第18回アジア競技大会の競泳競技もいよいよ佳境の5日目。その5日目の予選競技が終了です。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子50mバタフライは、100mで銅メダルを獲得した小堀勇氣選手が7番手で決勝に進出。幌村尚選手も23秒98の4位で決勝に進んでいます。



女子50m平泳ぎでは、勢いに乗る鈴木聡美選手が31秒02のトップで予選を通過。寺村美穂選手が31秒26の3位で決勝に進みました。


男子100m自由形では49秒の前半で選手たちがひしめき合うなか、塩浦慎理選手が49秒32の3番手で、中村克選手が49秒50の5番手で決勝に進出です。



男子200m背泳ぎは、入江陵介選手と砂間敬太選手のふたりとも余裕を持った泳ぎで決勝に進出。入江選手は2分01秒74の3位、砂間選手は2分02秒64の5位で駒を進めています。


そして、女子4×100mメドレーリレーは小西杏奈選手、青木玲緒樹選手、相馬あい選手、清水咲子選手の4人で予選は挑み、4分01秒65のトップで予選を通過しました。





大会5日目の決勝は、現地時間で18時(日本時間20時)からスタート!
一意奮闘の想いで臨む選手たちに、ぜひご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから!