第18回アジア競技大会の5日目の決勝競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子50mバタフライ決勝は、中尾駿一選手が予選よりもタイムをしっかりと上げて、23秒88で4位に入賞。小堀勇氣選手は24秒40の7位入賞を果たしました。



女子50m平泳ぎでは、鈴木聡美選手が100mに続いて30秒83の大会新記録で優勝を果たし、今大会個人2冠を達成!


男子100m自由形は、前半から攻めた塩浦慎理選手を中村克選手が後半に追い上げる展開。結果は100分の1秒差でつきました。塩浦選手が48秒71で優勝し、48秒72で中村選手が2位でワンツーフィニッシュです。




女子800m自由形は、連日自己ベストを更新し続けている小堀倭加選手が8分30秒65のベスト記録をマークして銅メダルを獲得!




森山幸美選手は8分40秒71の惜しくも4位という結果でした。


男子200m背泳ぎは、入江陵介選手、砂間敬太選手ともに後半に追い上げていきます。結果、入江選手は1分55秒11の銀メダル、砂間選手は1分55秒54の自己ベストで銅メダルを獲得です!





女子4×100mメドレーリレーは、酒井夏海選手、鈴木選手、池江璃花子選手、そして青木智美選手というメンバーで挑み、終始トップを譲ることなく優勝!


坂井選手は59秒42、鈴木選手は1分05秒43、池江選手は55秒80で、青木選手は54秒08と、それぞれ好タイムで引き継ぎ、トータル3分54秒73の日本新記録です!



大会も残すところ、最終日のみとなりました。最終日の予選は、現地時間で9時(日本時間11時)からスタート!
一意奮闘の想いで臨む選手たちに、ぜひご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから!