ジャパンオープン2018の3日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

3日目の予選競技は、全部で8種目。男女の50m背泳ぎ、女子100m自由形、男子400m自由形に男女の200mバタフライ、そして男女200m個人メドレーです。

女子50m背泳ぎで28秒31のトップ通過を果たしたのは、昨日の100mで59秒台を出した諸貫瑛美選手(ミキハウス)。男子は韓国のWON Youngjun選手が25秒36で1位通過を果たし、桜井祐輝選手(富士通)が25秒58で続きました。この種目は、少しでも記録を伸ばし、日本記録に近いタイムを期待したいところです。


女子100m自由形は、池江璃花子選手(JAPAN)が54秒00で貫禄の1位通過。2位は55秒49で五十嵐千尋選手(JAPAN)、青木智美選手(あおいおいニッセイ/ATSC.YW)が55秒52で続き、酒井夏海選手(JAPAN)も55秒63の6位で決勝に進んでいます。55秒台が8人揃ったレベルの高いレースをぜひ楽しみにしてください。


男子400m自由形では、江原騎士選手(JAPAN)が3分52秒14で1位通過。2位通過は宮本陽輔選手(自衛隊)で3分52秒68、3位は3分52秒3のJack MCLOUGHLIN選手(オーストラリア)と、3位までが僅差となっています。


女子200mバタフライは日本選手権で敗れた悔しさをぶつけると話していた、長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が2分09秒90の1位通過。2分10秒22の2位で通過したのは、日本選手権優勝者の持田早智選手(ルネサンス幕張/日本大学)。決勝ではレベルの高い記録での決着を期待しましょう。

男子200mバタフライでは、瀬戸大也選手(JAPAN)が1分56秒29の1位で予選を突破。坂井聖人選手(セイコー)は1分56秒62の5位で通過。決勝に対して並々ならぬ思いを持つ坂井選手が、瀬戸選手、そして予選6位通過の幌村尚選手とどのような戦いを繰り広げるのかに注目です。


女子200m個人メドレーは、実力者の渡部香生子選手(JAPAN)が2分12秒61のトップ通過を果たします。2位は大本里佳選手(イトマン)、この種目を得意とするKIM Seoyeong選手(韓国)は2分13秒20の3位で決勝に進みました。大橋悠依選手(JAPAN)は2分13秒86の5位、寺村美穂選手(JAPAN)2分13秒94の6位通過と、日本代表選手だけではなく、ほかにも実力者が揃ったこのレース。決勝は誰が勝つのか、展開に注目しましょう。




大会3日目の最終レースは、男子200m個人メドレー。萩野公介選手(JAPAN)が頭ひとつ抜けた存在ではありますが、3位で通過したリオデジャネイロ五輪4位の藤森太将選手(木下グループ)も怖い存在。彼らに続く若手選手の台頭にも期待がかかります。


一意奮闘の想いで臨む選手たちに、ぜひご声援をお願いします!

3日目のB決勝・決勝競技も2日目同様、15時45分からスタート! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから!