TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

ロンドン五輪選考会

ロンドンオリンピック代表第一次合宿スタート!

ロンドンオリンピック代表チームの第一次合宿がスタートしました。

27名中初出場が17名とかなりフレッシュなメンバーが揃いました。そして年齢も上は29歳の北島康介選手(アクエリアス)、下は15歳の渡部香生子選手(JSS立石)と年齢幅も大きく、可能性を秘めたチームになりそうです。

初対面の選手たちも多いため、初日の今日は8つのグループに分かれてアイスブレーキングを行いました。2つのアクティビティーを通して選手間の距離も一気に縮まりました。

【マシュマロ】
パスタ20本、ひも、テープ、ハサミというツールを使って18分間で出来るだけ高い位置にマシュマロを立たせる。さすが負けず嫌いの集団。みんな必死になってやっていました。笑

寺川・渡邉・外舘・萩野チーム。土台から地道に積み上げています。
マシュマロ

加藤ゆか・堀畑・鈴木チーム。始めはどうなることかと思われましたが形をなしてきました。
マシュマロ2

優勝したのは松田・松島・内田チーム!安定感のあるマシュマロタワーを作ってくれました!
マシュマロ3

そして脅威の粘りを見せた伊藤・高桑・高橋チーム。こんなにしなってるのに倒れません!!
マシュマロ4

このあと2グループに分かれてのアクティビティー。それぞれが1枚ずつ絵本画を持って、他の人にはその絵を見せず、ストーリーを作成するというもの。キャプテン松田選手、副キャプテン藤井選手がリーダーシップをとって進めていました。

一気に距離も縮まり、チーム一丸となって「センターポールに日の丸を!」目指します!!

ロンドンオリンピック代表選手発表!

白熱の1週間から1夜明け、本日14:00に正式にオリンピック代表選手が発表されました。発表記者会見にはメダル候補の6名の選手と平井伯昌ヘッドコーチが登壇。それぞれロンドン五輪への抱負を語ってくれました。

2種目3連覇の夢も膨らむ北島康介選手(アクエリアス)は「言い訳しない、そんな泳ぎがしたい。皆さんの期待に応えたい。」3連覇に関しては「チャンスがないわけではない。チャンスがある限りチャレンジしたい。」とコメント。選考会では素晴らしい日本新記録を打ち立てた星奈津美選手(スウィン大教)は「昨年の世界選手権では100分の1秒でメダルを逃す悔しい思いをした。その経験を生かして、ロンドンではメダルを獲りたい。」ときっぱり。

最後に平井ヘッドコーチは「もう少しというところで残念な選手もいたが、選ばれた選手は非常にレベルが高かった。ここにいる6名の抱負を聞いても、それだけで目標とするメダル8つを獲れる。全員がベストを目指していくことが大事。」だとコメントした。

記者発表のスチール撮影
代表選手


競泳競技の代表コーチと選手は以下の通り。

コーチ
ヘッドコーチ 平井伯昌(東京SC)
マスターコーチ 鈴木陽二(セントラルスポーツ)
パーソナルコーチ 道浦健壽(イトマン)
パーソナルコーチ 久世由美子(コスモス薬品)
パーソナルコーチ 原田良勝(スウィン大教)


男子
自由形・バタフライ 松田丈志(コスモス薬品)
背泳ぎ 入江陵介(イトマン東進)
背泳ぎ 渡邉一樹(セントラルスポーツ)
平泳ぎ 北島康介(アクエリアス)
平泳ぎ 立石諒(慶應義塾大学/NECGSC玉川)
バタフライ 金田和也(金田SC)
個人メドレー 萩野公介(作新学院高等学校・3年/御幸ヶ原SS)
個人メドレー 高桑健(自衛隊体育学校)
個人メドレー 堀畑裕也(日本体育大学・4年)

女子
自由形 上田春佳(キッコーマン)
背泳ぎ 寺川綾(ミズノ)
平泳ぎ 鈴木聡美(山梨学院大学・4年)
平泳ぎ 松島美菜(日本大学・4年/セントラルスポーツ)
平泳ぎ 渡部香生子(武蔵野高等学校・1年/JSS立石ダイワ)
バタフライ 加藤ゆか(東京SC)
バタフライ 星奈津美(早稲田大学・4年/スウィン大教)
個人メドレー 加藤和(山梨学院大学・4年)
個人メドレー 大塚美優(武南高等学校・3年/スウィン大宮)
個人メドレー 高橋美帆(日本体育大学・2年)

男子リレー
800mリレー 小堀勇氣(日本大学・1年/能美SC)
800mリレー 外舘祥(近畿大学・3年/イトマン)
800mリレー 石橋千彰(中央大学・3年)
400mメドレーリレー 藤井拓郎(KONAMI)

女子リレー
400m/800mリレー 松本弥生(日本体育大学大学院)
400mリレー 内田美希(関東学園大学附属高等学校・3年/スウィン館林)
400m/800mリレー 伊藤華英(セントラルスポーツ)
800mリレー 高野綾(同志社大学・1年/イトマン)

この27名でロンドン五輪を戦います!

ロンドン五輪選考会:最終日決勝結果

ロンドン五輪選考会最終日。

女子50m自由形で内田美希選手(スウィン館林)が25秒48の高校新記録を樹立。残念ながら、最終日の派遣標準記録突破者は出ませんでした。男子400mメドレーリレー要員として、藤井拓郎選手(KONAMI)が追加され、合計27名の代表選手が内定しました。

男子1500m自由形【決勝】
序盤を引っ張ったのは日本記録保持者の宮本陽輔選手(鹿屋体育大学)。レース後に「500mまでいい感覚だったが、身体が前に進まなくなった。」と語ったたが、500mを過ぎたあたりから徐々に後退し、後輩の山本耕平選手(鹿屋体育大学)が前に出る展開となった。山本選手も派遣標準記録とほぼ同じペースで突破なるかと思われたが、ラスト200mでスパートが効かず、残念ながら派遣標準記録突破はならなかった。

男子50m自由形【決勝】
準決勝トップの伊藤健太選手(中京大学)がスタートから終止リードし、レースを引っ張った。50mは一瞬の勝負だが、22.20の自己ベストながら派遣標準記録突破ならず。100mをメインにやって来ただけに悔いを残す結果となった。

女子50m自由形【決勝】
100m自由形で派遣標準記録を突破した上田春佳選手(キッコーマン)が好調のまま、前半から抜け出す。後半、松本弥生選手(日体大大学院)も追い上げたが、惜しくも及ばず。上田選手は25.17の自己ベストで優勝。日本記録にもあと0秒03と迫った。

男子100mバタフライ【決勝】
前半リードを奪ったのは、池端宏文選手(法政大学)。本命視された藤井拓郎選手(KONAMI)もまずまずの入り。ラスト25mで昨日レース後のコメント通り、ギアチェンジした藤井選手が抜け出し派遣標準記録突破かと思われたが、あと0秒09届かず。200mバタフライで金メダルを狙う松田丈志選手(コスモス薬品)が後半強さを見せ2位に入った。藤井選手は100m自由形と100mバタフライを制し、400mメドレーリレーメンバーとして代表に内定。

女子200m背泳ぎ【決勝】
今大会の最終種目。2分07秒台のベストを持つ酒井志穂選手(ブリヂストン)に期待が集まった。前半を1:02.83で折り返し、派遣標準記録は余裕かと思われた。しかしラスト50mで「本当に身体が動かなかった。」と語った通り、失速し2:09.59。惜しくも派遣標準記録に届かなかった。

最後の内定者発表では、松田丈志キャプテンからロンドンへの意気込みも語られました。「代表に入れなかった選手たちの思いも乗せて、代表チーム一丸となってロンドンで戦ってきます!」というコメントが印象的でした。
matsuda


最終日は派遣標準記録突破者が出ず、非常に厳しいレースとなりましたが、藤井拓郎選手(KONAMI)が男子400mメドレーリレーメンバーとして名を連ね、総勢27名の選手がロンドン五輪代表選手に内定しました。

ロンドン五輪代表入りが内定した選手
選手たち

【第7日目】
藤井拓郎(KONAMI) 男子400mメドレーリレー

【第6日目】
入江陵介(イトマン東進) 男子200m背泳ぎ
渡邉一樹(セントラルスポーツ) 男子200m背泳ぎ
鈴木聡美(山梨学院大学) 女子200m平泳ぎ
渡部香生子(JSS立石) 女子200m平泳ぎ
萩野公介(御幸ヶ原SS) 男子200m個人メドレー
高桑健(自衛隊体育学校) 男子200m個人メドレー

【第5日目】
上田春佳(キッコーマン) 女子100m自由形、女子400mリレー
松本弥生(日本体育大学大学院) 女子400mリレー
内田美希(スウィン館林) 女子400mリレー
伊藤華英(セントラルスポーツ) 女子400mリレー
松田丈志(コスモス薬品) 男子200mバタフライ
金田和也(金田SC) 男子200mバタフライ
北島康介(アクエリアス) 男子200m平泳ぎ
立石諒(NECGSC玉川) 男子200m平泳ぎ

【第4日目】
寺川綾(ミズノ) 女子100m背泳ぎ
星奈津美(スウィン大教) 女子200mバタフライ
加藤和(山梨学院大学) 女子200m個人メドレー

【第3日目】
松田丈志(コスモス薬品) 男子200m自由形、男子800mリレー
小堀勇気(能美SC) 男子800mリレー
外舘祥(イトマン) 男子800mリレー
石橋千彰(中央大学) 男子800mリレー
上田春佳(キッコーマン) 女子800mリレー
伊藤華英(セントラルスポーツ) 女子800mリレー
松本弥生(日本体育大学大学院) 女子800mリレー
高野綾(イトマン) 女子800mリレー
鈴木聡美(山梨学院大学) 女子100m平泳ぎ
松島美菜(セントラルスポーツ) 女子100m平泳ぎ
入江陵介(イトマン東進) 男子100m背泳ぎ

【第2日目】
加藤ゆか(東京SC) 女子100mバタフライ
北島康介(アクエリアス) 男子100m平泳ぎ
立石諒(NECGSC玉川) 男子100m平泳ぎ

【第1日目】
萩野公介(御幸ヶ原SS) 男子400m個人メドレー
堀畑裕也(日本体育大学) 男子400m個人メドレー
大塚美優(スウィン大宮) 女子400m個人メドレー
高橋美帆(日本体育大学) 女子400m個人メドレー


このメンバーでロンドンオリンピックを戦います!

皆様の応援よろしくお願い致します!!

ロンドン五輪選考会:第7日目決勝の見どころ

間もなくロンドン五輪選考会最終日7日目の決勝が始まります。

最終日の本日は男子1500m自由形、男子50m自由形、女子50m自由形、男子100mバタフライ、女子200m背泳ぎの5種目の決勝が行われます。最終日にロンドン行きの切符を手にするのは誰か!?それではレースの見どころです!!

男子1500m自由形【決勝】 派遣標準:15:00.58
冬場の自由形長距離合宿で同じ釜の飯を食べて来たライバル同士がロンドン五輪を懸けて激突。日本記録保持者の宮本陽輔選手(鹿屋体育大学)の積極的なレース展開、そして宮本選手と共にトレーニングしている山本耕平選手(鹿屋体育大学)、更に昨年急成長を遂げた瀧口陽平選手(中央大学)あたりの戦いが予想されます。何名の選手が派遣標準記録そして15分の壁を割ってくるのか!?

男子50m自由形【決勝】 派遣標準:21.97
400mリレーでの派遣標準記録を突破ならず、崖っぷちに立たされた男子自由形長距離陣。100mで失敗してしまった伊藤健太選手(中京大学)はその雪辱を果たし、21.97の派遣標準記録を突破出来るか?

女子50m自由形【決勝】 派遣標準:25.05
100m自由形で派遣標準記録を突破し、好調の上田春佳選手(キッコーマン)がどこまで記録を伸ばせるか?松本弥生選手(日本体育大学大学院)、萩原智子選手(山梨学院)らの日本記録更新、そして派遣標準記録突破にも期待がかかる。

男子100mバタフライ【決勝】 派遣標準:51.82
北京五輪6位の藤井拓郎選手(KONAMI)がリベンジの舞台へと扉を開けるか。また200mバタフライが専門の松田丈志選手(コスモス薬品)はどこまで記録を伸ばしてくるか。前半スピードのある北京五輪代表岸田真幸選手(キングソフト)、高安亮選手(KONAMI)に、追う藤井選手、松田選手という展開が予想される。ラスト15mの勝負に注目。そして派遣標準記録を突破出来るか。

女子200m背泳ぎ【決勝】 派遣標準:2:09.46
まずは酒井志穂選手(ブリヂストン)がベストタイム2:07.76に迫り、派遣標準記録を突破出来るか。また2位以降の選手がどこまで派遣標準記録に近づき、そして突破出来るか。最後のロンドンオリンピック代表権獲得者が誰になるか注目。

選考会

いよいよ午後の競技が始まります!!選手たちの活躍にご期待ください!!

ロンドン五輪内定選手【動画】:女子200m平泳ぎ

ロンドン五輪代表に内定した選手たちのインタビュー。

15歳のオリンピアン・渡部香生子選手(JSS立石)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo