TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

ユニバーシアード深圳

深圳から帰国しました

ユニバーシアード深圳での競泳競技は金曜日に終了し、土曜日に選手・スタッフともに無事羽田空港へ到着しました。

世界水泳上海組は、立て続けにほぼ1ヶ月間中国で戦い抜きました。ユニバーシアード深圳では、最終的に金6、銀7、銅13(OWS含む)の計26個のメダルを獲得。選手村では、中京大学の佐々木祐一郎コーチが選手たちを奮起させるために眠い目をこすりながら、毎晩こんな掲示をしてくれていました!
メダリスト


出発日の朝にはJOCの団長賞表彰式もありました。
団長賞


レースを終えた選手たちは、応援にまわっていき、日に日にその応援も盛り上がっていきました。それが最終日の最終レースでの男子400mメドレーリレー金メダルに繋がったかもしれません。
IMG_0865


とにかく年齢の近い選手同士なので、チームワークは良かったように感じます。この大学生の代表選手たちがトビウオジャパンの核となるのは間違いありません。まだまだインカレ、国体とシーズンは続きます。今回の経験をまた来年のロンドン五輪へ繋げるよう、選手たちの更なる飛躍を期待しています。

また、世界ジュニアも最終日の決勝が終わった模様。そして好タイムが出ていたインターハイも終了し、全中が始まりました。夏の最後、皆さんの活躍が楽しみです!

【ユニバーシアード深圳】競泳第6日目決勝結果

ユニバーシアード深圳の第6日目(最終日)の決勝競技が終了しました。

最終日の今日は、午前中厳しい戦いを強いられた男女50m自由形でしたが、決勝レースでは8位残りで8コースを泳いだ塩浦慎理選手が、自己ベストを更新し見事に銅メダルを獲得しました。この勢いに乗って、女子200m背泳ぎの酒井志穗選手は金、女子100m平泳ぎの鈴木聡美選手は銅、男子1500m自由形の宮本陽輔選手はネガティブスプリットのレース展開で銀メダルを獲得。

そして今大会の競泳最終種目となった男子400mメドレーリレーでは、ライバルと目された米国を引き離して見事な金メダルを獲得しました。とても気持ちが入っていて、泳いだ4人、午前中の予選を泳いだ小長谷研二選手、そして応援しているみんなの全員の気持ちがひとつになったようなレースでした。有終の美を飾り、明日は気持ちよく帰国出来そうです。
メドレーリレー


第6日目の決勝結果

男子50m自由形
塩浦慎理(中央大学) 22.37③

女子200m背泳ぎ
酒井志穗(九州産業大学/ブリヂストン) 2:09.75①
島添紗妃(日本体育大学) 2:14.42⑧

男子1500m自由形
宮本陽輔(鹿屋体育大学) 15:04.86②
瀧口陽平(中央大学) 15:31.46⑪

女子100m平泳ぎ
鈴木聡美(山梨学院大学) 1:08.45③
松島美菜(日本大学/セントラルスポーツ) 1:09.39⑦

男子400mメドレーリレー
日本(入江陵介-53.56/立石諒-1:00.04/岸田真幸-52.46/塩浦慎理-48.96) 3:35.02①

これでユニバーシアード深圳の競泳競技全レースが終了しました。おかげさまで金6、銀6、銅14(OWSを含む)の計26個のメダルを獲得することが出来ました。僅差で負ける厳しいレースもありましたが、その分僅差のレースでも勝ってくる選手がいたことも事実です。国際大会で結果を出すことの難しさを感じた選手もいたかもしれません。こうした貴重な経験を次に生かして行けるかどうかが、今後彼らが一流選手になるための条件かもしれません。

皆様、ご声援ありがとうございました。インターハイ、世界ジュニアは続きますので、引き続きトビウオジャパンの応援をよろしくお願い致します。

【ユニバーシアード深圳】第6日目予選結果

ユニバーシアード深圳の競泳第6日目(最終日)の予選が終了しました。

最終日の本日は午前中9レース中6レースで決勝に進みました。女子200m背泳ぎの酒井志穗選手は順当にトップ通過し、この種目は島添紗妃選手とともに2人が決勝へ。更に女子100m平泳ぎでも鈴木聡美選手と松島美菜選手の2名とも決勝進出。男子50m自由形では好調を維持している塩浦慎理選手が決勝へ。また男子400mメドレーリレーは若干の余裕を残してトップ通過。米国、ニュージーランドとの金メダル争いになりそうです。これに加え男子1500m自由形のFast Heatの2名(宮本陽輔選手・瀧口陽平選手)が午後のレースを泳ぎます。最終日の決勝種目。金メダル獲得に期待しましょう!

第6日目の予選結果

女子50m自由形
松本弥生(日本体育大学) 25.82⑨
長谷川菜月(岐阜SC) 26.28⑱

男子50m自由形
塩浦慎理(中央大学) 22.87⑧
伊藤健太(中京大学) 22.98⑪

女子200m背泳ぎ
酒井志穗(九州産業大学/ブリヂストン) 2:11.52①
島添紗妃(日本体育大学) 2:13.27⑦

女子100m平泳ぎ
鈴木聡美(山梨学院大学) 1:09.43④
松島美菜(日本大学/セントラルスポーツ) 1:09.97⑦

男子400mメドレーリレー
日本(入江陵介-54.25/立石諒-1:00.84/岸田真幸-53.06/小長谷研二-49.48) 3:37.63①

ユニバーシアードのメダリストたち

競泳第5日目まででトビウオジャパンは金4、銀6、銅11の計21個のメダル(※OWS含む)を獲得しています。また何名かのメダリストたちの写真を掲載します。

まずは男子100m自由形にて自己ベスト連発で価値ある銅メダルを獲得した塩浦慎理選手(中央大学)
塩浦


女子100mバタフライで念願のメダル獲得(銀メダル)の福田智代選手(前橋国際大学/KONAMI高崎)
福田


今大会は持ち前の粘り強さが光る内田翔選手(群馬ヤクルト)。男子200m自由形、400m自由形の2種目で銅メダルです。
内田


世界水泳上海で取り逃したメダルを獲得した星奈津美選手(早稲田大学/スウィン大教)
星


男子200m個人メドレーでは表彰で2つの日の丸が上がりました。堀畑裕也選手(日本体育大学)が銀メダル、小坂悠真選手(法政大学/KONAMI東日本)が銅メダル。Laszlo Cseh選手(ハンガリー)と3名のメダリスト記者会見です。
堀畑2


今大会フル回転、満身創痍の堀畑選手。表裏で鍼80本!
鍼


最終日、更なるメダル獲得に期待がかかります!

【ユニバーシアード深圳】競泳第5日目決勝結果

第5日目の決勝が終了しました。

男子400m個人メドレーでは堀畑裕也選手が世界水泳上海の銅メダリストとして、五輪メダリストのLaszlo Cseh選手と堂々戦い、銀メダルを獲得。女子200mバタフライの星奈津美選手は連戦でベストコンディションからはほど遠かったものの、粘り強い泳ぎで銀メダルを獲得しました。また、男子200m自由形の内田翔選手も粘り強く200mを泳ぎ切り、400m自由形に続く銅メダル。本日の最終レースとなった女子400mメドレーリレーは3チームが大会記録を上回るハイレベルな争いとなりましたが、見事銅メダルを獲得しました。

第5日目の決勝結果

男子400m個人メドレー
堀畑裕也(日本体育大学) 4:13.66②
藤森太将(日本体育大学) 4:18.04④

女子1500m自由形
米永智香(きらら山口) 16:35.00⑤
小口綾乃(日本体育大学/セントラル目黒) 16:37.48⑥

女子50m背泳ぎ
酒井志穗(九州産業大学/ブリヂストン) 28.43④

女子200mバタフライ
星奈津美(早稲田大学/スウィン大教) 2:08.94②

男子200m自由形
内田翔(群馬ヤクルト) 1:49.06③

女子400mメドレーリレー
日本(酒井志穗-1:00.41/鈴木聡美-1:07.38/福田智代-58.92/松本弥生-54.27) 4:00.98③

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo