TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

世界短水路選手権【第6日目】

世界短水路選手権6日目が終了しました!
大会最終日もトビウオジャパンが大活躍!銀メダル1つ、銅メダル3つを獲得しました!これで、大会を通して金2、銀2、銅11の合計15個のメダルを獲得し、メダル獲得数はアメリカに次ぐ2位となりました。

女子4×50mフリーリレー、大内紗雪選手、山根優衣選手、青木智美選手、小林明日香選手の4人で8位に入賞。レース後、今大会で現役を退く小林選手は「レースを楽しむことが出来た。」と語りました。
HN1612110552


男子100m自由形では塩浦慎理選手(イトマン東進)が46秒59の日本新記録を樹立し、銀メダルを獲得!優勝までは100分の1秒と惜しかったレースですが、日本の自由形短距離界大きな一歩となりました!
HN1612110112


初代表で女子200m平泳ぎの決勝に進出した石田華子選手(日本体育大)は7位入賞。
HN1612110813


男子200m背泳ぎでは、金子雅紀選手(YURAS)が得意のバサロを生かして、1分49秒18で銅メダルを獲得しました!
HN1612110218


女子100mバタフライでも、好調の池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が自己ベストを大幅に更新して、55秒64の日本新記録で銅メダルを獲得しています!
HN1612111103


男子4×100mメドレーリレー、日本チームは4位でゴールしましたが、アメリカの失格により3位に!古賀淳也選手、山中祥輝選手、川本武史選手、塩浦慎理選手の4人が最後まで集中力を切らさずに挑み、見事銅メダルを獲得しました!
HN1612110346

HN1612110419

大会最終種目、女子4×100mメドレーリレーでは日本記録を更新し、3分50秒28で4位に入賞。平泳ぎを泳いだ寺村美穂選手、バタフライを泳いだ池江璃花子選手は、決勝出場チームの中で最も速いラップで泳ぎ日本チームの勝負強さを見せてくれました!
HN1612110375

(写真提供:PICSPORT)

リオデジャネイロオリンピックが終わり、2020年の東京オリンピックに向けて最初の世界大会となった今大会。
大会を通して、メダル獲得数はアメリカに次ぐ2位と、日本チームの存在感を示すことが出来た大会になりました!
次は2017年世界選手権ブタペストで、世界を相手に戦います!

【第6日目決勝結果】
女子4×50mフリーリレー 決勝

日本 1:39.79⑧
大内紗雪(ダンロップ藤沢) 24.58
山根優衣(セントラルスポーツ) 24.78
青木智美(アリーナつきみ野) 24.95
小林明日香(秋田AC) 25.48

男子100m自由形 決勝
塩浦慎理(イトマン東進) 46.59② 日本新

女子200m平泳ぎ 決勝
石田華子(日本体育大) 2:20.81⑦

男子200m背泳ぎ 決勝
金子雅紀(YURAS) 1:49.18③
松原颯(ANA) 1:52.16⑦

女子100mバタフライ 決勝

池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 55.64③ 日本新

男子4×100mメドレーリレー 決勝
日本 3:24.71③
古賀淳也(第一三共) 50.26
山中祥輝(中京大) 57.57
川本武史(中京大) 50.02
塩浦慎理(イトマン東進) 46.86

女子4×100mメドレーリレー 決勝
日本 3:50.28④ 日本新
諸貫瑛美(スウィン館林) 58.25
寺村美穂(セントラルスポーツ) 1;03.56
池江璃花子(ルネサンス亀戸) 55.43
青木智美(アリーナつきみ野) 53.04

大会6日目の結果はこちらから
13th FINA World Swimming Championships (25m)-Day6

応援ありがとうございました!!
CIMG2366

世界短水路選手権【第5日目】

大会5日目が終了しました!
本日も、リレー種目で述べ3つの日本記録が更新されました!
また、瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が男子400m個人メドレーで大会三連覇を成し遂げています!
HN1612100954

表彰台を狙った、男子4×50mメドレーリレーでは惜しくも4位とメダルを逃しましたが、1分32秒62の日本記録を更新!

女子200m個人メドレー決勝には寺村美穂選手(セントラルスポーツ)が5位、大橋悠依選手(東洋大)が7位に入賞しました。
HN1612100003

男子400m個人メドレーでは、瀬戸大也選手が3分59秒24で大会三連覇を達成!目標としていた世界記録には届きませんでしたが強さを見せました!同レースに出場した藤森丈晴選手(ミキハウス)は自己ベストを更新し7位に入賞。
HN1612100861

HN1612100783

青木智美選手、五十嵐千尋選手、高野綾選手、池江璃花子選手のメンバーで泳いだ、女子4×200mフリーリレーでは7分41秒97の日本記録を達成。チームは5位でしたが、各選手積極的なレースを見せてくれました!
HN1612101171

準決勝種目では、塩浦慎理選手(イトマン東進)が男子100m自由形で日本記録に迫る好記録で泳ぎ、3位で明日の決勝に進出!
HN1612100099

女子100mバタフライでは池江璃花子選手が決勝進出!明日の決勝で個人種目2つ目のメダル獲得を狙います!
HN1612100492

女子50m自由形では惜しくも決勝に駒を進めることは出来ませんでしたが、池江璃花子選手が24秒42の高校新記録、大内紗雪選手(ダンロップ藤沢)が24秒58の自己ベストを更新しました!
HN1612100475

HN1612100133

(写真提供:PICSPORT)

【第5日目決勝結果】
男子4×50mメドレーリレー 決勝

日本 1:32.62④ 日本新
古賀淳也(第一三共) 22.98
山中祥輝(中京大) 26.63
川本武史(中京大) 22.15
伊藤健太(ミキハウス) 20.86

女子200m個人メドレー 決勝
寺村美穂(セントラルスポーツ/日本大) 2:08.47⑤
大橋悠依(東洋大) 2:08.89⑦

男子100m自由形 準決勝
塩浦慎理(イトマン東進) 46.77③

女子100mバタフライ 準決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 56.68③
小林明日香(秋田AC) 58.28⑯

男子50mバタフライ 決勝
川本武史(中京大) 22.84⑧

女子50m自由形 準決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 24.42⑬ 高校新
大内紗雪(ダンロップ藤沢/藤沢市立明治中) 24.58⑮

男子400m個人メドレー 決勝
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大) 3:59.24①
藤森丈晴(ミキハウス) 4:04.90⑦

女子100m平泳ぎ 決勝
寺村美穂(セントラルスポーツ/日本大) 1:05.23⑦

女子4×200mフリーリレー 決勝
日本 7:41.97⑤
青木智美(アリーナつきみ野) 1:56.49
五十嵐千尋(日本体育大) 1:54.93
高野綾(イトマン) 1:56.73
池江璃花子(ルネサンス亀戸) 1:53.82

5日目の結果はこちらから
13th FINA World Swimming Championships (25m)-Day5

世界短水路選手権【第4日目】

大会4日目は昨日の勢いそのままに、メダルラッシュとなりました!
トビウオジャパンが出場した決勝6種目全てでメダルを獲得することが出来ました!

午前中の予選を3位で通過した男子4×50mフリーリレーでは、松井浩亮選手、伊藤健太選手、塩浦慎理選手、古賀淳也選手のメンバーが見事銅メダルを獲得!記録も1分24秒51の日本新記録を樹立しました!
HN1612090463

HN1612090769

続く、女子50mバタフライで池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が100分の1秒の接戦を制し25秒32の日本新記録で銅メダルを獲得しました!
HN1612090588

男子100m個人メドレーでは瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が銀メダル!リレーからわずか10分後のレースにもかかわらず、塩浦慎理選手(イトマン東進)も銅メダルを獲得!トビウオジャパンのダブル表彰台となりました!
HN1612090723

HN1612090118

女子400m自由形でも五十嵐千尋選手(日本体育大)が2年前の雪辱を晴らし、3分59秒41の日本新記録で銅メダルを獲得!ラスト50mは見事なスパートを見せました!
HN1612090951

男子50m背泳ぎでは、古賀淳也選手(第一三共)がスタートから飛び出す貫録のレースで今大会日本チーム第一号となる金メダルを獲得しました!
HN1612091122

HN1612091514

リオデジャネイロオリンピックでもメダルを獲得している、男子4×200mフリーリレーでは小堀勇氣選手、瀬戸大也選手、天井翼選手、松元克央選手がメダリストチームの意地を見せ6分53秒54の日本記録を樹立し、銅メダルを獲得しました!
HN1612091462

男子50mバタフライ準決勝を泳いだ、川本武史選手が7位で決勝進出。
HN1612090821

女子100m平泳ぎ準決勝は寺村美穂選手が1分5秒03の4位で明日の決勝にコマを進めています!
HN1612091193

4日目を終え、トビウオジャパンは金1つ、銀1つ、銅8つの合計10個のメダルを獲得!残り2日、勢いに乗ったトビウオジャパンの活躍に期待です!

(写真提供:PICSPORT)

【第4日目決勝結果】
男子4×50mフリーリレー 決勝

日本 1:24.51③ 日本新
松井浩亮(新潟医療福祉大職員) 21.81
伊藤健太(ミキハウス) 20.96
塩浦慎理(イトマン東進) 20.60
古賀淳也(第一三共) 21.14

女子50mバタフライ 決勝

池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 25.32③ 日本新

男子100m個人メドレー 決勝
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大) 52.01②
塩浦慎理(イトマン東進) 52.17③

男子50mバタフライ 準決勝
川本武史(中京大) 22.74⑦

女子400m自由形 決勝
五十嵐千尋(日本体育大) 3:59.41③ 日本新
高野綾(イトマン) 4:05.95⑧

男子50m背泳ぎ 決勝
古賀淳也(第一三共) 22.85①

女子100m平泳ぎ 準決勝
寺村美穂(セントラルスポーツ/日本大) 1:05.03④
関口美咲(日本体育大) 1:05.94⑮

男子4×200mフリーリレー 決勝
日本 6:53.54③ 日本新
小堀勇氣(ミズノスイムチーム) 1:43.97
瀬戸大也(JSS毛呂山) 1:42.54
天井翼(東洋大) 1:44.11
松元克央(セントラルスポーツ) 1:42.92

4日目の結果はこちらから
13th FINA World Swimming Championships (25m)-Day4

世界短水路選手権【第3日目】

大会3日目が終了しました!

本日は日本記録4つ、高校記録が2つが更新される記録ラッシュとなりました!
まずは朝の予選で、諸貫瑛美選手(スウィン館林)、山中祥輝選手(中京大)、川本武史選手(中京大)、大内紗雪選手(ダンロップ藤沢)の4名でつないだ混合4×50mメドレーリレーで1分40秒47の日本新記録を樹立しました。また、女子50mバタフライでは池江璃花子選手が25秒55の短水路高校新記録を更新しました。

決勝競技のハイライト。
男子200m平泳ぎでは高橋幸大選手(コナミスポーツクラブ)が8位。納得のいく泳ぎとはなりませんでしたが、この悔しさを2017年シーズンに活かします。
HN1612080338

女子100m自由形決勝には池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が登場。惜しくも4位とメダル獲得は逃しましたが、自身の高校記録を塗り替える52秒12の自己ベストで泳ぎました!
HN1612080438

男子100m個人メドレー準決勝では瀬戸大也選手(JSS毛呂山)と塩浦慎理選手(イトマン東進)が1位と2位で決勝進出!明日の決勝にメダル獲得の期待がかかります。
HN1612080025

赤瀬紗也香選手(SA新城)と高橋美紀選手(中京大)の2人が出場した女子200m背泳ぎ。予選から記録を上げることが出来ず悔しさをかみしめていました。
HN1612080227

男子100mバタフライでは川本武史選手が6位。同レースに出場した、Chad le Clos選手(RSA)が48秒08の驚異的な世界新記録を樹立。世界のレベルを肌で感じることが出来たようです。
HN1612080697

男子50m背泳ぎでは古賀淳也選手(第一三共)がただ一人22秒台を記録して1位で決勝進出。記録も22秒81の日本新記録です!
HN1612080119

3日目最終種目の混合4×50mメドレーリレー、古賀淳也選手が22秒74の日本記録を更新しトップで引き継ぐと、山中祥輝選手、池江璃花子選手、大内紗雪選手とつないで1分38秒45の日本新記録を更新し見事銅メダルを獲得しました!
HN1612080935


大会は明日からいよいよ後半戦!本日の勢いそのままに、更なる活躍に期待がかかります!
HN1612081171

(写真提供:PICSPORT)

【第3日目決勝結果】
男子200平泳ぎ 決勝

高橋幸大(コナミスポーツクラブ) 2:05.40⑧

女子100m自由形 決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 52.12④

男子100m個人メドレー 準決勝
瀬戸大也(JSS毛呂山/早稲田大) 52.09①
塩浦慎理(イトマン東進) 52.35②

女子200m背泳ぎ 決勝
赤瀬紗也香選手(SA新城/日本体育大) 2:05.02⑦
高橋美紀選手(中京大) 2:06.29⑧

男子50m自由形 準決勝
伊藤健太(ミキハウス) 21.65⑬

女子50mバタフライ 準決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 25.63⑤

男子100mバタフライ 決勝
川本武史(中京大) 50.37⑥

女子100m個人メドレー 準決勝
大橋悠依(東洋大) 1:00.93⑭

男子50m背泳ぎ 準決勝
古賀淳也(第一三共) 22.81① 日本新
金子雅紀(YURAS) 23.65⑬

混合4×50mメドレーリレー 決勝
日本 1:38.45③ 日本新
古賀淳也(第一三共) 22.74 日本新
山中祥輝(中京大) 26.48
池江璃花子(ルネサンス亀戸) 24.89
大内紗雪(ダンロップ藤沢) 24.34

3日目の結果はこちらから
13th FINA World Swimming Championships (25m)-Day3

世界短水路選手権【第2日目】

世界短水路選手権大会2日目が終了しました。

午前中の予選競技で、塩浦慎理選手(イトマン東進)、伊藤健太選手(ミキハウス)、大内紗雪選手(ダンロップ藤沢)、青木智美選手(アリーナつきみ野)の4名が混合4×50mフリーリレーに出場し、1分32秒05の日本新記録を樹立!今大会トビウオジャパンとして初めての日本記録更新です!

2日目の決勝競技1種目目は女子4×50mメドレーリレー。惜しくも日本記録更新とはなりませんでしたが、諸貫選手、寺村選手、小林選手、大内選手とつなぎ7位に入賞しました。
HN1612070526

男子100m背泳ぎでは、古賀淳也選手(第一三共)が4位に入りました。メダルには届きませんでしたが、スタートの飛出しは群を抜いています。得意の50m背泳ぎに期待ができそうです!
HN1612070611

女子200mバタフライの中野未夢選手(東洋大)は序盤から上手く流れに乗れず8位に終わりました。しかし、久々の国際大会で4月の日本選手権に向けて課題が見つかったようです。
HN1612070668

女子100m自由形準決勝では、昨日のリレーでベスト記録を更新している池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が3位で順当に決勝進出。明日の決勝では、同学年の五輪チャンピオンPenny Oleksiak選手(CAN)との勝負に挑みます!
HN1612071046

男子100mバタフライでは川本武史選手(中京大)が決勝に進出!決勝で日本記録を狙います。
HN1612070329

混合4×50mフリーリレーでは予選からメンバーを入れ代え、塩浦選手、伊藤選手、大内選手、池江選手の4人で泳ぎ、予選の日本記録を上回る1分30秒95で5位に入っています!
HN1612071309

(写真提供:PICSPORT)

明日以降、さらなるメダル獲得、自己ベスト更新を目指して頑張っていきます!

【第2日目決勝結果】
女子4×50mメドレーリレー 決勝

日本 1:47.90 ⑦
諸貫瑛美(スウィン館林) 26.96
寺村美穂(セントラルスポーツ) 30.02
小林明日香(秋田AC) 26.07
大内紗雪(ダンロップ藤沢) 24.85

男子100m背泳ぎ 決勝
古賀淳也(第一三共) 50.21④

女子200mバタフライ 決勝
中野未夢(東洋大) 2:09.42⑧

女子100m自由形 準決勝
池江璃花子(ルネサンス亀戸/淑徳巣鴨高) 52.47③

男子100mバタフライ 準決勝
川本武史(中京大) 50.54⑧

混合4×50mフリーリレー 決勝

日本 1:30.95⑤ 日本新
塩浦慎理(イトマン東進) 21.32
伊藤健太(ミキハウス) 21.07
大内紗雪(ダンロップ藤沢) 24.70
池江璃花子(ルネサンス亀戸) 23.86

2日目の結果はこちらから
13th FINA World Swimming Championships (25m)-Day2

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo