TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#とちぎ国体 3日目決勝結果

第77回国民体育大会 水泳競技 競泳の最終日が終了。この日も新記録が誕生し、夏を締めくくる大会に彩りを添えてくれました。
©日本水泳連盟

大会新記録が誕生した種目は、少年B女子200m個人メドレー。バタフライは中嶋碧選手(富山県)が先行しますが、背泳ぎで成田実生選手(東京都)が逆転すると、平泳ぎ、自由形と少しずつリードを広げてフィニッシュ。成田選手が2分10秒27の大会新記録を樹立して1位に輝きました! 前半攻めた中嶋選手は2分14秒03の2位に、3位には2分14秒66で長岡海涼選手(山形県)が入っています。
DSC_3137a

少年B男子400m自由形からスタートした最終日。この種目では高校生たちを抑えて、中学3年生の内村弥路選手(埼玉県)が3分58秒97で1位! 2位は加登博翔選手(兵庫県)が4分00秒05で入り、3位には堀田武蔵選手(愛知県)が4分01秒12で入りました。
DSC_2147a

少年共通女子400m自由形では、高校1年生の竹澤瑠珂選手(東京都)が前半から安定した力を見せて、4分10秒14をマークして1位を獲得! 奥園心咲選手(京都府)は4分14秒83の2位、4分15秒11で群馬県の青木虹光選手が入りました。
DSC_2172

少年A男子400m自由形は、200mを過ぎてから後半の強さを発揮した桐山真葵選手(東京都)が3分52秒24で1位を獲得。2位は蔵本大和選手(千葉県)が3分55秒20で入り、激しい3位争いを制した宮木宏悦選手(埼玉県)が3分55秒53の3位となりました。
DSC_2191

少年B女子100m平泳ぎは、前半を32秒台で折り返した稲垣杏奈選手(大阪府)が1分09秒17で1位に輝き、岡山県の中村美羽選手が1分10秒19で2位、3位には1分10秒45で小山風香選手(新潟県)が入っています。
DSC_2393a

少年B男子100m平泳ぎでは、高井直人選手(石川県)と鎌田望琥人選手(富山県)の接戦に。タッチ差の勝負を制したのは高井選手。1分02秒14で1位を獲得。鎌田選手は1分02秒30の2位となりました。3位には齋藤龍選手(神奈川県)が1分03秒78で入りました。
DSC_2417a

少年A女子50m自由形は、スタートから飛び出した大嶋千桜選手(大阪府)が25秒54で1位を獲得し、今大会100mと合わせて2冠を達成! 溝口歩優選手(神奈川県)が25秒62で2位に、田村真優選手(東京都)が25秒92の3位となりました。
DSC_2541a

少年A男子50m自由形では、山口遼大選手(東京都)が23秒10で1位を獲得。大きな身体を生かした大きな泳ぎを見せてくれました。2位は内村駿斗選手(静岡県)が23秒20で、3位には地元栃木県の蓮沼椋祐選手が接戦を制し23秒25で入りました!
DSC_2568a

成年女子50m自由形は、五十嵐千尋選手(神奈川県)が25秒14で1位に。100分の1秒差で決した2位争いを制したのは池本凪沙選手(大阪府)で、記録は25秒39。23秒40の3位に入ったのは、東京都の山本茉由佳選手でした。
DSC_2690a

実力者が勢揃いした成年男子50m自由形では、塩浦慎理選手(神奈川県)が22秒19で1位を獲得! 100分の5秒差の22秒24で2位に入ったのは坂井孝士郎選手(兵庫県)でした。こちらもまた100分の1秒差の接戦となった3位争いは、川﨑駿選手(千葉県)が22秒39で表彰台を勝ち取りました。
DSC_2709a

少年B男子200m個人メドレーではバタフライから快調に飛ばして逃げ切った阿部力樹選手(神奈川県)が2分01秒88で1位を獲得しました! 2位には西川我咲選手(愛知県)が2分03秒09で、3位に舟橋功選手(大阪府)が2分04秒34で入っています。
DSC_3153a

少年A女子4×100mメドレーリレーは、山本千晶選手、小畠優々美選手、三井愛梨選手、兼松さや選手の4人で4分03秒54をマークした神奈川県が1位に輝きました! 大阪府が4分05秒48の2位に入り、3位には埼玉県が4分06秒94で入っています。
DSC_3178a

少年A男子4×100mメドレーリレーでは、大阪府が小東真皓選手、神園航平選手、山田啓史選手、重藤流世選手でつなぎ、3分39秒69で1位となりました。東京都が3分42秒14で2位に入り、3位には3分43秒48で千葉県が入りました。
DSC_3211a

成年女子4×100mメドレーリレーは、兵庫県の白井璃緒選手が先行しますが、バタフライで東京都の牧野紘子選手が逆転。最後は池江璃花子選手が締めて、4分01秒28で東京都が1位。先行した兵庫県が4分03秒64の2位に入り、3位には愛知県が4分04秒48で入りました。
DSC_3246a

とちぎ国体最後を締めくくる、成年男子4×100mメドレーリレーは、背泳ぎで入江陵介が53秒09で得たトップを最後まで守り切り、東京都が3分33秒76で1位となりました。2位は逃げる新潟県と追い上げた埼玉県が同着で決着。3分35秒72で2チームが2位に入りました。
DSC_3290a

これですべての競技が終わり、水泳競技の総合得点が発表。天皇杯(男女総合得点)、皇后杯(女子総合成績)ともに東京都が1位に輝きました!
DSC_3381a
DSC_3386a
DSC_3395a

総合結果はこちらからチェック!

このとちぎ国体をひとつの区切りとして、2022年度の夏シーズンも終わりました。これからも選手たちの戦いは2023年度シーズン、そしてパリ五輪へと続いていきます。
少しの幕間を挟み、未来に向かって歩みを続ける選手たちへのご声援、これからもよろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

国体はNHKで!

NHK+でも同時配信、そして見逃し配信を行っています!

#とちぎ国体 1日目決勝結果

3年ぶりに開催された、第77回国民体育大会。その水泳競技 競泳が開幕しました!
©日本水泳連盟

少年B、A、そして成年の選手たちが所属する“県”のために、全力を賭して戦う国体。開始式では栃木県の水沼尚輝選手、赤羽沙也加選手による選手宣誓が行われ、いよいよレースがスタート!
DSC_8761

最初の種目の成年女子400m自由形では、難波実夢選手(奈良県)が後半の強さを発揮して4分10秒53で1位を獲得。成年男子の400m自由形では、こちらも得意な後半のスパートが炸裂した田渕海斗選手(神奈川県)が3分49秒63で1位となりました!
DSC_9188
DSC_9217

少年B女子100m自由形は、前半をただ一人26秒台で折り返した伊東開耶(千葉県)が56秒20で、少年B男子100m自由形では中学3年生の黒田一瑳選手(北海道)が中学記録に迫る51秒01をマークして、それぞれ1位を獲得しました!
DSC_9238
DSC_9257

少年A女子200m背泳ぎは水野柚希選手(埼玉県)が2分10秒27で1位、少年A男子200m背泳ぎでは、前半を56秒台で折り返す積極性を見せた竹原秀一選手(福岡県)が1分58秒60で逃げ切り1位となりました。
DSC_9302
DSC_9321

成年女子200m個人メドレーは、インカレでも優勝を果たした松本信歩選手(東京都)が2分11秒73で1位に輝き、成年男子200m個人メドレーは瀬戸大也選手(埼玉県)が平泳ぎで周囲との差を広げて1分56秒27の大会記録に迫る好タイムで1位に。
DSC_9579
DSC_9607

少年B女子100mバタフライは接戦の末、中学3年生の中嶋碧選手(富山県)が59秒86で1位に。少年B男子100mバタフライも三つ巴の接戦を河野通虎選手(北海道)が54秒72で制して1位となりました。
DSC_9658
DSC_9685

成年女子100mバタフライは、最後の牧野紘子選手(東京都)の追い上げを相馬あい選手(青森県)が100分の4秒差で逃げ切り58秒23で1位を獲得! 成年男子100mバタフライでは、先行する川本武史選手(愛知県)を最後に逆転した地元栃木県の水沼選手が51秒02で1位を獲得し、会場から大きな拍手が贈られました!
DSC_9884
DSC_8857a
DSC_9884

少年A女子200m平泳ぎでは、楠田夢乃選手(東京都)が中澤海凪選手(神奈川県)の猛烈な追い上げをわずか100分の3秒差で逃げ切り、2分26秒42で1位となりました。少年A男子200m平泳ぎでは、こちらも前半から攻めた岡留大和選手(千葉県)が2分11秒55で1位獲得です。
DSC_0002
DSC_0029

少年B女子4×100mリレーは、ずっと1秒以内の差で食らいつく埼玉県を振り切った東京都が3分46秒61で1位を獲得。少年B男子4×100mリレーは埼玉県、愛知県、大阪府の3チームが最後の最後まで大接戦を演じました。最後は埼玉県が3分28秒32で1位となりましたが、2位の大阪府との差はたったの100分の3秒でした。
DSC_0212
DSC_0235

少年A女子4×100mリレーは、大会記録にわずかと迫る3分42秒66で大阪府が1位を獲得します。少年A男子4×200mリレーでは、東京都のアンカー、桐山真葵選手が1分48秒53で締めくくり、7分22秒02で10年前に樹立された大会記録を更新して1位に輝きました! また、このレースでは栃木県の第1泳者の松下知之選手が1分49秒99の好タイムで飛び出し、会場を大いに沸かせてくれました。
DSC_0293
DSC_0329

水泳選手たちにとっては、夏を締めくくる恒例の大会となっている国体。自分のために、チームのために戦う選手たちへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

国体はNHKで!

NHK+でも同時配信、そして見逃し配信を行っています!

#インカレ 4日目決勝結果

学生日本一決定戦、第98回日本学生選手権水泳競技大会 通称インカレ。学生たちの熱戦にも終止符が打たれました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

最終日は女子800m、男子1500m自由形を含む、個人5種目と、大会を締める4×200mリレーが行われました!

まずは女子800m自由形決勝。古八優季選手(中京大学)がレースを引っ張ります。レース終盤、600mで古八選手を捉えた難波実夢選手(近畿大学)が一気に突き放し、8分35秒65で優勝。400mと合わせて今大会2冠達成です!



男子1500m自由形では、難波選手同様400mを制した井本一輝選手(中央大学)が独泳体制を築きます。最後は「チームのために優勝を」と泳ぎ切った井本選手が、15分14秒59で今大会2つ目の金メダルを勝ち取りました!



女子400m個人メドレーは1年生たちが大活躍! 前半から谷川亜華葉選手(近畿大学)や伊藤亜香利選手(神奈川大学)らが攻めると、後半に入って谷川、伊藤らについていった梶本一花選手(同志社大学)が抜け出します。それに佐藤梨央選手(青山学院大学)が食らいつく展開に。最後は自由形で粘りを見せた梶本選手が4分40秒30で優勝! 2位に佐藤選手が入り、3位には後半追い上げてきた室木未菜選手(神奈川大学)が4分46秒03で入りました。



男子400m個人メドレーは日本大学の独壇場でした。バタフライから本多灯選手(日本大学)に小方颯選手(日本大学)が続き、それに寺門弦輝選手(日本大学)が3番手で続きます。この3人が中心となってレースが展開されていき、最後の自由形でも本多選手、小方選手、寺門選手が他を圧倒。本多選手が4分11秒29、小方選手が4分13秒26、寺門選手が4分13秒69で日本大学が表彰台を独占しました!



女子100m自由形は、スタートして神野ゆめ選手(神奈川大学)が飛び出します。それを追随する形で池江璃花子選手(日本大学)、池本凪沙選手(中央大学)のふたりが追い上げます。最後はタッチの勝負で池江選手が54秒26で優勝! 池本選手は54秒35の2位、神野選手は55秒05の3位となりました。



男子100m自由形は最初から最後までまさに横一線。そんな大接戦を49秒33で制したのは田中大寛選手(早稲田大学)でした! さらに2位は須田悠介選手(早稲田大学)で早稲田大学がワンツーフィニッシュです! 3位には山梨学院大学の伊藤裕馬選手が49秒45で入りました。



女子100m背泳ぎでは、200mを制した秀野由光選手(神奈川大学)がこちらも1分01秒03で優勝。背泳ぎで2冠達成です!



男子100m背泳ぎは前半から攻めた眞野秀成選手(日本大学)を栁川大樹選手(明治大学)が逆転して勝利。54秒35の自己ベストで優勝を果たしました!



女子200m平泳ぎは、100mのスプリットタイムを奪った今井月選手(東洋大学)が、その差をどんどん広げるようにしてフィニッシュ。実に7年ぶりとなる自己ベストをマークする、2分23秒02で優勝を飾り、今大会2冠です!



男子200m平泳ぎは、こちらも前半から攻めた佐藤翔馬選手(慶應義塾大学)が、力強い泳ぎで他を引き離していきます。ラスト50mに入ってもその力強さは失うどころか増すようにしてスピードを上げていき、2分08秒46でこの種目4連覇を成し遂げ、力強いガッツポーズを見せました! また、2位には同じ慶應義塾大学の深沢大和選手が2分10秒49で続き、慶應義塾大学がワンツーフィニッシュです!



大会を締めくくるのは男女の4×800mリレー、いわゆる“8継”です。
女子の8継は最後まで中京大学と東洋大学の大接戦でした。常に先行し、レースを牽引していたのは中京大学。それを追う東洋大学という展開に。750mのターンでは、その差はたったの100分の3秒。気持ちの勝負となったラスト50mで抜け出したのは、中京大学の今井美折選手でした。8分02秒94で優勝を果たし、中京大学がリレー3種目すべて制覇しました! 東洋大学は8分03秒35の2位、3位には8分04秒52で日本大学が入りました。



男子8継は、日本大学の第1泳者の本多灯選手が1分46秒89の好タイムで一気に抜け出すと、あとはまさに独壇場。柳本幸之介選手は1分47秒91、眞野秀成選手が1分47秒11、そしてアンカーの吉田啓祐選手も1分49秒15でつなぎ、7分11秒06の日本学生新記録、大会新記録で優勝! 男子のリレーは日本大学がすべて制しました!



最後に男女総合得点結果が発表。男子総合成績は、1位が日本大学、2位に明治大学、3位には早稲田大学が入りました。
女子総合成績は、1位が中京大学、2位が神奈川大学、そして3位に東洋大学が入っています。



詳しい得点一覧はこちらです!

母校の誇りを胸に、全力を尽くして戦った選手たちへのご声援、ありがとうございました!

リザルトはこちらです!

ABEMAではインカレのハイライトがご覧いただけます!

#インカレ 3日目決勝結果

学生日本一決定戦、第98回日本学生選手権水泳競技大会 通称インカレの3日目も熱戦が繰り広げられました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日はリレーを含む、4種目の決勝が行われました!

女子200m自由形は、前半から積極的に攻めた池本凪沙選手(中央大学)がターンする度に周りとの差を少しずつ広げていき、最後は2秒近くの差をつける1分58秒99で、この種目初優勝です!
「怖がらず前半から攻めることができて、58秒台が出せて良かったです」(池本選手)



男子200m自由形は最後まで大接戦! 前半から攻めた1年生の柳本幸之介選手(日本大学)を最後の最後で逆転して優勝を果たしたのは、田中大寛選手(早稲田大学)でした。記録は1分48秒42。柳本選手は1分48秒79の2位という結果でした。



女子100mバタフライは、後半に入って持ち味の伸びを見せた飯塚千遥(筑波大学)が58秒40で優勝! この種目で2連覇を果たしました!



男子100mバタフライでは、前半を23秒台で入った西田拓郎選手(神奈川大学)が大逃げを打つも、「ラスト15mの勝負になることは分かっていた」と、最後に勝負を仕掛けた石川愼之助選手(日本大学)が並んでタッチで逆転。51秒84で3年ぶりに石川選手が優勝です! 西田選手も51秒92の好タイムで2位となりました。



女子200m個人メドレーは、スピードが持ち味の松本信歩選手(早稲田大学)が他を寄せ付けない強さを発揮。最後まで逃げ切って2分11秒04で2連覇を達成しました!



男子200m個人メドレーは、50mを制した松本周也選手(中京大学)がスタートから飛び出し、一時は2位以下に3秒近くの差をつける展開に。ですが、最後の自由形で小方颯選手(日本大学)が良い気に追い込み逆転。1分58秒10の自己ベストで優勝を果たしました! 松本選手も1分58秒52と好タイムで2位に入っています。



女子4×100mメドレーリレーでは、まずは神奈川大学の秀野由光選手が先行。平泳ぎに引き継ぐと、今度は早稲田大学の浅羽栞選手が逆転。引き継ぎながら1分06秒82の好タイムをマーク。バタフライは松本信歩選手がトップを守りアンカーへ。最後の自由形は、中京大学の神野ゆめ選手が54秒06という好タイムで早稲田大学を逆転。4分02秒81で中京大学が4×100mリレーに続いて優勝を飾りました!



男子4×100mメドレーリレーは、日本大学の眞野秀成選手が54秒51でトップ。平泳ぎの石田竜一選手は1分00秒62で順位を下げるも、バタフライの本多灯選手が51秒52で泳ぎ逆転。最後は主将の石崎慶祐選手が49秒27で繋ぎ、3分35秒92で優勝を果たしました!
2位の早稲田大学は3分36秒23、3位の明治大学が3分36秒38という結果でしたが、早稲田大学の須田悠介選手は48秒94、明治大学の2年生、五味智信選手は48秒58という好タイムを叩き出しています。



明日はいよいよ最終日です!
母校の誇りを胸に、全力を賭して泳ぐ選手たちへのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

インカレ決勝はABEMAで!

CSテレ朝チャンネル2でも放送しています!
【1日目<録画>&2日目<生中継>】
8月29日(月) 15:00~
【3日目<生中継>】
8月30日(火) 15:30~
【最終日<生中継>】
8月31日(水) 14:30~

#インカレ 2日目決勝結果

学生日本一決定戦、第98回日本学生選手権水泳競技大会 通称インカレの2日目が終了しました!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日はリレーを含む、5種目の決勝が行われました!

まず最初は400m自由形。女子は難波実夢選手(近畿大学)が200mを折り返してから、持ち味の後半の強さを生かして他を引き離していき、最後は2位だった小堀倭加選手(日本大学)に2秒以上の差をつけて、4分07秒43の大会新記録を樹立して連覇を果たしました!



「思ったよりも記録が出てうれしかったです。今回は勝ちにこだわりたかったので、持ち味のラストスパートで勝つことができて良かったです」(難波選手)

男子は前半から攻めた黒川紫唯選手と渡邊天馬選手の近畿大学コンビを、後半逆転した井本一輝選手(中央大学)が3分48秒71で優勝を飾りました。



200mバタフライの女子は、FINA世界選手権代表の林希菜選手(同志社大学)を前半から上回る泳ぎを見せた内田かりん選手(神奈川大学)が2分08秒64で優勝! 「まさか自分が優勝できるなんて思わなくて」と自身も驚きの優勝に笑顔が弾けます。



男子はFINA世界選手権メダリストの意地か、本多灯(日本大学)が「最低でも53秒台は出したかったです」と悔しさを吐露するも、大会タイ記録となる1分54秒06の好タイムで優勝を果たしています。



200m背泳ぎの女子は、「今までやってきたことが自分の身になっていると実感しています。最後はそんな自分を信じて泳ぎました」と話す秀野由光(神奈川大学)が、昨年は2位だった悔しさを晴らす2分12秒29で優勝を果たしました。



男子は1年生になったばかりの西小野皓大(中京大学)が「後半、ラスト50mで勝負を仕掛ける」作戦が見事はまり、1分57秒74の自己ベストをマークして優勝を飾りました!



女子100m平泳ぎは3年ぶりに今井月選手(東洋大学)が優勝! 1分06秒99というタイムにも「6秒台が出せて良かった」と笑顔を見せていました。



男子同種目は混戦模様でしたが、予選で59秒台を出した間島亮太郎選手(筑波大学)が、1分00秒00で4年生にしてインカレ初優勝! 「今シーズンに入ってから調子が良かった。ずっと周りがお前なら優勝できる、と言ってくれていたので自身を持って臨めました」(間島選手)



女子4×100mリレーでは、中京大学の第1泳者の神野ゆめ選手が54秒90の好発進。第2泳者の居林優衣選手、廣下菜月選手、今井美折選手らも55秒台で続き、3分41秒64で優勝を果たしました!



男子4×100mリレーは、日本大学と早稲田大学が接戦に。どちらも49秒台を4人揃えるハイレベルな争いを制したのは日本大学でした。石崎慶祐選手、本多選手、柳本幸之介選手、そして眞野秀成選手の全員が49秒台前半でつなぎ、3分16秒69の日本学生新記録、大会新記録で優勝です!



大会もいよいよ後半戦。学校対抗の戦いも激しさを増してきました!
母校の誇りを胸に、全力を賭して泳ぐ選手たちへのご声援をお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

インカレ決勝3日目はABEMAで!

CSテレ朝チャンネル2でも放送しています!

【1日目<録画>&2日目<生中継>】
8月29日(月) 15:00~
【3日目<生中継>】
8月30日(火) 15:30~
【最終日<生中継>】
8月31日(水) 14:30~

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo