TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#JAPANSWIM2019 7日目決勝結果

夏の世界水泳選手権(韓国・光州)、そしてユニバーシアード競技大会の代表選考会を兼ねた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の最終日が終わりました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

7日間にも及ぶ戦いにも、とうとう終止符が打たれました。


この日最初の決勝種目は、男子1500m自由形。スタートから飛び出したのは、若手の菖池竜輝選手(コナミスポーツ/近畿大学)。日本記録を上回るペースで突っ込みます。

その菖池選手を早々に捉えてトップに立ったのは竹田涉瑚選手(オーエンス)でした。そのまま竹田選手が逃げ切るかと思われましたが、800mで平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)が逆転。じりじりと竹田選手との差を広げていき、平井選手が800m自由形に続いてこの1500m自由形も、15分08秒00で優勝しました!



準決勝で日本記録を樹立した塩浦慎理選手(イトマン東進)が、再度記録更新に挑んだ男子50m自由形。30m過ぎから一気にスピードに乗った塩浦選手がトップでフィニッシュ! 惜しくも日本記録には届かず、それでも21秒73という好タイムで優勝を果たしました!



女子200m背泳ぎは、200m自由形を制して波に乗る白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)が、先行する酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)をラスト50mで逆転! 2分09秒58で2冠達成です!



女子50m平泳ぎ決勝は、この種目の日本記録保持者である鈴木聡美選手(ミキハウス)が、ただひとり30秒台をマークする、30秒88で3連覇です!



混戦が予想されていた男子100mバタフライ決勝。前半を23秒92のトップで折り返したのは、スピードに絶対的な自信を持つ川本武史選手(TOYOTA)。後半、水沼尚輝選手(新潟医療福祉大職員)、小堀勇気選手(ミズノ)、安江貴哉選手(新東工業)、梅本雅之選手(レッドクイーン)らが追い上げていき、ラスト10mで頭ひとつ抜け出したのは、水沼選手でした。51秒43の好タイムをマークして初優勝を飾りました!



女子50m自由形は、100m自由形で2位となった大本里佳選手(イトマン)が、スタートから頭ひとつ抜け出す高いスピードを発揮して、25秒02で日本選手権初優勝です!



男子50m背泳ぎは、100m、200mを制した入江陵介選手(イトマン東進)が24秒95で優勝し、今大会3冠を達成です!



男子400m個人メドレー決勝は、前半から攻めた瀬戸選手が200mを1分59秒55で折り返します。平泳ぎでもそのスピードは衰えず、最後のクロールに入ると周囲との差をさらに広げていきます。結果、4分09秒98で優勝し、200mのバタフライと個人メドレーを合わせて、自身初となる3冠を果たしました!



そして、長い戦いの最後を締めくくるのは、女子400m個人メドレー。大橋悠依選手がバタフライから2位以下に1秒以上の差をつけてターンすると、背泳ぎ、平泳ぎとぐんぐんその差を広げていきます。最後の自由形では、さすがに疲れも見えましたが、ゆったりとした大きな大橋選手らしい泳ぎは健在。4分33秒02で制し、大橋選手は3年連続2冠を達成しました!



大会7日間を通して、日本新記録が2、日本高校新記録が1の、合計3つの新記録が誕生しました。

最後まで全力で戦い抜いた選手たちへのご声援、ありがとうございました!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2019 7日目予選結果

日本代表の選考会を兼ねた、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の7日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

最終日は4種目の予選競技が行われました。

男子50m背泳ぎでは、入江陵介選手(イトマン東進)が25秒37のトップで予選を突破。100m、200mに続く3冠を懸けて決勝に挑みます。


2位通過は松山陸選手(スウィン鷲宮/春日部共栄高)が25秒67で、3位通過は25秒84の金子雅紀選手(イトマン東進)です。

女子50m平泳ぎの予選は、髙﨑有紀選手(KEIO)が31秒24のトップ。2番手にこの種目の日本記録保持者である鈴木聡美選手(ミキハウス)が31秒58で続き、寺村美穂選手(セントラルスポーツ)が31秒62の3位で決勝に進んでいます。


女子400m個人メドレーでは、軽く余力を残しながら泳いだ大橋悠依選手(イトマン東進)が4分42秒33のトップで予選を通過。清水咲子選手(ミキハウス)は4分43秒63の2位で、石井茉宏選手(セントラル上池袋/明治大学)が4分44秒63の3位でそれぞれ決勝進出を決めています。



男子400m個人メドレーの予選は、200mで自己ベストを更新している瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が4分13秒35の1位で決勝に進出。



瀬戸選手に続くのは、4分16秒98の井狩裕貴選手(イトマン近大)、4分17秒17の藤森丈晴選手(ミキハウス)が3位での決勝進出となっています。

最終日の準決勝・決勝競技も、16時00分からスタートです!


最終日の決勝種目は全部で9つ。
最初は竹田涉瑚選手(オーエンス)が連覇、そして日本記録更新を目指す男子1500m自由形。男子50m自由形決勝では、準決勝で日本記録を更新した塩浦慎理選手(イトマン東進)が登場! さらなる記録更新に期待がかかります。


女子200m背泳ぎ決勝では、白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)が200m自由形との2冠達成なるか。または酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が連覇するのかにも注目したいところ。



女子50m平泳ぎは、予選トップの髙﨑選手が鈴木選手らを抑えて優勝できるかどうか。非常に楽しみなレースです。

男子100mバタフライは、準決勝1位の安江貴哉選手(新東工業)を筆頭に混戦必至。最後まで目が離せないレースになることでしょう。

女子50m自由形は、大本里佳選手(イトマン)が準決勝1位の勢いをそのまま持続させて優勝するのか。佐藤綾選手(新潟医療福祉大職員)や青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)のスピードも侮れません。男子50m背泳ぎ決勝では、入江選手が3冠を懸けて臨みます。



男子の400m個人メドレーは、「自己ベストを目指す」と意気込む瀬戸選手が、どんな泳ぎを見せるのかに注目です。


そして、7日間にも及ぶ今大会を締めくくるのは、女子400m個人メドレー。「最後の種目なので、会場を沸かせられるようなレースをしたい」と大橋選手。自己記録更新に挑みます。


世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

#JAPANSWIM2019 6日目決勝結果

夏の世界水泳選手権(韓国・光州)、そしてユニバーシアード競技大会の代表選考会を兼ねた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の6日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日、初日に続く新記録が誕生しました!


男子50m自由形の準決勝。2組目に登場した塩浦慎理選手(イトマン東進)が、22秒00の好記録をマークしていた予選の勢いそのままに、準決勝でもキレのある泳ぎを見せつけて21秒67の日本新記録を樹立! トップで決勝進出を決めました!


「手応えがあったレースでした。決勝は、まず力まずに泳ぐこと。焦らず臨んで、21秒6よりももっと上のタイムを狙います」(塩浦選手)


男子200m背泳ぎ決勝は、砂間敬太選手(イトマン東進)が先行。積極的に攻めて150mまでリードし続けます。この種目の第一人者の入江陵介選手(イトマン東進)は、150mからラストスパート。バサロキックから浮き上がってスピードに乗って砂間選手を逆転。1分55秒79で優勝を果たしました。砂間選手は1分56秒06の、2位ながら派遣標準記録を突破です!



「最後まで自分の泳ぎに集中することができました。後半にテンポを上げていくために、前半は落ち着いて入りました。世界から見ればこの記録はまだまだ戦えません。自分の弱いところを見つめ直して、また練習していきます」(入江選手)


女子800m自由形の決勝は、前半から日本記録を上回るハイペースで小堀倭加選手(セントラル戸塚/日本大学)が攻めていきます。400mを過ぎて疲れが見えた小堀選手を徐々に追い詰め、600mで逆転した難波実夢選手(MGニッシン)が、最後まで力強いキックを維持して8分30秒62で優勝! 400mと合わせて2冠を達成です!


女子200m平泳ぎの決勝では、一定のペースを刻み続ける渡部香生子選手(JSS)が、終始リードを守って優勝! 2分24秒28というタイムには「悔しいです」と話しながらも4年ぶりの優勝に笑顔を見せました。


「レース前、あまり不安はありませんでした。派遣標準記録を切れなかったのは悔しいですけど、良い泳ぎができたと思います」(渡部選手)


女子50mバタフライの決勝は、平山友貴奈選手(茨城競技対策本部)が26秒02の自己ベストで初優勝です!



この日最後の決勝種目は、男子200m平泳ぎ。世界記録保持者の渡辺一平選手(TOYOTA)がスタートから、持ち味の大きな泳ぎで先行してレースを引っ張ります。150mでは世界記録を0秒59も上回るハイペースに、会場から大きな歓声が沸き起こりました。ラスト50m、粘る渡辺選手でしたが、惜しくも自信の世界記録更新はならず。それでも2分07秒02という好記録で初優勝を飾りました!


2位には、ラスト50mで小関也朱篤選手(ミキハウス)を逆転した小日向一輝選手(セントラルスポーツ)が2分08秒57で入って派遣標準記録を突破です!


「50mから150mまでのラップタイムが課題でした。そこはクリアできたと思っています。ですが、世界記録を更新できなかったことは、率直に悔しい気持ちです。ですが、ラスト50mという明確な課題も見つかりましたので、夏に向けてまた練習に取り組んでいきます」(渡辺選手)


女子200m背泳ぎ準決勝は、200m自由形を制して波に乗る白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)が2分09秒93のトップで決勝に進出。


女子50m自由形の準決勝では、200m個人メドレーで世界水泳選手権の代表に内定している大本里佳選手(イトマン)が25秒27のトップ。2番手には世界短水路水泳選手権代表の佐藤綾選手(新潟医療福祉大職員)、3番手は100m自由形で優勝した青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)が続いています。


男子100mバタフライの準決勝は、1位から8位まで1秒差もない接戦。51秒84でトップ通過は安江貴哉選手(新東工業)。世界短水路水泳選手権を経験したことで大きく成長した姿を見せてくれました。2番手は水沼尚輝選手(新潟医療福祉大職員)に、3番手には好調の梅本雅之(レッドクイーン)が入っています。



大会6日目が終了した時点で、新記録は3つ。日本新記録が2つ、日本高校新記録が1つとなりました。


とうとう迎えた最終日。4種目の予選競技、そして午後には9種目もの決勝競技が行われます!

世界を目指す選手たちは、最後の最後まで全力を尽くして戦います! 選手たちへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2019 6日目予選結果

世界水泳選手権とユニバーシアード競技大会、それに世界ジュニア水泳選手権の代表選考会でもある、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の6日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日の予選は6種目。

女子50m自由形は、大本里佳選手(イトマン)が25秒22のトップで予選を通過。世界短水路水泳選手権代表の佐藤綾選手(新潟医療福祉大職員)が25秒56の2番手で、青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)が25秒63の3番手で続いています。



男子50m自由形予選のトップは、昨日の100mで100分の3秒で2位となった塩浦慎理選手(イトマン東進)。22秒00の好タイムをマークしています。松井浩亮選手(新潟医療福祉大職員)が22秒26で2位通過です


女子50mバタフライでは、一度は競技を離れながらもまた競技の世界に戻ってきた黒木満佐子選手(警視庁)が26秒63のトップで予選を通過。平山友貴奈選手(茨城競技対策本部)が26秒70の2番手で、相馬あい選手(中京大学)が26秒84の3番手で決勝に進出しています。

男子100mバタフライ予選を52秒40のトップで通過したのは、世界短水路水泳選手権代表の安江貴哉選手(新東工業)。水沼尚輝選手(新潟医療福祉大職員)が52秒61で続き、52秒64で梅本雅之選手(レッドクイーン)が3位で準決勝に進んでいます。

女子200m背泳ぎでは、200m自由形を制した白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)が2分11秒79の1位で予選を突破。古林毬菜選手(神奈川大学)が2分12秒24で2位通過。2分12秒99の3位で通過したのは小西杏奈選手(サイサン/ガスワン)でした。


そして男子1500m自由形予選では、この種目の第一人者としての実力をつけ始めている竹田涉瑚選手(オーエンス)が、15分12秒48の1位で決勝に進出です。2番手には800m自由形で優勝した平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)、3番手には南出大伸(木下グループ)が続いています。

6日目の準決勝・決勝競技は、16時00分からスタート!
最初の決勝種目は、男子200m背泳ぎ。第一人者の入江陵介選手(イトマン東進)の泳ぎ、記録に注目です。さらに2位で決勝に進んでいる松原颯選手(ANA)や、砂間敬太選手(イトマン東進)らの泳ぎにも注目です。


女子800m自由形決勝では、森山幸美選手(山本光学/SWANS)、難波実夢選手(MGニッシン)、佐藤千夏選手(スウィン大教/早稲田大学)を中心に、1500m自由形を制した小堀倭加選手(セントラル戸塚/日本大学)らが、派遣標準記録突破に挑みます。




女子200m平泳ぎは、渡部香生子選手(JSS)を中心に、若手の浅羽栞選手(VALUE SS/早稲田大学)、今井月選手(コカ・コーラ/東洋大学)、さらにはベテランの鈴木聡美選手(ミキハウス)らが切磋琢磨し、ハイレベルなレースに期待です。




男子200m平泳ぎの決勝では、世界記録誕生なるか?
渡辺一平選手(TOYOTA)が自身が持つ世界記録更新をかけてこの種目に挑みます! その渡辺選手を追いかける小日向一輝選手(セントラルスポーツ)、小関也朱篤選手(ミキハウス)の泳ぎ、そしてタイムにも期待が高まります。



世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

6日目 / 4月7日(日)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

#JAPANSWIM2019 5日目決勝結果

日本一決定戦、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の5日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

徐々に夏の世界水泳選手権(韓国・光州)の代表の内定が出始めた今大会。6日目の今日も好記録、好レースが生まれました!

男子200m個人メドレーでは、瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が前半のバタフライからスピードに乗った泳ぎを披露。スピードは衰えることなく、背泳ぎ、平泳ぎと続くにつれて周囲との差を広げていきます。ラストの自由形も力強い泳ぎで泳ぎ切り、1分56秒69の自己ベストを更新して優勝です!


「自己ベストを狙っていたのですごくうれしいです。波に乗って、最終日の400m個人メドレーも良い泳ぎをしたいと思います」(瀬戸選手)


女子100m自由形は、終始大接戦。ラスト5mでもまだ決着がつかないという見応えのあるレース展開を見せてくれました。そんななか、逆転で勝利をもぎ取ったのは青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)でした。


タイムを並べると、どれだけ激しいレースだったかが分かります。優勝した青木選手は54秒45、2位の大本里佳選手(イトマン)は54秒51と、その差はたったの100分の5秒。さらに同じ100分の5秒差となる54秒56で3位に入ったのは、白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)。4位の五十嵐千尋選手は54秒70、5位の佐藤綾選手(新潟医療福祉大職員)は54秒72。まさに上位選手たちは、誰が勝ってもおかしくないレースでした。



男子100m自由形は、前半を「身体を絞って泳ぎが軽くなった」という塩浦慎理選手(イトマン東進)が23秒04で折り返します。後半に入ると、追い上げが持ち味の中村克選手(イトマン東進)が塩浦選手との差をじりじりと詰めていき、タッチで逆転!
中村選手が48秒55で優勝し、塩浦選手は100分の3秒差の48秒58で2位となりました。3位には、200m自由形を制した松元克央選手(セントラルスポーツ)が入っています。



「夏は前半から攻めること、そして自分に集中することを意識して泳ぎたいと思います。塩浦選手との勝負はとても楽しかったです」(中村選手)


女子200mバタフライも、男女の100m自由形に負けず劣らず接戦の様相を呈しました。前半から攻めたのは長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)。それにぴたりと食らいつくのが、大橋悠依選手(イトマン東進)と牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)。さらに持田早智選手(ルネサンス/日本大学)までもが同じペースで前半を折り返します。


後半、強さを見せてトップを守る長谷川選手は、2分07秒44の派遣標準記録を突破して優勝を果たしました! ラスト50mで一度は長谷川選手を追い詰めた大橋選手は、2分07秒57の2位、そして3位には2分08秒17で牧野選手が入りました。


「昨年のこの試合で悔しいと感じたところから、もっと頑張ろうという気持ちがどんどん上がってきていました。優勝ができてすごくうれしいです」(長谷川選手)


この日は準決勝種目が3つ、そして女子800m自由形の予選が行われました。

男子200m平泳ぎの準決勝は、渡辺一平選手(TOYOTA)が大きな伸びやかな泳ぎながら、高いスピードでペースを刻み、2分09秒36の1位で決勝に進出。2番手には、小日向一輝選手(セントラルスポーツ)が2分10秒24で続き、小関也朱篤選手(ミキハウス)は2分10秒68の3位で決勝に進出しています。




女子200m平泳ぎでは、渡部香生子選手(JSS)が2分25秒32で準決勝とトップで通過。2番手は浅羽栞選手(VALUE SS/早稲田大学)が2分25秒40で、3位は今井月選手(コカ・コーラ/東洋大学)が2分26秒91で続きます。


そして男子200m背泳ぎは、1分58秒27で入江陵介選手(イトマン東進)が1位で、松原楓選手(ANA)が1分58秒99の2位でそれぞれ決勝に駒を進めています。


午前中に行われた女子800m自由形予選は、森山幸美選手(山本光学/SWANS)が8分39秒16の1位で決勝進出。2番手には、高校生の若手難波実夢選手(MGニッシン)が8分39秒89で続きます。8分40秒61で佐藤千夏選手(スウィン大教/早稲田大学)が3位で決勝に進んでいます


大会5日目が終了し、新記録は日本新記録が1つ、日本高校新記録が1つの合計2つは変わらず。
6日目には、6種目の予選競技に4種目の準決勝、そして決勝競技が5種目行われます。世界を目指す選手たちの戦いは、まだまだ続きます! 選手たちへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo