TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合

#JAPANSWIM2018 5日目決勝結果

夏の国際大会の代表選考会を兼ねた、第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)も、大会5日目の競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

選手たちも長丁場の大会に疲れも見え始めるなかですが、5日目も日本新記録のコールが響き渡りました。


この日の最初の準決勝種目だった女子100m自由形に出場した池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)。「準決勝で出るとは思わなかった」と自身も驚きの53秒46の日本新記録を樹立!


「53秒台が出せれば、と思っていたのでびっくりでした。最終日には50mバタフライもありますが、最後まで記録を狙って、全力で泳ぎ切りたいと思います」(池江選手)


5日目に行われた決勝種目は、女子200mバタフライと男子200m背泳ぎ、そして男子200m平泳ぎの3種目。

女子200mバタフライ決勝は、前半の100mを1分00秒台で折り返した長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が、150mまではレースを引っ張ります。ところが、150mをターンしてから、長谷川選手の持ち味である後半があまり伸びてきません。そこでするすると抜け出してきたのが、持田早智選手(ルネサンス幕張/日本大学)でした。最後の最後、苦しいところでもテンポを落とさずに泳ぎ切った持田選手は、自己ベストとなる2分08秒61で初優勝です!


「優勝できたことは、本当にうれしいです。去年は練習にも身が入らず、何をやってもダメだと思った時期もありました。でももう一回やってみようと思えて、練習を頑張ってきた成果が出せて良かったです」(持田選手)


男子200m背泳ぎ決勝では、入江陵介選手(イトマン東進)が、全く危なげないレース運びを見せて、1分55秒92で優勝。入江選手はこの種目、11回目の優勝を数えることになります。


「11回目の優勝ということで、これまでを振り返ると感慨深いものがあります。ですがこのタイムでは、夏の大会で戦うことはできませんから、気持ちを引き締めて練習していきたいと思っています」(入江選手)


男子200m平泳ぎは、平泳ぎ3冠にチャレンジする小関也朱篤選手(ミキハウス)と、世界記録保持者である渡辺一平選手(早稲田大学)のふたりがレースを引っ張ります。


まずは小関選手がリードしたまま100mを折り返します。150mでトップを奪ったのは、渡辺選手。ここから逃げ切るかと思われましたが、小関選手がじりじりと追い上げ、ラスト25mで逆転。2分08秒45で優勝し、今大会3冠を達成しました!


「優勝した3種目のなかで、50mでは自己ベストを出すことができました。取り組んできた練習が身を結んでいるので、また夏に向けて課題を見つけ、クリアしていけるように頑張っていきます」(小関選手)


5日目には日本新記録が1追加され、これで新記録の数を12まで伸ばしました(日本新記録が7、日本高校新記録が5)。


6日間にわたって、東京辰巳国際水泳場で行われてきた国際大会代表の座を懸けた、日本一の争いにも終止符が打たれます。
最終日、最後の力を出し切って戦う選手たちに、最後までご声援をよろしくお願いします!








スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 5日目予選結果

大会も残すところあと2日。第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)の5日目の予選が終了し、午後の準決勝・決勝進出者が決定しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子100m自由形予選では、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が余裕を持った泳ぎで54秒50の1位で通過。2番通過は55秒42で五十嵐千尋選手(T&G/JSS)。準決勝で池江選手をはじめ、ほかの選手たちもどこまでの記録を出して決勝につなげるかに注目しましょう。



男子100m自由形予選は、中村克選手(イトマン東進)が、ただひとり48秒台をマーク。48秒87のトップで準決勝に進出。2番手には坂田怜央選手(イトマン)3番手以降は、松井浩亮選手(新潟医療福祉大職員)、難波暉選手(中京大学)、塩浦慎理選手(イトマン東進)、そして溝畑樹蘭選手(コナミスポーツ/明治大学)と続いています。



女子200m背泳ぎは、酒井夏海選手(スウィン南越谷/武南高校)が2分10秒85の1位で準決勝に進みます。2分10秒93で2位通過の寺本瑠美選手(神奈川大学)までが、2分10秒台を予選からマークしています。準決勝では、タイムに期待したいところです。


男子100mバタフライは、水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学)が52秒39のトップで通過。2番手は川本武史選手(TOYOTA)が52秒40で続きます。昨年の日本代表の小堀勇氣選手(ミズノ)は52秒85の5位通過。200mを制した幌村尚選手(早稲田大学)は15番目で予選を通過しています。

女子200m平泳ぎでは、鈴木聡美選手(ミキハウス)が「気持ちよく泳げた」と2分26秒08の1位で準決勝に進出。2位通過は、渡部香生子選手(早稲田大学/JSS立石)、100mで優勝した青木玲緒樹選手(ミキハウス)は、2分28秒07の4位通過です。



決勝は明日の最終日になりますが、女子1500m自由形と男子800m自由形の予選も行われ、女子は800mを制した森山幸美選手(日本体育大学)が16分23秒17でトップ通過を果たします。男子は山本耕平選手(ミズノ)が7分58秒41の1位で予選を通過。1500mで優勝した竹田涉瑚選手(オーエンス)は、8分00秒24の3位で決勝に進みました。



大会5日目の決勝競技は、3種目。長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)、牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)の世界水泳選手権代表のふたりに、持田早智選手(ルネサンス幕張/日本大学)、小林奈央選手(あおいおニッセイ)が加わり激戦の様相。



男子200m背泳ぎは王者の入江陵介選手(イトマン東進)に、松原颯選手(ANA)、常盤忠靖選手(イトマン近大)、金子雅紀選手(イトマン東進)らが挑みます。



男子200m平泳ぎは、世界水泳選手権メダリストの小関也朱篤選手(ミキハウス)と渡辺一平選手(早稲田大学)が、どんな記録で泳ぐのか期待が高まります。



果たして今日も日本新記録の瞬間を目の当たりにできるのか。
見どころ満載の決勝競技がいよいよ始まります!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

5日目の準決勝・決勝競技は、18時40分からスタート! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。
4月7日(土)
BS1 - 18:30~18:50(LIVE)
BS102 - 18:50~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月8日(日)
総合テレビ - 16:00~18:00(LIVE)

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 4日目決勝結果

後半戦がスタートした第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)。大会4日目の競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日も日本新記録が誕生し、これで4日間連続で新記録が樹立されています!

女子50m自由形決勝に出場した池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)は「以前の記録は台風のなかで出した記録だったので」と記録更新に自信を持ってスタート。25mを過ぎてもスピードが衰えず、24秒21の日本新記録を樹立しました!


「目標としていたタイムを出すことができてうれしかったです。練習が結果につながっていると感じています。レース前から絶対に記録を出すんだ、という気持ちを持って臨みました」(池江選手)


女子200m個人メドレーは、大橋悠依選手(イトマン東進)がバタフライからトップを奪い、そのまま誰にも前を泳がせることなく2分08秒92で危なげなく勝利!


2位には、寺村美穂選手(セントラルスポーツ)、大本里佳選手(イトマン)、今井月選手(豊川高校)の三つ巴の争いを制した寺村選手が2分10秒21で入りました。


「タイム的にはもう少し出したかったな、という気持ちはあります。でも、今は優勝することができてほっとしています。決勝前は、自分のできることをして臨むだけ、と思って自分に集中しました」(大橋選手)

男子200m個人メドレーでは、この種目のために200m自由形を回避した萩野公介選手(ブリヂストン)が、バタフライで先行して得意な背泳ぎでさらにリードを広げます。平泳ぎで藤森太将選手(木下グループ)と瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)のふたりが迫りますが、リードを守ったまま自由形に入ってそのままフィニッシュ。1分56秒37で優勝して笑顔がこぼれました。2位には、瀬戸選手が自己ベストに迫る1分56秒85で入ります。




「今はすごくホッとしています。優勝できて本当にうれしいです。最後はとてもしんどかったですけど、それはまた練習していって、次につなげて行ければと思っています」(萩野選手)


男子50m自由形は、中盤から横一線のまま展開。最後の最後、タッチ勝負を制したのは中村克選手(イトマン東進)。22秒12で優勝しました!


