメダルを獲得したい。200mバタフライの結果で日本チームを引っ張っていきたい。」と頼もしいコメント。大橋選手は「日本選手権のように積極的なレースがしたい。」と抱負を語りました。
HN1704170170
(PICSPORT)

日本選手権で代表権を獲得した18名の選手たちです。
なお、6月10日〜11日の和歌山県選手権でフリーリレーメンバーの追加選考会が実施されます。

【男子】
中村克(イトマン東進):自由形
塩浦慎理(イトマン東進):自由形
入江陵介(イトマン東進):背泳ぎ
萩野公介(ブリヂストン):背泳ぎ/個人メドレー
小関也朱篤(ミキハウス):平泳ぎ
渡辺一平(早稲田大学):平泳ぎ
坂井聖人(早稲田大学):バタフライ
瀬戸大也(全日本空輸/JSS毛呂山):バタフライ/個人メドレー
小堀勇氣(ミズノ):メドレーリレー

【女子】
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高校):自由形/バタフライ
五十嵐千尋(日本体育大学):自由形
青木玲緒樹(ミキハウス):平泳ぎ
鈴木聡美(ミキハウス):平泳ぎ
長谷川涼香(東京ドーム/淑徳巣鴨):バタフライ
牧野紘子(東京ドーム/東京大学教育学部附属中等教育学校):バタフライ
大橋悠依(東洋大学):個人メドレー
今井月(豊川高校):個人メドレー
清水咲子(ミキハウス):個人メドレー

2017年の新生トビウオジャパン!ブダペストでの活躍が楽しみなチームです!
HN1704170182
(PICSPORT)