6月3日からスタートしたジャパンオープン2021も最終日! 最後まで選手たちは力泳を見せてくれました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子50m自由形では五十嵐千尋選手(JAPAN)が好調を維持して25秒13で優勝。これで今大会3冠を飾りました! 大本里佳選手(JAPAN)は25秒39の3位となっています。



男子50m自由形には4人のチームJAPANが出場し、塩浦慎理選手(JAPAN)が22秒11の2位に入りました!
中村克選手(JAPAN)が22秒41の4位、松元克央選手(JAPAN)は22秒48の5位、そして難波暉選手(JAPAN)が22秒51の6位という結果となりました。



女子200m背泳ぎでは、50m、100mに続いて小西杏奈選手(JAPAN)がスピードを生かしたレースを展開し、2分11秒60で優勝を果たしました! 小西選手は今大会3冠達成です! 3位には2分12秒21で小堀倭加選手(JAPAN)が入り、大橋悠依選手(JAPAN)が2分12秒30で4位となっています。



男子200m背泳ぎは入江陵介選手(JAPAN)がさすがの安定感を発揮。疲労があるなかでも1分55秒97をマークして優勝です。2位には萩野公介選手(JAPAN)が1分56秒62で、3位には砂間敬太選手(JAPAN)が1分56秒85で入りました。



女子100mバタフライは、伸びやかな泳ぎを見せた池江璃花子選手(JAPAN)が58秒03で優勝! 2位には長谷川涼香選手(JAPAN)が58秒59で入りました。寺村美穂選手(JAPAN)は専門外ながら59秒81をマークして8位となりました。



男子100mバタフライでは予選からハイレベルな記録を叩き出した水沼尚輝選手(JAPAN)が51秒17で優勝! 川本武史選手(JAPAN)も手応えを掴める52秒48の6位となっています。



女子200m平泳ぎは渡部香生子選手(JAPAN)と青木玲緒樹選手(JAPAN)が好レースを展開。結果、渡辺選手が2分24秒61で優勝し、青木選手は2分25秒18の2位となりました。



そして今大会を締めくくる男子200m平泳ぎ決勝。佐藤翔馬選手(JAPAN)が最初からレースをリード。後半疲れがでましたが、粘りの泳ぎで2分08秒32で優勝です! 武良竜也選手(JAPAN)は2分10秒85で3位に入りました。



4日間全力を出し切った選手たちへのご声援、ありがとうございました!
トビウオジャパンは、いよいよ東京五輪に向かいます! 引き続き、世界に向かって泳ぐ選手たちへの応援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルはこちらです!

決勝競技はジャパンオープン2021はCSテレ朝チャンネル・ABEMAで! 放送予定やABEMAのリンクはこちらからどうぞ!