第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)は2日目の予選競技が終了。午後の準決勝に進出するメンバーが決まりました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子100m背泳ぎは、昨日の50mで優勝した酒井夏海選手(スウィン南越谷/武南高校)が1分01秒の3位通過。1分00秒00のトップ通過は、昨年この種目優勝を果たしている小西杏奈選手(中京大学)。2番手には諸貫瑛美選手(ミキハウス)が続きます。ぜひとも多数の選手が準決勝で59秒台をマークすることを期待しましょう!


女子100m平泳ぎは、渡部香生子選手(早稲田大学/JSS立石)がトップで通過。2位通過は青木玲緒樹選手(ミキハウス)、3位通過は昨日の50mで日本記録を出して好調の鈴木聡美選手(ミキハウス)。決勝につながる好記録に期待です。



女子200m自由形はリレーの選考もかかっており、激しい争いが予想されます。青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)、五十嵐千尋選手(T&G/JSS)を中心に、どんな8人が決勝に残るか楽しみです。

男子200m自由形準決勝は、高校生も3人残っており、若手の奮起にも期待したいところです。また、代表経験者、五輪メダリストたちがどんなレースでどんなタイムを出すかにも注目しましょう!


2日目の決勝競技は、5種目行われます。

女子800m自由形。OWSでも活躍している森山幸美選手(日本体育大学)に、後藤真由子選手(Jaked/神奈川大SC)、大学生になった佐藤千夏選手(スウィン大教/早稲田大学)たちとの戦いに注目です。

女子100mバタフライでは、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が準決勝でマークした日本記録をさらに更新できるかどうかに期待がかかります。男子100m背泳ぎは、予選、準決勝で53秒台をマークしている入江陵介選手(イトマン東進)と古賀淳也選手(第一三共/スウィン埼玉)のふたりに、長谷川純矢選手(ミキハウス)、金子雅紀選手(イトマン東進)らがどこまで迫れるかに注目。




男子100m平泳ぎは、好調の小関也朱篤選手(ミキハウス)が日本記録に挑みます。男子50mバタフライは誰が勝ってもおかしくない展開が予想されます。


優勝の英光は誰がつかみ取るのか。その瞬間を楽しみに待ちましょう!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

2日目の準決勝・決勝競技は、18時30分からスタート! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。
4月4日(水)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月5日(木)
BS1 - 17:55~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月6日(金)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:30(LIVE)
4月7日(土)
BS1 - 18:30~18:50(LIVE)
BS102 - 18:50~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月8日(日)
総合テレビ - 16:00~18:00(LIVE)

大会公式HPはこちらです!