日本一決定戦、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の5日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

徐々に夏の世界水泳選手権(韓国・光州)の代表の内定が出始めた今大会。6日目の今日も好記録、好レースが生まれました!

男子200m個人メドレーでは、瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が前半のバタフライからスピードに乗った泳ぎを披露。スピードは衰えることなく、背泳ぎ、平泳ぎと続くにつれて周囲との差を広げていきます。ラストの自由形も力強い泳ぎで泳ぎ切り、1分56秒69の自己ベストを更新して優勝です!


「自己ベストを狙っていたのですごくうれしいです。波に乗って、最終日の400m個人メドレーも良い泳ぎをしたいと思います」(瀬戸選手)


女子100m自由形は、終始大接戦。ラスト5mでもまだ決着がつかないという見応えのあるレース展開を見せてくれました。そんななか、逆転で勝利をもぎ取ったのは青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)でした。


タイムを並べると、どれだけ激しいレースだったかが分かります。優勝した青木選手は54秒45、2位の大本里佳選手(イトマン)は54秒51と、その差はたったの100分の5秒。さらに同じ100分の5秒差となる54秒56で3位に入ったのは、白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)。4位の五十嵐千尋選手は54秒70、5位の佐藤綾選手(新潟医療福祉大職員)は54秒72。まさに上位選手たちは、誰が勝ってもおかしくないレースでした。



男子100m自由形は、前半を「身体を絞って泳ぎが軽くなった」という塩浦慎理選手(イトマン東進)が23秒04で折り返します。後半に入ると、追い上げが持ち味の中村克選手(イトマン東進)が塩浦選手との差をじりじりと詰めていき、タッチで逆転!
中村選手が48秒55で優勝し、塩浦選手は100分の3秒差の48秒58で2位となりました。3位には、200m自由形を制した松元克央選手(セントラルスポーツ)が入っています。



「夏は前半から攻めること、そして自分に集中することを意識して泳ぎたいと思います。塩浦選手との勝負はとても楽しかったです」(中村選手)


女子200mバタフライも、男女の100m自由形に負けず劣らず接戦の様相を呈しました。前半から攻めたのは長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)。それにぴたりと食らいつくのが、大橋悠依選手(イトマン東進)と牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)。さらに持田早智選手(ルネサンス/日本大学)までもが同じペースで前半を折り返します。


後半、強さを見せてトップを守る長谷川選手は、2分07秒44の派遣標準記録を突破して優勝を果たしました! ラスト50mで一度は長谷川選手を追い詰めた大橋選手は、2分07秒57の2位、そして3位には2分08秒17で牧野選手が入りました。


「昨年のこの試合で悔しいと感じたところから、もっと頑張ろうという気持ちがどんどん上がってきていました。優勝ができてすごくうれしいです」(長谷川選手)


この日は準決勝種目が3つ、そして女子800m自由形の予選が行われました。

男子200m平泳ぎの準決勝は、渡辺一平選手(TOYOTA)が大きな伸びやかな泳ぎながら、高いスピードでペースを刻み、2分09秒36の1位で決勝に進出。2番手には、小日向一輝選手(セントラルスポーツ)が2分10秒24で続き、小関也朱篤選手(ミキハウス)は2分10秒68の3位で決勝に進出しています。




女子200m平泳ぎでは、渡部香生子選手(JSS)が2分25秒32で準決勝とトップで通過。2番手は浅羽栞選手(VALUE SS/早稲田大学)が2分25秒40で、3位は今井月選手(コカ・コーラ/東洋大学)が2分26秒91で続きます。


そして男子200m背泳ぎは、1分58秒27で入江陵介選手(イトマン東進)が1位で、松原楓選手(ANA)が1分58秒99の2位でそれぞれ決勝に駒を進めています。


午前中に行われた女子800m自由形予選は、森山幸美選手(山本光学/SWANS)が8分39秒16の1位で決勝進出。2番手には、高校生の若手難波実夢選手(MGニッシン)が8分39秒89で続きます。8分40秒61で佐藤千夏選手(スウィン大教/早稲田大学)が3位で決勝に進んでいます


大会5日目が終了し、新記録は日本新記録が1つ、日本高校新記録が1つの合計2つは変わらず。
6日目には、6種目の予選競技に4種目の準決勝、そして決勝競技が5種目行われます。世界を目指す選手たちの戦いは、まだまだ続きます! 選手たちへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!