『日本一決定戦』第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)の初日がスタート。予選競技が終了し、午後の準決勝、決勝に進出する選手たちが出そろいました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

1日目最初の競技であった女子100mバタフライ予選。池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が日本記録にあと0秒28まで迫る、57秒14のトップ通過。
「思った以上のタイムでびっくりしました。準決勝でベストを更新して、決勝でまたその記録を大幅に更新したいと思っています」(池江選手)


男子400m自由形予選は、「気持ちよく泳げました」と余裕を持った泳ぎで2位通過したのは萩野公介選手(ブリヂストン)。昨年この種目2位の江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)も「このくらい(3分50秒台)で泳ぎたいと思っていたので予定通り。前半から攻めますが、後半も最後まで諦めずに粘りたい」とコメント。


このふたりをおさえてトップ通過したのは、中京大学4年生の谷健友選手。決勝でも会場を沸かせる泳ぎを期待しましょう!

男子100m背泳ぎは、入江陵介選手(イトマン東進)と古賀淳也選手(第一三共/スウィン埼玉)のふたりが53秒台で通過。準決勝では、さらに高いレベルの記録に期待です!


男子100m平泳ぎ予選は、小関也朱篤選手(ミキハウス)が「少し緊張しましたが、狙い通りに泳げている」と満足の59秒82でトップ通過です。

女子50m背泳ぎは酒井夏海選手(スウィン南越谷/武南高校)が28秒33のトップ通過。100分の4秒さで諸貫瑛美選手(ミキハウス)が続き、こちらは混戦の様相。


女子50m平泳ぎは、予選から鈴木聡美選手が30秒64の日本新記録を樹立! 「感覚は悪くないですが、途中で少し迷った部分があったので、決勝は焦らず、キックを生かして伸びのあるきれいな泳ぎを心がけます」と、笑顔。二度目の日本新記録コールに期待です!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

1日目の準決勝・決勝競技は、19時15分からスタート!
初日から見応え満載のレースが行われます! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。
4月3日(火)
BS1 - 19:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月4日(水)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月5日(木)
BS1 - 17:55~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月6日(金)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:30(LIVE)
4月7日(土)
BS1 - 18:30~18:50(LIVE)
BS102 - 18:50~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月8日(日)
総合テレビ - 16:00~18:00(LIVE)

大会公式HPはこちらです!