2位の中尾駿一選手(山陽新聞社)は22秒15、3位の塩浦慎理選手(イトマン東進)は22秒20という、まさにコンマ数秒の見応えあるレースでした

「良い意味で良い緊張感はありましたが、ちょっと堅くなってしまいました。今日の感覚を生かして、100mでは前半から攻めるレースをしたいと思います」(中村選手)

女子400m自由形は、200mでも優勝した五十嵐千尋選手(T&G)が、前半から積極的なレースを展開。若手の小堀倭加選手(湘南工大附属高/相模原DC)が五十嵐選手に食らいつきますが届かず。五十嵐選手が4分08秒89で優勝を果たしました!


「この種目は高校生のときから勝ってきた種目なので、強いところを見せたいと思っていました。またさらに記録を上げられるように練習していきます」(五十嵐選手)


この日最後の決勝種目は、男子200mバタフライ。5人が100mを54秒台で折り返すというハイスピードレースを制したのは、100mから150mでするすると抜け出してきた幌村尚選手(早稲田大学)でした。1分53秒79の自己ベストを更新して初優勝を飾りました!


「初優勝で、しかも自己ベストを更新できて良かったです。日本選手権で勝ったことは自信になります。夏は国際大会でのメダル、そして日本記録更新を視野に入れて頑張ります」(幌村選手)

4日目にも日本記録が1つ誕生し、これで新記録の数は10となりました(日本新記録が6、日本高校新記録が4)。
大会も残すところあと2日。最後まで持てる力を振り絞って戦う選手たちにご声援をよろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 4日目予選結果

いよいよ後半戦がスタートした第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)。午前の予選が終了し、午後の準決勝・決勝進出者が決定。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子200mバタフライ予選は、昨年の世界水泳選手権代表の長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が2分09秒58の1位で通過。同じく代表だった牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)は、2分11秒39の5番手で準決勝に進んでいます。2分10秒90の2位で準決勝に進んだ持田早智選手(ルネサンス幕張/日本大学)も虎視眈々とトップをうかがいます。


男子200m背泳ぎは、入江陵介選手(イトマン東進)が2分00秒07のトップで準決勝に進出。それに続くのは、2分00秒75の内藤良太選手(スウィン大宮/法政大学)、2分00秒76で松原颯選手(ANA)たち。準決勝でどのくらいまで記録を上げてくるのかに注目です。


男子200m平泳ぎ予選を2分11秒21の1位で通過したのは、大久保琳太郎選手(筑波大学)。2番手に、2分11秒24で渡辺一平選手(早稲田大学)が続きます。世界水泳選手権銀メダリストの小関也朱篤選手(ミキハウス)は、2分12秒78の15番手で準決勝に進出。決勝進出ラインが何秒になるのか見えない状況で、選手たちはどんな泳ぎを見せてくれるのでしょうか。



女子400m自由形は、世界ジュニア水泳選手権代表の小堀倭加選手(湘南工大附属高/相模原DC)が、4分12秒24のトップ通過。2番手は4分13秒33の望月絹子選手(神奈川大学)で、3番手が4分13秒83で後藤真由子選手(Jaked/神奈川大SC)と続きます。決勝では、好記録に期待しましょう!

大会4日目の決勝競技も、男女200m個人メドレー、男女の50m自由形、そして女子400m自由形と男子200mバタフライと、世界水泳選手権のメダリスト、リオデジャネイロ五輪メダリストが勢揃い。見どころ満載の決勝競技がいよいよ始まります!






