競泳競技2日目に大橋悠依選手が今大会競泳初のメダルを獲得し、勢いに乗りたいトビウオジャパンは、第17回世界水泳選手権(ハンガリー・ブダペスト)の3日目の予選競技を終えました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子50m平泳ぎ予選に、昨日の100mで4位だった小関也朱篤選手が出場。「無我夢中だった」という小関選手は、朝一番のレースで27秒21の日本新記録を樹立。10位で準決勝に進みます。


女子200m自由形予選では、五十嵐千尋選手が1分57秒67の好タイムで泳ぎ、11位で準決勝進出を決めました。青木智美選手は1分59秒44の21位となりました。



男子200mバタフライ予選は、坂井聖人選手と瀬戸大也選手が隣同士で泳ぎます。前半から軽い泳ぎで先行し、そのまま逃げ切ったのは瀬戸選手。1分54秒89の全体の2位で準決勝に進出。坂井選手も1分55秒94の6位で準決勝進出を決めています。



準決勝・決勝競技が行われるイヴニングセッションは、決勝競技が5種目、準決勝競技が3種目行われます。
まずは小関選手の男子50m平泳ぎ準決勝、次に入江陵介選手が出場する男子100m背泳ぎが行われ、そのあとに五十嵐選手の女子200m自由形準決勝、坂井選手と瀬戸選手の男子200mバタフライ準決勝が行われます。

<第17回世界水泳選手権 競泳競技3日目予選結果>
男子50m平泳ぎ 小関也朱篤 27秒21 10位 準決勝進出 日本新記録!
女子200m自由形 五十嵐千尋 1分57秒67 11位 準決勝進出
青木智美 1分59秒44 21位
男子200mバタフライ 瀬戸大也 1分54秒89 2位 準決勝進出
坂井聖人 1分55秒94 6位 準決勝進出

予選のリザルトと決勝のスタートリストはこちら