TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#トビウオジャパン 第59回 日本選手権(25m)水泳競技大会/ FINA/airweaveスイミングワールドカップ2017 東京大会 2日目結果

11月14、15日の2日間の日程で行われた第59回日本選手権(25m)水泳競技大会/FINA/airweaveスイミングワールドカップ2017 東京大会。最終日も好記録が誕生しています!

写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

2日目も、FINA/airweaveスイミングワールドカップ2017として行われたのは12種目。最初の決勝種目である女子100m個人メドレーで池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が、Katinka HOSSZU(HUN)に迫る快泳を見せ、57秒75の短水路日本新記録、世界ジュニア新記録を樹立して2位!


池江選手は女子100mバタフライにも出場し、こちらも55秒99の好記録で2位に入りました。


男子50m平泳ぎでは、小関也朱篤選手(ミキハウス)が「狙って出したタイム。次につながるレースができました」と、26秒06の短水路日本新記録を樹立して優勝! 100mと合わせて2冠を達成しました!




そして瀬戸大也選手(JAPAN)は男子400m個人メドレーで、300mをターンした時点で世界記録を0秒11上回る積極的なレースを展開。惜しくも世界記録は更新できませんでしたが、3分57秒66の大会新記録を更新して優勝。瀬戸選手も小関選手と同様、2冠で今大会を締めくくりました。



女子100m平泳ぎでは、渡部香生子選手(早稲田大学)が1分04秒99で3位。3年ぶりという平泳ぎでの自己ベストに「しっかりと水がかかる感覚がありました。自己ベストが出せてすごくうれしいです」と笑顔を見せてくれました!



男子100mバタフライは、幌村尚選手(早稲田大学)が後半にChad le CLOS選手(RSA)を追い込む後半の強さを見せ、1分51秒37で銅メダルを獲得しました。


男子100m背泳ぎでは、入江陵介選手(JAPAN)が50秒04で2位、金子雅紀選手(イトマン東進)が50秒34の3位に入りました。



大会の最後には、FINA/airweaveスイミングワールドカップ2017東京大会のMVPが発表。男子は瀬戸選手、女子はRonomi KROMOWIDJOJO選手(NED)が選出されました。

そして、国内選手の優勝者のなかで最もFINAポイントを獲得した選手に送られるJOC杯は、瀬戸選手と池江選手が選ばれました。


日本選手権(25m)としてのみ行われたのは6種目。
女子200m個人メドレーは大橋悠依選手(東洋大学)が2分07秒46で優勝。男子400m自由形は江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)が3分41秒67で、男子200m平泳ぎは渡辺一平選手(早稲田大学)が2分03秒42で優勝します。




女子100m自由形は大内紗雪選手(ダンロップSC/日大藤沢高校)が53秒76で制し、男子100m個人メドレーは藤森太将選手(ミキハウス)が53秒40で、男子50m自由形は中村克選手(イトマン東進)が21秒27でそれぞれ優勝を果たしました。


2日間、トビウオジャパンの選手たちへのご声援、ありがとうございました!

チームJAPANとしてスイミングワールドカップに参加していた選手たちは、最終戦となるシンガポール大会に出場します。引き続きのご声援、よろしくお願いします!

リザルトはこちら

#トビウオジャパン 第59回 日本選手権(25m)水泳競技大会/ FINA/airweaveスイミングワールドカップ2017 東京大会 1日目結果

今年は全8戦で行われるFINA/airweave スイミングワールドカップ2017。全体の第7戦、アジアシリーズの2戦目となる東京大会が開幕しました。今大会は第59回日本選手権(25m)水泳競技大会も兼ねた大会です。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

今年からレギュレーションが変わり、1戦ごとにスイミングワールドカップとして行われる種目が変わります。今大会、スイミングワールドカップとして行われたのは12種目。これらの種目は、もちろん日本選手権(25m)としても行われています。

その最初の決勝種目は男子100m平泳ぎ。小関也朱篤選手(JAPAN)は50mのラップを奪うと最後まで逃げ切り、この種目の世界水泳選手権銅メダリストであるKirill PRIGODA選手(RUS)に勝利。56秒49で優勝を果たしました。


続く女子50mバタフライでは、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が25秒14の短水路日本新記録、短水路世界ジュニア新記録を樹立して銅メダルを獲得!


池江選手に負けじと男子100m自由形では、中村克選手(イトマン東進)が46秒54で短水路日本新記録を樹立して3位に入りました!


男子200m背泳ぎでは、金子雅紀選手(JAPAN)が1分49秒74で優勝、入江陵介選手(JAPAN)が1分49秒95で2位に入り、日本人のワンツーフィニッシュを飾ります。



女子400m個人メドレーでは、Katinka HOSSZU選手(HUN)に逃げ切って優勝し、大橋悠依選手(東洋大学)が4分27秒82で2位、清水咲子選手(ミキハウス)が4分29秒06の3位と大健闘。



女子50m背泳ぎは海外勢が力を見せるなか、森万柚子選手(愛競対)が26秒56で3位に入ります。

男子1500m自由形は4位ながら、800mの途中経過で7分42秒28の短水路日本新記録を江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)が樹立しました。

女子200m平泳ぎは、優勝したRikke PEDERSEN選手(DEN)と最後まで接戦を演じた青木玲緒樹選手(ミキハウス)が、世界水泳選手権金メダリストのYuliya EFIMOVA選手(RUS)を破って2分18秒78で2位に入りました!


個人種目最後のレースである男子200m個人メドレーでは、瀬戸大也選手(JAPAN)が1分51秒40で優勝! 2位には藤森丈晴選手(ミキハウス)が1分54秒59で、3位には砂間敬太選手(イトマン)が1分55秒16で入り、日本人選手が表彰台を独占!



日本選手権(25m)のみの開催種目だったのは6種目。まずはタイムレース決勝で行われた女子800m自由形は、森山幸美選手(日本体育大学)が8分23秒43で優勝。女子200mバタフライを2分06秒71で制したのは、牧野紘子選手(東京ドーム)でした。

男子50m背泳ぎでは、23秒40で長谷川純矢選手(ミキハウス)が制し、女子100m背泳ぎは56秒92で諸貫瑛美選手(スウィン館林)が、男子100mバタフライは川本武史選手(TOYOTA)が50秒50で優勝し、女子50m平泳ぎは大和田明日楓選手(慶應義塾大学)が31秒11で優勝しました。

2日間のハードなスケジュールの今大会。最終日の明日も、トビウオジャパンの選手たちの活躍に期待してください!

リザルトはこちら

#トビウオジャパン 第9回アジアエージグループ選手権3、4日目結果

第9回アジアエージグループ選手権(ウズベキスタン・タシケント)は4日間のレースを終了。3日目も含めての結果になります。

若きトビウオジャパン総勢25人が最終日のレースを終えて、金メダルが58個、銀メダルが22個、そして銅メダルが8個で、獲得したメダル総数は88!

前回大会の77個を大きく上回る結果を残してくれました。

これからのトビウオジャパンを支える、若手選手たちの活躍は、きっと大学生、社会人選手たちの励みとなるはずです!

選手たちへのご声援、ありがとうございました!

※B区分は2000〜2002年生まれ、C区分は2003〜2004年生まれの選手によって行われる。

・大会3日目
男子100mバタフライ C区分
牟田弘樹 1分00秒05 ③ ベスト
平岩佑陸 58秒30 ①

女子100mバタフライ C区分
内藤万愛 1分01秒22 ①

女子100mバタフライ B区分
平田美幸 1分00秒89 ①
柏崎清香 1分01秒52 ②

男子50m平泳ぎ C区分
坂本淳之介 31秒26 ① ベスト

女子50m平泳ぎ C区分
高橋奈々 32秒60 ① ベスト
長尾佳音 33秒48 ② ベスト

男子50m平泳ぎ B区分
林太陽 29秒44 ② ベスト

女子50m平泳ぎ B区分
宮坂倖乃 32秒65 ①

男子200m背泳ぎ C区分
林大輝 2分16秒74 ⑥ ベスト
西小野皓大 2分09秒13 ①

男子200m背泳ぎ B区分
酒井陽向 2分02秒90 ①
井狩裕貴 2分09秒48 ④ ベスト

女子200m背泳ぎ B区分
染谷世奈 2分15秒87 ①

男子400m自由形 C区分
牟田弘樹 4分12秒74 ②
加藤晃成 4分04秒83 ①

女子400m自由形 C区分
武田眞咲 4分23秒57 ①
竹葉智子 4分26秒43 ②

男子1500m自由形 B区分
宮本竜成 16分12秒57 ③
田丸敬也 16分28秒51 ④ ベスト

女子4×100mリレー C区分
3分52秒97 ①
長尾佳音 58秒45
内藤万愛 57秒94
武田眞咲 59秒29
栗山百花 57秒29

女子4×200mリレー B区分
8分17秒44 ①
中村葵 2分05秒92
柏崎清香 2分03秒21
平田美幸 2分06秒48
池本凪沙 2分01秒83

・大会4日目
男子50m自由形 B区分
井狩裕貴 23秒99 ① ベスト

女子50m自由形 B区分
池本凪沙 26秒31 ①

男子50m自由形 C区分
加藤晃成 24秒88 ① ベスト

女子50m自由形 C区分
栗山百花 26秒57 ①
内藤万愛 26秒97 ②

男子100m背泳ぎ B区分
酒井陽向 56秒97 ①

女子100m背泳ぎ B区分
染谷世奈 1分02秒41 ①
柏崎清香 1分06秒89 ⑥

男子100m背泳ぎ C区分
西小野皓大 58秒99 ①

男子400m自由形 B区分
宮本竜成 4分03秒87 ②
田丸敬也 4分13秒64 ④

女子400m自由形 B区分
中村葵 4分21秒68 ②

男子800m自由形 C区分
林大輝 8分34秒74 ①

男子200mバタフライ B区分
石原諒太郎 2分03秒41 ①

女子200mバタフライ B区分
平田美幸 2分14秒22 ①

男子200mバタフライ C区分
林大輝 2分15秒73 ⑦
平岩佑陸 2分06秒65 ①

女子200mバタフライ C区分
内藤万愛 2分13秒92 ①
竹葉智子 2分14秒82 ②

男子4×100mリレー B区分
3分32秒19 ①
石崎慶介 51秒18
井狩裕貴 53秒00
田丸敬也 53秒95
宮本竜成 54秒06

女子4×100mリレー B区分
3分51秒91 ①
池本凪沙 56秒70
柏崎清香 58秒18
平田美幸 59秒09
宮坂倖乃 57秒94

男子4×200mリレー C区分
7分49秒89 ①
林大輝 1分58秒86
牟田弘樹 1分59秒70
西小野皓大 1分57秒00
加藤晃成 1分54秒33

女子4×200mリレー C区分
8分27秒93 ①
栗山百花 2分05秒28
武田眞咲 2分07秒52
長尾佳音 2分09秒22
竹葉智子 2分05秒91

#トビウオジャパン 第9回アジアエージグループ選手権2日目結果

9月8日に開幕を迎えている第9回アジアエージグループ選手権(ウズベキスタン・タシケント)の2日目の結果です。
S__6119534

この日も若きトビウオジャパンはメダルラッシュ!
S__6119538
S__6119541
S__6119542

16個の金メダルと、8個の銀メダル、そして3個の銅メダルを獲得。
S__6119535
S__6119536
S__6119537

決勝に進出した選手たちは、全員(棄権者を除く)が表彰台に上るほどの活躍を見せてくれています。
S__6119540
S__6119543

また、安部喜方副会長より激励もいただきました。
S__6119547

大会も折り返して後半戦に入ります。

※B区分は2000〜2002年生まれ、C区分は2003〜2004年生まれの選手によって行われる。

男子100m自由形 B区分
石崎慶祐 51秒06 ①

女子100m自由形 B区分
池本凪沙 56秒98 ②
柏崎清香 58秒07 ③

男子50mバタフライ C区分
平岩佑陸 27秒00 ③ ベスト

女子50mバタフライ C区分
栗山百花 28秒56 ②
内藤万愛 27秒83 ① ベスト

男子200m平泳ぎ B区分
林太陽 2分14秒25 ①

女子200m平泳ぎ B区分
宮坂倖乃 2分29秒65 ①

男子100m平泳ぎ C区分
坂本淳之介 1分06秒89 ①

女子100m平泳ぎ C区分
高橋奈々 1分10秒80 ①

男子50m背泳ぎ B区分
坂井陽向 26秒69 ② ベスト

女子50m背泳ぎ B区分
染谷世奈 29秒54 ②

男子200m個人メドレー C区分
西小野皓大 2分09秒33 ②
加藤晃成 2分08秒44 ①

女子200m個人メドレー C区分
竹葉智子 2分21秒75 ②
長尾佳音 2分19秒84 ①

男子400m個人メドレー B区分
猪狩裕貴 4分29秒98 ①

女子400m個人メドレー B区分
中村葵 4分59秒53 ③
平田美幸 4分56秒79 ①

男子1500m自由形 C区分
林大輝 16分42秒86 ①

男子200m自由形 C区分
牟田弘樹 1分58秒58 ②
加藤晃成 1分57秒53 ①

女子200m自由形 C区分
栗山百花 2分05秒52 ①
武田眞咲 2分06秒25 ②

男子4×100mメドレーリレー B区分
3分46秒19 ①
酒井陽向 56秒81 ベスト
林太陽 1分02秒54
石原諒太郎 55秒45
石崎慶祐 51秒39

女子4×100mメドレーリレー B区分
4分12秒64 ①
染谷世奈 1分02秒93
宮坂倖乃 1分09秒49
平田美幸 1分02秒11
池本凪沙 58秒11

混合4×100mフリーリレー B区分
3分39秒37 ①
石崎慶祐 51秒32
猪狩裕貴 52秒54
池本凪沙 57秒46
柏崎清香 58秒05

#トビウオジャパン 第9回アジアエージグループ選手権1日目結果

9月8日からウズベキスタンの首都・タシケントで、第9回アジアエージグループ選手権が開幕を迎えました。
S__6119432

2000〜2002年生まれの区分で行われるB区分、2003〜2004年生まれのC区分と、2つの区分に分かれて行われる今大会。
S__6119434
S__6119445

会場も広く、泳ぎやすい環境でレースがスタート。
S__6119439

種目数も多いなか、出場した若きトビウオジャパンは、全員が決勝に進出。
S__6119446

そして金メダルが15、銀メダルが4、銅メダルが4と好調な滑り出しを見せてくれました。
S__6119433
S__6119435
S__6119436
S__6119440
S__6119441
S__6119442

大会2日目も若きトビウオジャパンへのご声援、よろしくお願いします!

男子200m平泳ぎ C区分
坂本淳之介 2分23秒29 ①

女子200m平泳ぎ C区分
高橋奈々 2分31秒43 ①
長尾佳音 2分41秒05 ④

男子100m平泳ぎ B区分
林太陽 (決勝失格)

女子100m平泳ぎ B区分
宮坂倖乃 1分09秒48 ①

男子100m自由形 C区分
牟田弘樹 55秒51 ④ ベスト
林大輝 54秒93 ① ベスト

女子100m自由形 C区分
栗山百花 57秒83 ①
長尾佳音 59秒13 ③

男子200m自由形 B区分
石崎慶祐 1分54秒80 ②

女子200m自由形 B区分
池本凪沙 2分01秒73 ①
柏崎清花 2分01秒92 ③

男子50mバタフライ B区分
石原諒太郎 25秒83 ⑥ ベスト

女子50mバタフライ B区分
池本凪沙 28秒02 ③ ベスト
平田美幸 27秒72 ① ベスト

男子400m個人メドレー C区分
西小野皓大 4分38秒70 ②
加藤晃成 4分32秒37 ①
女子400m個人メドレー C区分
武田眞咲 5分00秒43 ③
竹葉智子 4分54秒43 ①

男子200m個人メドレー B区分
井狩裕貴 2分05秒56 ①
田丸敬也 2分07秒64 ②

女子200m個人メドレー B区分
宮坂倖乃 2分19秒48 ②
柏崎清香 2分18秒29 ①

男子800m自由形 B区分
宮本竜成 8分25秒23 ①

女子800m自由形 B区分
中村葵 8分56秒95 ①

男子4×100メドレーリレー C区分
3分58秒69 ①
西小野皓大 59秒38
坂本淳之介 1分07秒07
平岩佑陸 58秒00
加藤晃成 54秒24

女子4×100メドレーリレー C区分
4分15秒73 ①
竹葉智子 1分05秒93
高橋奈々 1分11秒25
内藤万愛 1分00秒00
栗山百花 58秒55

混合4×100mリレー C区分
3分44秒99 ①
加藤晃成 53秒40
林大輝 54秒49
栗山百花 58秒10
長尾佳音 59秒00

混合4×100メドレーリレー B区分
3分58秒88 ①
染谷世奈 1分03秒56
林太陽 1分03秒04
平田美幸 1分00秒54
石崎慶祐 51秒76

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo