熱い夏も終わりに近づきましたが、辰巳国際水泳場ではまだまだ熱い戦いが続いています! 10月7日(木)から、大学生たちが1年に一度、自分のために、チームのために死力を尽くして戦う第97回日本学生選手権水泳競技大会 競泳競技(インカレ2021)が開幕しました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

初日は男女の50m自由形のみ行われました。

女子の50m自由形では日本大学が表彰台を独占。25秒02で優勝したのは池江璃花子選手(日本大学)。初優勝に喜んでいた次の瞬間には、2位に25秒16で山本茉由佳選手、3位に持田早智選手(共に日本大学)が25秒22で入ったのを知り、みんなで喜びを分かち合いました。



男子50m自由形では、初優勝を狙う東京五輪代表の関海哉選手(日本大学)と大会3連覇を狙う川根正大選手(中央大学)が接戦を繰り広げます。勝ったのは後半スルスルと抜け出した川根選手が22秒25で優勝して、3連覇を達成。関選手は22秒41で2位、3位には22秒51で今野太介選手(早稲田大学)が入りました。



大会2日目から、本格的なチーム戦がスタート。どのレースも見逃せない戦いになることでしょう!
全力を尽くして泳ぐ選手たちへのご声援をお願いいたします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はジャパンオープン2021はCSテレ朝チャンネル・ABEMAで! 放送予定やABEMAのリンクはこちらからどうぞ!