TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

プロフィール

#世界水泳 カザン代表選手プロフィール:清水咲子(ミキハウス)

清水咲子(しみず・さきこ)
HID_0321





















生年月日:1992年4月20日
出身地:栃木県
所属:ミキハウス
コーチ:藤森善弘
身長:156cm
体重:50kg
血液型:A型
出身校:作新学院高校(2011年卒)
日本体育大学(2015年卒)
Twitter:@sakiko20s


国際大会出場経験:
2013年 ユニバーシアード(カザン)
2013年 東アジア大会(天津)
2013年 W杯アジア(シンガポール・東京・北京)
2014年 パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年 アジア大会(仁川)
2014年 世界短水路選手権(ドーハ)
2015年 BHP Billiton 4ヶ国対抗戦(パース)

主な戦績:
2010年 日本選手権 400m個人メドレー 7位
2010年 高校総体 400m個メ 優勝/200m個メ 7位
2011年 日本短水路 400m個人メドレー 5位
2011年 日本選手権 400m個人メドレー 5位
2011年 ジャパンオープン 400m個人メドレー 4位
2011年 日本学生選手権 200m個メ 8位/400m個メ 4位
2011年 国民体育大会 200m個人メドレー 8位
2012年 日本短水路 400m個人メドレー 5位
2012年 日本選手権 400m個人メドレー 6位
2012年 ジャパンオープン 200m個メ 5位/400m個メ 4位
2012年 日本学生選手権 200m個メ 5位/400m個メ 2位
2012年 国民体育大会 200m個人メドレー 4位
2013年 日本短水路 200m個メ 4位/400m個メ 4位
2013年 日本選手権 200m個メ 6位/400m個メ 3位
2013年 ジャパンオープン 200m個メ 5位/400m個メ 3位
2013年 ユニバーシアード 400m個メ 3位/200m個メ 4位
2013年 日本学生選手権 200m個メ 優勝/400m個メ 2位
2013年 国民体育大会 200m個人メドレー 優勝
2013年 東アジア大会 200m個メ 3位/400m個メ 2位
2014年 日本短水路 200m個メ 4位/400m個メ 2位
2014年 日本選手権 400m個メ 優勝/200m個メ 3位
2014年 パンパシフィック選手権 400m個人メドレー 4位
2014年 アジア大会 400m個人メドレー 2位
2014年 世界短水路選手権 200m個メ 7位/400m個メ 8位
2015年 日本選手権 200m個メ 2位/400m個メ 優勝
2015年 ジャパンオープン 200mバタ 2位/400m個メ 優勝

ベストタイム:
200m個人メドレー 2’11”91
400m個人メドレー 4’36”12

『大舞台でも実力発揮、カザンでの大飛躍に期待』
現在は世界が注目するトップスイマーに成長した萩野公介とは、高校まで所属していたクラブのチームメイトだった。高校3年の夏、インターハイ女子400m個人メドレーで優勝し、2011年4月日本体育大学の門を叩いた。個人メドレーのトップスイマーが集う日体大のトレーニングでもまれ、着実に力は上がった。2013年、日本選手権で初めて表彰台に上ると、その夏のユニバーシアードでは見事400m個人メドレーで銅メダルを獲得。更に200m個人メドレーでも4位に入り、大舞台でも実力を発揮する精神面の強さも見せた。2014年日本選手権、自己ベストを4秒近く更新する4分36秒台で優勝。15年ぶりの日本記録更新は同級生の高橋美帆に譲ったが、今年日本選手権を2連覇し、見据える先には世界の舞台しかない。記録を大幅に更新し、来年のリオ五輪メダル候補に名乗りを上げたい。

#世界水泳 カザン代表選手プロフィール:星奈津美(ミズノスイムチーム)

星奈津美(ほし・なつみ)
HID_0181





















生年月日:1990年8月21日
出身地:埼玉県
所属:ミズノスイムチーム
コーチ:平井伯昌
身長:164cm
体重:55kg
血液型:A型
出身校:春日部共栄高校(2009年卒)
早稲田大学(2013年卒)
twitter:@h_723


国際大会出場経験:
2006年 ジュニアパンパシフィック選手権(マウイ)
2008年 北京オープン
2008年 北京五輪
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)
2011年 世界選手権(上海)
2011年 ユニバーシアード(深圳)
2012年 ロンドン五輪
2013年 世界選手権(バルセロナ)
2014年 BHP Billiton 5ヶ国対抗戦(パース)
2014年 パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年 アジア大会(仁川)

主な戦績:
2007年日本高校選手権 100mバタフライ 2位
2007年日本高校選手権 200mバタフライ 優勝
2008年北京オープン 200mバタフライ 優勝
2008年日本選手権 200mバタフライ 2位
2008年ジャパンオープン 200mバタフライ 優勝
2008年北京五輪 200mバタフライ 10位
2008年日本高校選手権 100mバタフライ 3位
2009年日本学生選手権 100m/200mバタフライ 2冠
2010年パンパシフィック選手権 200mバタフライ 5位
2010年アジア大会 100mバタフライ 6位
2010年アジア大会 200mバタフライ 2位
2011年世界選手権 200mバタフライ 4位
2011年ユニバーシアード 200mバタフライ 2位
2012年ロンドン五輪 200mバタフライ 2位
2013年世界選手権 200mバタフライ 4位
2014年パンパシフィック選手権 200mバタフライ 2位
2014年アジア大会 100mバタ 4位/200mバタ 2位
2010年‐15年日本選手権 200mバタフライ 5連覇(2011年除く)

ベストタイム:
100mバタフライ 58”46
200mバタフライ 2’04”69(日本記録)

『新たな環境でリオを目指す』
高校3年生で迎えた2008年北京五輪選考会。アテネ五輪銅メダリストの中西悠子に次ぐ2位は高校新記録での代表入りだった。期待されて臨んだ2009年は、まさかの代表落ちを経験する。その悔しさをバネに、2011年には念願の日本記録を樹立。世界選手権でも日本記録を更新したが、0秒01差でメダルを逃す。このレースでメダルへの意識は大きく高まった。浮き彫りとなった前半のスピードという課題を克服すると、2012年の選考会では一気に日本記録を2分04秒台まで押し上げ、ロンドン五輪では悲願のメダルを獲得した。昨シーズン終了後より、平井伯昌コーチに師事し、これまでと違ったアプローチでリオ五輪の前哨戦となるカザンに挑む。

#世界水泳 カザン代表選手プロフィール:金藤理絵(Jaked Elite Team)

金藤理絵(かねとう・りえ)
HID_0126





















生年月日:1988年9月8日
出身地:広島県
所属:Jaked Elite Team/ぎふ瑞穂スポーツガーデン
コーチ:加藤健志
身長:175cm
体重:63kg
血液型:A型
出身校:三次高校(2007年卒)
東海大学(2011年卒)


国際大会出場経験:
2006年 ジュニアパンパシフィック選手権(マウイ)
2007年 ユニバーシアード(バンコク)
2007年 世界競泳(千葉)
2008年 北京五輪
2009年 日豪対抗(キャンベラ)
2009年 ユニバーシアード(ベオグラード)
2009年 世界選手権(ローマ)
2010年 パンパシフィック選手権(アーバイン)
2010年 アジア大会(広州)
2010年 世界短水路選手権(ドバイ)
2011年 世界選手権(上海)
2013年 世界選手権(バルセロナ)
2014年 パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年 アジア大会(仁川)
2014年 世界短水路選手権(ドーハ)

主な戦績:
2005年日本高校選手権 200m平泳ぎ 優勝
2006年日本高校選手権 200m平泳ぎ 優勝
2007年ユニバーシアード 200m平泳ぎ 銀メダル
2008年北京五輪 200m平泳ぎ 7位
2009年日本選手権 200m平泳ぎ 優勝
2009年日豪対抗 200m平泳ぎ 優勝
2009年ユニバーシアード 200m平泳ぎ 金メダル
2009年世界選手権 200m平泳ぎ 5位
2009年W杯ストックホルム大会 200m平泳ぎ 銅メダル
2009年W杯ベルリン大会 200m平泳ぎ 銀メダル
2010年パンパシフィック選手権 200m平泳ぎ 7位
2010年W杯東京大会 200m平泳ぎ 金メダル
2010年アジア大会 100m平泳ぎ 5位
2010年アジア大会 200m平泳ぎ 4位
2010年世界短水路選手権 200m平泳ぎ 6位
2011年世界選手権 200m平泳ぎ 5位
2013年世界選手権 200m平泳ぎ 4位
2014年パンパシフィック選手権 200m平泳ぎ 2位
2014年アジア大会 200m平泳ぎ 2位
2014年世界短水路選手権 200m平泳ぎ 2位
2015年日本選手権 100m平泳ぎ 3位/200m平泳ぎ 2位

ベストタイム:
50m平泳ぎ 31”77
100m平泳ぎ 1’07”23
200m平泳ぎ 2’20”72(日本記録)

『3大会連続ファイナリストが悲願のメダル獲得へ』
高校3年の夏、200m平泳ぎでインターハイ優勝。大学に進学すると、2007年ユニバーシアードでは銀メダルを獲得し、五輪イヤーに弾みをつけた。2008年には北京五輪代表入りし、初出場ながら決勝を経験。2009年には日本新記録を連発。インカレでは当時の世界記録にも迫る2分20秒72という日本記録を打ち立てた。2011年世界選手権でも5位に入賞するが、2012年最激戦区となった女子200m平泳ぎでロンドン五輪の代表権を逃した。再起を誓った2013年世界水泳バルセロナでは惜しくもメダルこそ逃したが、3大会連続ファイナリストという偉業を成し遂げ、2014年はパンパシ、アジア大会、世界短水路とメダルを獲得し、いよいよ世界選手権でのメダル獲得も現実味を帯びてきた。

#世界水泳 カザン代表選手プロフィール:渡部香生子(JSS立石ダイワ/早稲田大学)

渡部香生子(わたなべ・かなこ)
HID_0340





















生年月日:1996年11月15日
出身地:東京都
所属:JSS立石ダイワ/早稲田大学(1年)
コーチ:竹村吉昭
身長:166cm
体重:58kg
血液型:A型
出身校:武蔵野高校(2015年卒)
Twitter:@kanaaako15


ベストタイム:
50m平泳ぎ 31”07
100m平泳ぎ 1’05”88(日本記録)
200m平泳ぎ 2’20”90
200m個人メドレー 2’09”81(日本記録)

国際大会出場経験:
2011年 世界ジュニア選手権(リマ)
2011年 W杯欧州(ストックホルム・モスクワ・ベルリン)
2011年 W杯アジア(シンガポール・北京)
2012年 ロンドン五輪
2012年 世界短水路選手権(イスタンブール)
2013年 世界選手権(バルセロナ)
2014年 BHP Billiton 5ヶ国対抗戦(パース)
2014年 パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年 アジア大会(仁川)
2014年 世界短水路選手権(ドーハ)
2015年 BHP Billiton 4ヶ国対抗戦(パース)

主な戦績:
2010年全国中学総体 100m/200m平泳ぎ 優勝
2011年国際大会代表選考会 100m平泳ぎ 2位/200m平泳ぎ 3位
2011年ジャパンオープン 50m/100m/200m平泳ぎ 3冠
2011年世界ジュニア選手権 100m平泳ぎ 2位
2011年世界ジュニア選手権 200m平泳ぎ 優勝
2011年世界ジュニア選手権 400mメドレーリレー 優勝
2011年国民体育大会 少年女子B100m平泳ぎ 優勝
2011年W杯モスクワ大会 200m平泳ぎ 優勝
2011年W杯ペルリン大会 200m平泳ぎ 優勝
2011年W杯シンガポール大会 200m平泳ぎ 優勝
2011年W杯北京大会 200m平泳ぎ 優勝
2012年日本選手権 200m平泳ぎ 2位
2012年世界短水路選手権 200m平泳ぎ 3位
2013年日本選手権 200m個人メドレー 優勝
2013年日本選手権 100m平泳ぎ 2位
2014年日本選手権 100m/200m平泳ぎ/200m個人メドレー 3冠 
2014年パンパシ 100m平 2位/200m平 優勝/200m個メ 4位
2014年アジア大会 100m平 2位/200m平 優勝/200m個メ 2位
2014年世界短水路 200m平泳ぎ 優勝/400mメドレーリレー 3位
2015年日本選手権 50m, 100m, 200m平泳ぎ/200m個人メドレー 4冠

『世界も注目する日本女子のエース』
転機は中学1年生の秋。それまで個人メドレーを得意としていたが、肩の故障から苦手種目だった平泳ぎでの勝負を始める。中学2年の全国中学、200m平泳ぎで中学記録を更新すると、周囲の期待は高まり始めた。2011年のジャパンオープンでは全て中学記録で平泳ぎ3冠。同年の世界ジュニアで優勝、W杯では欧州・アジア4戦連勝と中学生ながら次々に実績を残した。高校生となった2012年、ロンドン五輪への切符を勝ち取り、五輪の舞台で準決勝まで勝ち進み貴重な経験を得た。大舞台での強さを見せ、同年の世界短水路では200m平泳ぎで銅メダルを獲得。2013年には200m個人メドレーで日本選手権初優勝。昨年の日本選手権では100m、200m平、200m個メの3冠を達成し、パンパシ、アジア大会、世界短水路と200m平泳ぎで次々にタイトルを獲得していった。大学生となり、日本代表としての自覚も芽生えた今年、日本女子のエースとして世界に挑む。

#世界水泳 カザン代表選手プロフィール:坂井聖人(早稲田大学)

坂井聖人(さかい・まさと)
HID_0149





















生年月日:1995年6月6日
出身地:福岡県
所属:早稲田大学(2年)
コーチ:奥野景介
身長:182cm
体重:73kg
血液型:O型
出身校:柳川高校(2014年卒)
Twitter:@masao0606


国際大会出場経験:
2011年 Jr.オーストラリア遠征(シドニー)
2011年 アジアエージ選手権(ジャカルタ)
2012年 アジア選手権(ドバイ)
2013年 世界ジュニア選手権(ドバイ)
2014年 パンパシフィック選手権(ゴールドコースト)
2014年 世界短水路選手権(ドーハ)

主な戦績:
2010年 全国中学 100mバラフライ 優勝
2010年 夏季JO 200mバタフライ 6位
2010年 国民体育大会 100mバタフライ 2位
2011年 インターハイ 100mバタ 優勝/200mバタ 2位
2011年 夏季JO 100mバタ 5位/200mバタ 4位
2011年 国民体育大会 100mバタフライ 2位
2011年 アジアエージ 50m, 200mバタ 優勝/100mバタ 2位
2012年 インターハイ 100mバタ 3位/200mバタ 2位
2012年 夏季JO 100mバタ 2位/200mバタ 優勝
2012年 国民体育大会 200mバタフライ 2位
2012年 アジア選手権 50mバタ 5位/200mバタ 2位
2013年 日本選手権 200mバタフライ 6位
2013年 ジャパンオープン 200mバタフライ 6位
2013年 世界ジュニア 100mバタ 6位/200mバタ 2位
2013年 インターハイ 100mバタ 3位/200mバタ 優勝
2013年 国民体育大会 200mバタフライ 優勝
2014年 日本短水路 200mバタフライ 3位
2014年 日本選手権 200mバタフライ 3位
2014年 ジャパンオープン 200mバタフライ 2位
2014年 パンパシフィック選手権 200mバタフライ 4位
2015年 日本選手権 200mバタフライ 2位
2015年 ジャパンオープン 100mバタ 4位/200mバタ 2位

ベストタイム:
100mバタフライ 52”98
200mバタフライ 1’55”08

『スケールの大きなバタフライで表彰台を狙う』
中学3年の夏、全国中学を制覇してから快進撃は始まった。2011年、1年生ながらインターハイで100mバタフライを制すと、この年行われたアジアエージ選手権では2冠を達成。2012年ロンドン五輪選考会では、200mバタフライで準決勝まで進み、アジア選手権でも銀メダル獲得としっかり結果を残した。2013年には、高校3年にして初めて日本選手権決勝に駒を進め、世界ジュニア選手権への切符を手にする。その世界ジュニアでは優勝こそ逃したが、200mバタフライで銀メダルを獲得。2014年、名門早稲田大学に進学すると、日本選手権で初の表彰台に上がり、パンパシフィック選手権では、スケールの大きな泳ぎでメダルまであと一歩と迫った。着実に成長する柳川の大器が、スケールの大きな泳ぎで世界の表彰台を狙う。

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo