TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

【競泳】 #世界水泳2019 3日目決勝結果

世界水泳2019(韓国・光州)の3日目の準決勝、決勝競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日、トビウオジャパンに待望のメダルが誕生しました!


男子200m自由形の決勝。前半の100mから果敢に攻めて2番手で折り返した松元克央選手は、150mでは5位にまで順位を下げます。ですが、それはラスト50mでのスパートのためでした。最後のターン後、キックを入れてスパートをかけた松元選手は、1分45秒22の日本新記録で3位フィニッシュ。しかし、1位のDanas RAPSYS選手(リトアニア)がフライングで失格。繰り上げで銀メダルを獲得しました!



「ラストは明日動けなくなるくらい動かせと鈴木陽二先生からも言われていました。とことん自分のレースをしようと決めていました。緊張で頭が真っ白になっていましたが、身体がレースを覚えていました。今は何もかも信じられない気持ちでいっぱいです」(松元選手)

S__126885914

女子100m背泳ぎ決勝に臨んだ酒井夏海選手。「前半から攻める」という言葉通りテンポを上げて積極的なレースを展開。予選、準決勝、そして決勝としっかり3本タイムを上げて、59秒56の6位入賞です!


ベテラン入江陵介選手は、男子100m背泳ぎ決勝に出場。「いまいち思ったよりスピードが上がっていない」と悔しさの残る53秒26の6位入賞でしたが、「200mに向けては大きな泳ぎでいけると思います」と、得意な200mに向けて気持ちを切り替えていました。


最後を締めくくる女子100m平泳ぎの決勝には、準決勝を3位で通過した青木玲緒樹選手が登場。ラスト、タッチ勝負になるまで熾烈な3位争いでしたが、惜しくも3位のMartina CARRARO選手(イタリア)に100分の4秒差で敗れましたが、堂々の4位入賞を果たしました。


準決勝種目は3種目。男子200mバタフライでは瀬戸大也選手が「ちょっと落ち着きすぎました」と1分55秒33と予選よりタイムを落としますが、3位で決勝に進出。「明日は自分ができることを精一杯やって、全力でメダルを獲得したいと思います」と意気込みを話してくれました。


女子200m自由形に出場していた白井璃緒選手と五十嵐千尋選手。白井選手は前半から果敢に攻めていき、1分56秒82の自己ベストをマークして8位決勝進出です! 五十嵐選手は1分58秒97の16位となりました。



男子50m平泳ぎの小関也朱篤選手は27秒22の13位という結果でした。


大会4日目は、女子50m背泳ぎに酒井選手、男子100m自由形に中村克選手と塩浦慎理選手が、男子200m個人メドレーに瀬戸選手、女子200mバタフライには長谷川涼香選手と牧野紘子選手のふたりが出場。そして、混合4×100mメドレーリレーにも出場します!

Go! トビウオジャパン!!
S__126885915

◆競泳3日目:準決勝・決勝結果◆
・男子200m自由形 決勝
松元克央 1分45秒22 2位 銀メダル獲得!
・女子100m背泳ぎ 決勝
酒井夏海 59秒56 6位入賞!
・男子100m背泳ぎ 決勝
入江陵介 53秒26 6位入賞!
・女子100m平泳ぎ 決勝
青木玲緒樹 1分06秒40 4位入賞!

・男子50m平泳ぎ 準決勝
小関也朱篤 27秒22 13位
・女子200m自由形 準決勝
白井璃緒 1分56秒82 自己ベスト 8位決勝進出!
五十嵐千尋 1分58秒97 16位
・男子200mバタフライ 準決勝
瀬戸大也 1分55秒33 3位決勝進出!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 3日目予選結果

韓国・光州で開催されている世界水泳2019の3日目予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

3日目の予選は全部で4種目。そのうち、3種目にトビウオジャパンが登場です。

男子50m平泳ぎ予選では、昨日の100mで4位入賞を果たした小関也朱篤選手が出場し、27秒33の16位で準決勝に進出。


女子200m自由形には、白井璃緒選手と五十嵐千尋選手の二人が出場しました。白井選手、五十嵐選手ともに前半から攻めるレースで、白井選手が1分58秒10の12位、五十嵐選手が1分59秒18の16位でそれぞれ準決勝進出です。



男子200mバタフライには、短水路世界記録保持者として瀬戸大也選手が登場。「積極的に行こうと思っていた」と、小気味良いテンポでベストに迫る1分54秒56の2位で準決勝に進んでいます。


大会3日目の決勝競技には、男子200m自由形の松元克央選手が、女子100m背泳ぎに酒井夏海選手、男子100m背泳ぎには入江陵介選手が、そしてこの日最後を締めくくる女子100m平泳ぎ決勝には青木玲緒樹選手が、それぞれメダル獲得に挑戦します!





注目の準決勝・決勝は20:00からスタートです!

◆競泳3日目:予選結果◆
・男子50m平泳ぎ 予選
小関也朱篤 27秒33 16位 準決勝進出
・女子200m自由形 予選
白井璃緒 1分58秒10 12位 準決勝進出
五十嵐千尋 1分59秒18 16位 準決勝進出
・男子200mバタフライ 予選
瀬戸大也 1分54秒56 準決勝進出

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 2日目決勝結果

世界水泳2019(韓国・光州)の2日目の準決勝、決勝競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日最初の決勝種目に臨んだのは、小関也朱篤選手。前半から攻める周囲に惑わされず、自分のペースをしっかりと守って落ち着いたレースを披露。後半、一気に追い上げていきますが、惜しくもメダルにはあと一歩届かず。それでも予選、準決勝に続いて3回目の58秒台となる、58秒93の4位入賞です!


「泳ぎの感覚は悪くなかった分、悔しかったですね。落ち着いてレースはできたと思います。50mもありますけど、最終日のメドレーリレーではメダルを獲りたいです」(小関選手)


女子200m個人メドレーの決勝には、大本里佳選手と大橋悠依選手のふたりが出場。
「背泳ぎと平泳ぎがポイント」と話していた大本選手。バタフライでスプリットタイムを奪うと、背泳ぎのターンでもスプリットタイムを奪い獲ります。耐えどころだった平泳ぎも3位で折り返し、最後の自由形勝負。「最後は本当にキツかったです」と、粘りを見せるも、2分09秒32の5位入賞となりました。大橋選手は残念ながら失格という結果になりました。



「自分の強みは前半だったので積極的に行くしかないと思っていましたし、良いレースができたと思います」(大本選手)


準決勝種目は4種目。男子100m背泳ぎでは入江陵介選手が53秒13の6位で決勝に進出。女子100m背泳ぎでは酒井夏海選手が59秒71の8位で、女子100m平泳ぎ準決勝は、青木玲緒樹選手が1分06秒30の3位で決勝にそれぞれ駒を進めました!
男子200m自由形では、松元克央選手が自己ベストとなる1分45秒56をマークして、4位タイでこちらも決勝進出です!





大会3日目は、男子50m平泳ぎに小関選手、女子200m自由形に白井璃緒選手、五十嵐千尋選手が、そして男子200mバタフライにキャプテンの瀬戸大也選手が出場です!

Go! トビウオジャパン!!


◆競泳2日目:準決勝・決勝結果◆
・男子100m平泳ぎ 決勝
小関也朱篤 58秒93 4位
・女子200m個人メドレー 決勝
大本里佳 2分09秒32 5位
大橋悠依 失格

・女子100m背泳ぎ 準決勝
酒井夏海 59秒71 8位 決勝進出!
・男子100m背泳ぎ 準決勝
入江陵介 53秒13 6位 決勝進出!
・女子100m平泳ぎ 準決勝
青木玲緒樹 1分06秒30 3位 決勝進出!
・男子200自由形 準決勝
松元克央 1分45秒56 4位タイ 決勝進出!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 2日目予選結果

初日から日本新記録が誕生して好発進のトビウオジャパン。韓国・光州での世界水泳2019の2日目予選が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

2日目の予選には、4種目に5人の選手たちが出場。

女子100m背泳ぎ予選は、酒井夏海選手が前半を28秒台で折り返す積極性を見せて、1分00秒05の10位で準決勝に進出!


男子100m背泳ぎ予選では、バックストロークレッジの不具合などのトラブルがあったものの、入江陵介選手が53秒38で順当に5位で準決勝に駒を進めています。


女子100m平泳ぎ予選は青木玲緒樹選手が1分06秒81の5位で予選を通過。1位から6位までが1分06秒台と接戦の様相を呈しています。


男子200m自由形は、昨日の男子4×100mリレーで引き継ぎながら好タイムをマークしていた松元克央選手が1分46秒51の7位で準決勝へ。


江原騎士選手は、果敢に前半から攻めていきますが、1分47秒46の20位で惜しくも予選敗退となりました。


今朝の予選を通過した酒井選手、入江選手、青木選手、松元選手が準決勝を戦い、昨日の準決勝を突破した女子200m個人メドレーの大橋悠依選手と大本里佳選手、そして男子100m平泳ぎの小関也朱篤選手が決勝でメダルを懸けて争います。




今大会初メダル獲得なるか。注目の準決勝・決勝は20:00からスタートです!

◆競泳2日目:予選結果◆
・女子100m背泳ぎ 予選
酒井夏海 1分00秒05 10位 準決勝進出
・男子100m背泳ぎ 予選
入江陵介 53秒38 5位 準決勝進出
・女子100m平泳ぎ 予選
青木玲緒樹 1分06秒81 5位 準決勝進出
・男子200自由形 予選
江原騎士 1分47秒46 20位
松元克央 1分46秒51 7位 準決勝進出

スタートリスト・リザルトはこちらから!

【競泳】 #世界水泳2019 1日目決勝結果

韓国・光州で開催されている世界水泳2019の初日が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

最初の準決勝種目は、女子100mバタフライ。予選で自己ベストを出していた牧野紘子選手は、決勝でも果敢に記録を狙いますが「ラスト10mでバテてしまった」と58秒49の16位となりました。



男子100m平泳ぎの準決勝に進んだ小関也朱篤選手は、予選と同じく世界記録保持者のAdam Peaty選手(イギリス)の隣で泳ぎます。
そのPeaty選手が前半から飛ばし、56秒88という驚異的な世界記録を樹立するなか、落ち着いて自分のレースに集中する小関選手。後半に大きな泳ぎで伸びてきて58秒89でフィニッシュ。全体の4位で決勝に進出です!



大橋悠依選手と大本里佳選手のふたりが臨んだ女子200m個人メドレーの準決勝。こちらも世界記録を持つKatinka Hosszu選手(ハンガリー)と同じ組でしたが、ペースを惑わされることなく泳ぎ切り、大本選手は2分09秒68の5位で、大橋選手は2分10秒04の6位でそれぞれ決勝に駒を進めました。




そして、女子の4×100mリレーの決勝。予選で日本記録を更新して波に乗る日本チームは、第1泳者を青木智美選手、第2泳者に佐藤綾選手、第3泳者に白井璃緒選手で、アンカーに大本選手という泳順で臨みました。
青木選手は54秒62、佐藤選手は予選に続く53秒台となる53秒91、白井選手は54秒23で引き継ぎます。アンカーの大本選手は30分前に200m個人メドレーのレースを終えたばかりでしたが、54秒03で泳ぎ切り、惜しくも日本記録には届きませんでしたが、3分36秒79の7位入賞を果たしました!


大会2日目には、女子100m背泳ぎに酒井夏海選手、男子100m背泳ぎに入江陵介選手、女子100m平泳ぎに青木玲緒樹選手が、そして男子200m自由形には松元克央選手と江原騎士選手の二人が出場します!

Go! トビウオジャパン!!

◆競泳1日目:準決勝・決勝結果◆
・女子100mバタフライ 準決勝
牧野紘子 58秒49 16位
・男子100m平泳ぎ 準決勝
小関也朱篤 58秒89 4位 決勝進出!
・女子200m個人メドレー 準決勝
大本里佳 2分09秒68 5位 決勝進出!
大橋悠依 2分10秒04 6位 決勝進出!
・女子4×100mリレー 決勝
青木智美・佐藤綾・白井璃緒・大本里佳 3分36秒79 7位
(54秒62・53秒91・54秒23・54秒03)

スタートリスト・リザルトはこちらから!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo