夏の世界水泳選手権(韓国・光州)、そしてユニバーシアード競技大会の代表選考会を兼ねた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の最終日が終わりました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

7日間にも及ぶ戦いにも、とうとう終止符が打たれました。


この日最初の決勝種目は、男子1500m自由形。スタートから飛び出したのは、若手の菖池竜輝選手(コナミスポーツ/近畿大学)。日本記録を上回るペースで突っ込みます。

その菖池選手を早々に捉えてトップに立ったのは竹田涉瑚選手(オーエンス)でした。そのまま竹田選手が逃げ切るかと思われましたが、800mで平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)が逆転。じりじりと竹田選手との差を広げていき、平井選手が800m自由形に続いてこの1500m自由形も、15分08秒00で優勝しました!



準決勝で日本記録を樹立した塩浦慎理選手(イトマン東進)が、再度記録更新に挑んだ男子50m自由形。30m過ぎから一気にスピードに乗った塩浦選手がトップでフィニッシュ! 惜しくも日本記録には届かず、それでも21秒73という好タイムで優勝を果たしました!



女子200m背泳ぎは、200m自由形を制して波に乗る白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)が、先行する酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)をラスト50mで逆転! 2分09秒58で2冠達成です!



女子50m平泳ぎ決勝は、この種目の日本記録保持者である鈴木聡美選手(ミキハウス)が、ただひとり30秒台をマークする、30秒88で3連覇です!



混戦が予想されていた男子100mバタフライ決勝。前半を23秒92のトップで折り返したのは、スピードに絶対的な自信を持つ川本武史選手(TOYOTA)。後半、水沼尚輝選手(新潟医療福祉大職員)、小堀勇気選手(ミズノ)、安江貴哉選手(新東工業)、梅本雅之選手(レッドクイーン)らが追い上げていき、ラスト10mで頭ひとつ抜け出したのは、水沼選手でした。51秒43の好タイムをマークして初優勝を飾りました!



女子50m自由形は、100m自由形で2位となった大本里佳選手(イトマン)が、スタートから頭ひとつ抜け出す高いスピードを発揮して、25秒02で日本選手権初優勝です!



男子50m背泳ぎは、100m、200mを制した入江陵介選手(イトマン東進)が24秒95で優勝し、今大会3冠を達成です!



男子400m個人メドレー決勝は、前半から攻めた瀬戸選手が200mを1分59秒55で折り返します。平泳ぎでもそのスピードは衰えず、最後のクロールに入ると周囲との差をさらに広げていきます。結果、4分09秒98で優勝し、200mのバタフライと個人メドレーを合わせて、自身初となる3冠を果たしました!



そして、長い戦いの最後を締めくくるのは、女子400m個人メドレー。大橋悠依選手がバタフライから2位以下に1秒以上の差をつけてターンすると、背泳ぎ、平泳ぎとぐんぐんその差を広げていきます。最後の自由形では、さすがに疲れも見えましたが、ゆったりとした大きな大橋選手らしい泳ぎは健在。4分33秒02で制し、大橋選手は3年連続2冠を達成しました!



大会7日間を通して、日本新記録が2、日本高校新記録が1の、合計3つの新記録が誕生しました。

最後まで全力で戦い抜いた選手たちへのご声援、ありがとうございました!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!