TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

OWS

【OWS】全豪選手権5km、メダル5個獲得!

IMG_6077
全豪選手権がスタートしました!

初日は10kmが行われました。
IMG_6088
日本チームは海外遠征自体が初めての選手が多いのに対し、周りはアメリカやオランダなど既に東京五輪出場権を獲得している選手が出場しているという状況。

非常にレベルの高い試合となり、日本人の最高順位は11位の山本美杏選手でした。

もう少し上の順位を狙っていただけに非常に悔しいレースとなりました。
IMG_6076
レース後は、10kmの振り返りと、5kmのレース戦略を選手1人ずつに話してもらい備えました。

5kmは10kmの悔しさをはらすようなレースをしてくれ、メダルを量産。
IMG_6079
<5km16歳の部>優勝 岩住宏一郎

IMG_6073
<5km17歳の部>2位 本山空

IMG_6078
<5km18歳の部>2位 永尾美友

IMG_6075
<5km19歳の部>2位 山本美杏、3位 蝦名愛梨

メダル獲得できなかった選手も全員が6位以内で入賞を果たしました!

カテゴリー別に行われた為、レースまで時間がある選手は、他の選手のサポートに入り、チーム一丸となっております。
IMG_6089
明日の最終日は5kmタイムトライアルとリレーが行われます!

最終日もチーム一丸となって頑張ります!

【OWS】U-19全豪選手権は明日スタート

IMG_6046
U19日本代表メンバーが全豪選手権に参加する為、オーストラリア入りしています!

Unley swimming centerで最終調整
IMG_6044

IMG_6043

到着した日は悪天候でしたが、徐々に波も落ち着いてきました。
IMG_6013
前日の今日は、海でコースの最終確認

今年は、東京五輪代表が決まっている海外選手が多くエントリーしており、
非常にレベルが高い大会となっております。

OWSの海外レースが初めてという選手がほとんどですが、
これだけのメンバーとレースできるのは非常に貴重です。

明日から3日間、出場できるすべてのレースにエントリーしており、
タフなスケジュールですが、世界のトップ選手に挑んできます!

応援の程、宜しくお願い致します。

【OWS】2019年ナショナルチーム合宿終了!

OWSでは2019年度下期よりナショナルチームを結成し、月2回合宿を実施しております。

2019年最後の合宿は金沢で実施しました。
IMG_5415


IMG_5413
恵まれた練習環境で、OWSの練習をみっちり行えました。

22名の選手が参加し、3つのチームに分かれて実施。
IMG_5411

IMG_5410

IMG_5366



10kmブロークン練習や、
IMG_5260


乳酸の測定も実施
IMG_5414


コーチたちとデータを見ながら話しあい、
IMG_5412
その後に、選手自身が戦略を考えるきっかけとなるような講習会を行いました。

来年はいよいよオリンピックイヤーとなります。
IMG_5344
2020年もOWSの応援の程、宜しくお願い致します!

【OWS】ミックス5km終了

IMG_2341
ミックス5kmが終了いたしました。

ミックス5kmは男女混合で1人1.25kmを泳ぐリレーとなっております。
IMG_2340

IMG_2339
4選手が一同に準備

日本は、貴田選手→豊田選手→新倉選手→野中選手の順で泳ぎました。
IMG_2338


IMG_2342
男女混合で泳順も自由な為、
女子でいかに男子に離されないか、男子でいかに離せるかがキーとなります。

IMG_2337
選手の引継ぎは、水上で、次の泳者の肘より上の部をタッチすることで認められます。

1.25kmとOWS選手にとっては距離が短い為、
純粋に4名のスピード力が必要です。


日本チームは14位でゴール。
今大会、アメリカやドイツが素晴らしいレースをし、学ぶことも多いリレーとなりました。

日本チームとして強化すべき点が明らかとなった世界選手権でした。

明後日21日からは競泳がスタートします!
引き続きトビウオジャパンの応援の程宜しくお願い致します!!

【OWS】男子10km終了

本日8時より男子10kmが行われました。
IMG_2288

既にレースを終えた女子もサポート
IMG_2289


日本からは野中選手と豊田選手が出場
IMG_2291

IMG_2292

レースは序盤からイタリアやドイツ、フランス、ハンガリーといったヨーロッパ諸国がレースを引っ張ります。

女子に比べ、縦長のレースになるも、人数が多い為、先頭が頻繁に入れ替わる展開に。

最後はドイツのWellbrock選手が優勝。女子と同様にタッチ差で多くの選手がゴールに流れ込んできました。
日本人選手は豊田選手が39位、野中選手が45位という結果でした。

これから、日本チームは18日に行われるチームリレーに備えます。
1.25km×4名で行うチームリレー(男女混合)。

最後の種目も世界水泳に悔いを残さないよう、一致団結して頑張ります!
IMG_2287
本日も会場にお越しいただいた鈴木スポーツ庁長官と日本代表選手団

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo