TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#FINA世界選手権 3日目決勝結果

第19回FINA世界選手権の3日目決勝競技が終了! 世界は進み、動き続けていることが良く分かるレースが続いています。
写真提供:@photokishimoto
Instagram @tobiuo_japan

全体5位で女子100m平泳ぎ決勝に進出していた青木玲緒樹選手。「前半どこまで食らいつけるか」と、攻めつつも焦らず落ち着いた泳ぎで30秒65の3番手でターン。後半、各国の強豪たちが追い上げてくるなかで青木選手も負けじと粘り、1分06秒38で5位入賞を果たしました!

「後半に勝負を懸けようと思ったことで、少し力んでしまいました。残りのレースでは、きちんと自分の泳ぎができるように準備していきます」(青木)



男子100m背泳ぎに専念して今大会に乗り込んできた入江陵介選手。予選、準決勝と良い感覚でタイムを上げてきただけに、決勝も記録を上げていきたいところ。「25秒6で入って後半勝負したい」という言葉通り、前半の50mを26秒67でターン。後半も入江選手らしいスムーズな泳ぎでスピードを上げていき、52秒83でフィニッシュ。7位入賞を果たしました!

「周りに惑わされることなく落ち着いてレースができましたし、今の力は出し切れました」(入江)



この日は本多灯選手と寺田拓未選手が男子200mバタフライの準決勝に出場。予選3番手で通過していた本多選手は、準決勝でも本多選手らしい後半の強さを見せて1分54秒01の自己ベストに近い好タイムをマークして全体2位で決勝へ。



寺田選手も小気味良いテンポでレースを展開。後半は粘りの泳ぎを見せましたが、1分56秒07の全体13位で惜しくも決勝に進むことができませんでした。



ほかでは男子200m自由形の決勝で、POPOVICI David(ルーマニア)が1分43秒21の世界ジュニア新記録で優勝。さらに男子100m背泳ぎでは、イタリアのCECCON Thomasが51秒60と、MURPHY Ryan(アメリカ)が持っていた従来の51秒85を超える世界新記録で優勝! そのMURPHYも51秒97とベスト近くのタイムだっただけに、男子の背泳ぎは非常にハイレベルなレースが展開されました。

大会前半戦の締めくくりとなる4日目。選手たちの熱い泳ぎに期待しましょう!
全力を賭して世界と戦う選手たちへのご声援、引き続きよろしくお願いします!!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選・決勝の全レースはABEMAで独占配信中!

決勝は地上波でも生中継! 放送予定はこちら!

#FINA世界選手権 2日目決勝結果

世界記録に迫るレースや世界ジュニア新記録など、若手の台頭も目立つ第19回FINA世界選手権の2日目の決勝競技が終了しました!
写真提供:@photokishimoto
Instagram @tobiuo_japan

昨日の準決勝後、「この種目に懸けて、あと1本全力で臨みたい」と話していた大本里佳選手が、女子200m個人メドレー決勝に出場。
リラックスした笑顔で入場。「後半を恐れずバタフライから攻めることができた」との言葉通り、バタフライを2番手で折り返す攻めたレースを見せます。最後の自由形で「真ん中のトップ争いをしている選手たちが見えたので何とか食らいつきたかった」と粘りの泳ぎで2分10秒01の4位入賞を果たしました!



この日、チームJAPANが出場した準決勝種目は3つ。
男子100m背泳ぎを2番手で準決勝に進んでいた入江陵介選手は、きっちり52秒台にタイムを乗せて52秒85の全体7位で決勝進出を決めました!



女子100m平泳ぎの予選ではスタート後に手が離れてしまうというアクシデントもあった青木玲緒樹選手でしたが、16番手で準決勝に進出。その準決勝では落ち着いたレースを展開し、1分06秒07をマークして全体5位で決勝へ!



男子200m自由形で決勝進出を懸けて臨んだ松元克央選手は、ラスト50mで得意の追い上げを見せますがあと一歩届かず。1分46秒63で全体の12位となり、残念ながら準決勝敗退となりました。



また午前中には女子1500m自由形予選が行われ、難波実夢選手が出場。落ち着いてペースを刻み続け、16分20秒45の全体10位という結果となりました。
「決勝に行けなかったのは残念ですけど、気持ちを切り替えてリレーも自分ができることをやっていきたいと思います」(難波)



大会も徐々に盛り上がりを見せてきました。3日目も選手たちの熱い泳ぎに期待しましょう!
世界と全力を賭して戦う選手たちへのご声援、よろしくお願いします!!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選・決勝の全レースはABEMAで独占配信中!

決勝は地上波でも生中継! 放送予定はこちら!

#FINA世界選手権 1日目決勝結果

5年ぶりにハンガリー・ブダペストに帰ってきた第19回FINA世界選手権。その初日の競技が終了しました!
写真提供:@photokishimoto
Instagram @tobiuo_japan

初日の決勝種目は少ないなか、男子400m個人メドレーの予選を本多灯選手が6位で、瀬戸大也選手が4位でそれぞれ決勝に進出。夜の決勝では、本多選手が前半から攻めてトップでバタフライをターン。瀬戸選手もそれに続きたかったところでしたが、なかなかスピードが上がらず苦戦を強いられます。最後、身体がきついところで粘りを見せますが、瀬戸選手が4分11秒93の6位、本多選手が4分12秒20の7位でそれぞれ入賞を果たしました。





女子200m個人メドレーの準決勝には、予選を8位で通過した大本里佳選手と12位通過の大橋悠依選手が出場。予選で前半のスピードを確かめた大本選手は、準決勝はバタフライから快調に飛ばし、2分10秒65の7位で決勝進出を決めました! 大橋選手は2分12秒05の13位という結果でした。





男子100m平泳ぎの準決勝は武良竜也選手が決勝進出にチャレンジ。前半は落ち着いて入り、後半にその溜めた力を一気に爆発。予選よりもきっちりタイムを上げて、59秒64をマークするも惜しくも10位となり決勝進出はなりませんでした。



そのほか男子50mバタフライ予選では水沼尚輝選手が23秒60の20位、女子400m自由形予選は難波実夢選手が4分08秒07の9位、小堀倭加選手が4分08秒55の11位という結果でした。







大会もスタートしたばかり。2日目も選手たちの熱い泳ぎに期待しましょう!
世界と全力を賭して戦う選手たちへのご声援、よろしくお願いします!!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選・決勝の全レースはABEMAで独占配信中!

決勝は地上波でも生中継! 放送予定はこちら!

#日本選手権 4日目決勝結果

連日好記録、好レースが続く第98回日本選手権水泳競技大会 競泳競技も、最終日を迎えました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

男子100mバタフライは水沼尚輝選手(新潟医療福祉大学職員)が、予選から51秒台をマーク。決勝もその安定感は健在。後半一気に抜け出して51秒23で優勝を飾りました!
松元克央選手(ミツウロコ/三菱養和SS)は51秒85で3位に入っています。



男子200m平泳ぎでは、最後まで接戦が繰り広げられました。そのラスト、持ち味の後半の強さを見せた花車優選手(キッコーマン)が2分09秒37で、日本選手権初優勝を果たしました!
武良竜也選手(ミキハウス)は2分09秒68の3位となりました。



この日は女子50m自由形と100mバタフライの2種目に出場した池江璃花子選手(ルネサンス/日本大学)。50m自由形ではラスト15mで抜け出して24秒78の日本学生新記録を樹立して優勝!
100mバタフライは58秒82の4位でしたが、今大会は50mバタフライ、50m、100m自由形で日本学生新記録を樹立して3冠を果たしました。



ほか女子1500m自由形は森山幸美選手(SWANS)が16分22秒24で優勝。男子800m自由形は黒川紫唯選手(近畿大学/富田林イトマン)が7分55秒09で竹田涉瑚選手(オーエンス)との接戦を制し、400mに続いて2冠です。





男子50m自由形は塩浦慎理選手(イトマン東進)が22秒14で、女子200m背泳ぎは後半一気に追い上げて逆転した成田実生選手(金町SC)が2分10秒45で優勝です。





6人が一気になだれ込んできた男子200m背泳ぎは、高校生の竹原秀一選手(はるおか赤間/東福岡高校)が1分58秒72で逃げ切って初優勝を果たします。女子100mバタフライは牧野紘子選手(あいおいニッセイ/東京ドームS)が58秒28で優勝。女子200m平泳ぎは今井月選手(東京ドームS/東洋大学)が2分25秒18で初優勝を飾りました。







これで4日間の日本選手権が終了。トビウオジャパンの面々は、これから合宿をスタートさせて6月のFINA世界選手権に向かいます!

全力を賭して戦った選手たちへの応援、ありがとうございました!

世界に向けて羽ばたく選手たちへのご声援、引き続きお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選とB決勝は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

#日本選手権 3日目決勝結果

第98回日本選手権水泳競技大会 競泳競技も3日目の競技を終えました! トビウオジャパンの選手たちは、世界と戦うための課題を見つけられるようなレースができたようです。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子800m自由形は小堀倭加選手(セントラル戸塚/日本大学)が「後半も大きな泳ぎを心がけた」と、後半からじりじりとペースを上げていく得意なネガティブスプリットで8分32秒06で優勝を果たします!



100mを制した入江陵介選手(イトマン東進)は、50mでもその高いスピードを発揮。スタートこそ少し遅れましたが、最後のひと伸びはさすが。24秒83で優勝して2冠達成です!



女子200mバタフライは、今シーズンに入って高い安定感を見せている林希菜選手(イトマン/同志社大学)が、他に惑わされずに自分のペースを刻み、2分08秒28で優勝です! 水口知保選手(セントラル目黒/明治大学)は2分10秒45の5位となっています。



男子200mバタフライでは、メダリストの本多灯選手(日本大学/ATSC.YW)がラスト50mで一気に抜け出す強さを見せて、1分54秒72で優勝! 寺田拓未選手(ミキハウス)も1分56秒73で2位と、トビウオジャパンがワンツーです。



女子200m個人メドレーは、こちらもメダリスト大橋悠依選手(イトマン東進)が最後の自由形で先行する選手たちを逆転。2分10秒70のタイムで優勝です!
前半リードを奪った大本里佳選手(ANA)は、2分11秒64で3位です!




この日は新記録も誕生!
女子100m自由形で、池江璃花子選手(ルネサンス/日本大学)が50mを折り返してからスルスルと抜け出して、53秒83の日本学生新記録を樹立しての優勝です!



ほか、女子50m背泳ぎは高橋美紀選手(林テレンプ)が28秒40で、男子400m自由形は接戦を黒川紫唯選手(近畿大学/富田林イトマン)が3分50秒41で、男子200m個人メドレーを小方颯選手(イトマン港北/日本大学)が1分58秒12でそれぞれ制しました。







『日本一決定戦』日本選手権も残すところあと1日!
最終日も全力を尽くす選手たちへのご声援、お願いいたします!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

予選とB決勝は日本水泳連盟公式YouTubeチャンネルで放送しています!

決勝はNHKで生中継です!
●5月1日(日)
16:00~18:00

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo