競技スポーツおよび地域スポーツにおいて、選手の強化・育成ならびに地域の普及・振興に貢献した指導者に贈られるミズノスポーツ振興財団の「2019年度ミズノスポーツメントール賞」の最優秀賞であるゴールドを、鈴木陽二氏(セントラルスポーツ)が受賞されました!
*2019年度ミズノスポーツメントール賞 受賞者一覧*

鈴木コーチは、ソウル五輪の100m背泳ぎで金メダルを獲得した鈴木大地選手をはじめ、これまでにたくさんの日本代表選手を輩出しており、現在は昨年開催された世界水泳の200m自由形で銀メダルを獲得した松元克央選手、世界水泳代表の小日向一輝選手らを指導しています。

鈴木コーチと選手らは先日、メキシコでの高地合宿から帰国し、現在はJISSにてトレーニングをしています。恩師の受賞に松元選手は「先生が全指導者の中から、最優秀賞であるゴールドを受賞してくれたことがとても嬉しい」とコメントをしてくれました!

そして、受賞4日後の3月9日に鈴木コーチは70歳の誕生日を迎えました!
年齢を感じさせず元気な身体でコーチを続けている鈴木コーチは、選手よりも早く練習場にきてストレッチや筋力トレーニングを時間をかけて入念におこなっています。また動いた分、たくさん食べています!!


70歳となった節目の年、選手とコーチ二人三脚でこれからも歩み続けます。
鈴木コーチ、ゴールド賞受賞&お誕生日おめでとうございます!!

CE0D81F7-4CA3-410E-BA33-CF4E4AF50564




【3.11】
本日で、東日本大震災から9年の月日が経ちました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。選手らの活躍が被災地の復興と皆さんの笑顔に繋がることを信じてTOBIUO JAPAN Journalは発信し続けます。


JAPANSWIM2020まで…あと21日
東京オリンピックまで…あと136日