世界水泳2019(韓国・光州)の7日目の準決勝、決勝競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

塩浦慎理選手が2001年の日本・福岡世界選手権以来、18年ぶりとなる決勝進出を果たした男子50m自由形。


世界最速を決めるレースに挑んだ塩浦選手。「泳ぐ前からすごくワクワクしました」と、すべての力を出し切ります。結果、21秒81の8位入賞を果たしました!


「ちょっと力んだ部分もあるんですけど、本当に楽しかったです。何とかメダル争いに食い込みたいと思っていましたし、そのためには自己ベストを更新しないといけないと思っていました。それができなくてちょっと悔しいですね。また頑張ります」(塩浦選手)


混合4×100mリレーの決勝には、中村克選手、松元克央選手、大本里佳選手、そして佐藤綾選手の4人で臨みました。


第1泳者の中村選手、第2泳者の松元選手は「男子ふたりで200mを1分35秒台で泳ぐ」作戦を立ててスタート。中村選手は48秒49、松元選手は引き継ぎで47秒99で泳ぎ、目標よりは少し遅れてしまいますが、それでも1分36秒48と予選よりもタイムを上げてあとを託します。

大本選手は54秒36で引き継ぎ、アンカーの佐藤選手は53秒83でフィニッシュ。佐藤選手は今大会出場したすべてのリレーで53秒台をマーク。トータル、3分24秒67のアジア新記録、そして日本新記録を樹立して7位入賞を果たしました!


「4人で力を合わせて記録を伸ばしたい、という話をレース前にしていたので、トータルタイムをしっかり上げられて良かったと思います」(中村選手)


「予選よりもタイムを縮められて、みんなで日本記録を出せたことはすごく良かったと思います」(佐藤選手)


とうとう最終日を迎える世界選手権! 大会8日目の予選は、男女の400m個人メドレーと男女の4×100mメドレーリレーの4種目が行われます。
個人メドレーには、大橋悠依選手と瀬戸大也選手の男女の主将が挑みます! 瀬戸選手は今大会3つ目のメダル獲得なるか、注目です!
4×100mメドレーリレーも、メダル獲得を目指してトビウオジャパンが一丸となって臨みます。
S__272900143
<写真/日本水泳連盟>

最終日も全力で戦います! 応援、よろしくお願いします!
Go! トビウオジャパン!!
S__288391313
<写真/日本水泳連盟>

◆競泳7日目:準決勝・決勝結果◆
・男子50m自由形 決勝
塩浦慎理 21秒81 8位入賞
・混合4×100mリレー 決勝
松元克央・中村克・青木智美・佐藤綾 3分24秒67 アジア新記録、日本新記録 7位入賞
(48秒49・47秒99・54秒36・53秒83)

スタートリスト・リザルトはこちらから!