スタートリスト・リザルトはこちらです!

4日目の準決勝・決勝競技は、18時30分からスタート! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。
4月6日(金)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:30(LIVE)
4月7日(土)
BS1 - 18:30~18:50(LIVE)
BS102 - 18:50~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月8日(日)
総合テレビ - 16:00~18:00(LIVE)

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 3日目決勝結果

第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)も3日目が終了し、前半戦が終わりました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

連日新記録が誕生していますが、この日も日本新記録が誕生!


男子50m平泳ぎ決勝で、スタートから「感覚が今までにないくらい鋭かった」と一気に飛び出した小関也朱篤選手(ミキハウス)が27秒12の日本新記録を樹立しました!


「コンマ数秒かもしれませんが、自己ベストが出せたことはすごく大きいこと。200mも勢いに乗って、予選から良い泳ぎ、良いタイムで泳いできたいと思います」(小関選手)


男子1500m自由形決勝では、前半から飛び出していき、そのままペースを落とすことなく最後まで粘り抜いた竹田涉瑚選手(オーエンス)が自己ベストとなる14分55秒42で初優勝を飾りました!


「初日の400mの結果から、スピードが出ていることは分かっていましたから、前半からいきました。ラストはがむしゃらでしたけど、14分台で優勝できてうれしいです」(竹田選手)


女子100m背泳ぎ決勝では、前半から積極的に攻めた酒井夏海選手(スウィン南越谷/武南高校)を後半、ラスト25mで追い上げて逆転優勝を果たしたのは小西杏奈選手(中京大学)でした。59秒62の自己ベストで、大会2連覇です。


「優勝できてすごくうれしいです。頑張って練習してきて良かったと思います。でもまだまだ世界では戦えないので、これからも自分を鍛えていきたいと思います」(小西選手)


女子100m平泳ぎは、前半をただひとり30秒台で折り返す積極的なレースを展開した、青木玲緒樹選手(ミキハウス)が、後半も失速することなく、持ち味の強さを生かしたレースで1分05秒90で優勝しました!


「日本記録まであと少しだったのは悔しいですが、優勝できて良かったです。後半は自信があったので、前半から積極的に攻めるレースをしました」(青木選手)


男子50m背泳ぎ決勝は、この種目の世界水泳選手権銀メダリストの古賀淳也選手(第一三共/スウィン埼玉)が、スタートから他を寄せつけない泳ぎで24秒56で、この種目なんと9連覇を果たしました。


「スタートのキレが良かったので、そこを生かせたレースでした。今日、必ず代表に入るんだ、という強い気持ちを持って臨みました」(古賀選手)

女子200m自由形決勝は、最後まで混戦模様。後半の粘りを生かす自分のレースを展開した五十嵐千尋選手(T&G)が先行する大橋悠依選手(イトマン東進)を逆転し、1分57秒73で、この種目を3年ぶりに制しました!


「普段の生活環境も練習環境も大きく変わった年だったので、不安はありました。でもそのなかで57秒台を出せて、優勝できたことはうれしいです」(五十嵐選手)


男子200m自由形決勝は、江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)と松本克央選手(セントラルスポーツ/明治大学)の一騎打ち。先行する松本選手を150mで一度は江原選手が逆転しますが、松本選手が再度逆転。1分45秒93で初優勝を飾ります。


「46秒台を目指していたので、45秒が出てびっくりです。世界の舞台で記録が出せるように、これからも気持ちを引き締めて練習していきます」(松本選手)

3日目は日本記録が1つ誕生し、これで新記録の数は8に(日本新記録が5、日本高校新記録が3)。
この日で日本選手権も前半戦が終了。後半戦もまだまだ熾烈な代表権争いが繰り広げられます。持てる力を振り絞って戦う選手たちにご声援をよろしくお願いします!





スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo