TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#トビウオジャパン インカレ3日目が終了

日本の大学生スイマーの祭典、第93回日本学生選手権水泳競技大会(インカレ)もすべての競技が終了しました。
写真提供:小林洋
Instagram @tobiuo_japan

疲れがたまっているとはいえ、チームを勝利に導くために選手たちは最後の力を振り絞ります。

女子800m自由形でユニバーシアード競技大会代表の森山幸美選手(日本体育大)が8分33秒63で優勝すると、同じく代表の仲家槙吾選手(明治大)が15分09秒26で男子1500m自由形を制します。



女子400m個人メドレーは、大橋悠依選手(東洋大)が4分36秒48の大会新記録で200mに続いて制して2冠。2位には露内若葉選手(東洋大)が入りました。女子100m自由形は五十嵐千尋選手(日本体育大)が55秒22で、こちらも200mと合わせて2冠を達成します。



男女の100m背泳ぎは小西杏奈選手(中京大)と宇野柊平選手(中京大)の、ユニバーシアード競技大会代表の中京大コンビが制しました。



女子200m平泳ぎは渡部香生子選手(早稲田大)が2分24秒22で優勝し、ユニバーシアード競技大会と同じく、100mと合わせて個人種目2冠。男子200m平泳ぎも同じ早稲田大の渡辺一平選手が2分09秒26で優勝し、こちらも2冠を果たしました。



大会を締めくくる4×200mリレー。
女子は第1泳者の大橋選手が1分58秒85という好タイムをマークして飛び出した東洋大が8分02秒55で優勝を果たし、男子は松元克央選手が第1泳者で1分47秒69で泳ぎ、そのまま最後まで明治大が逃げ切って7分15秒39で優勝しました。



この結果、男子総合優勝は明治大が3連覇、女子総合優勝は日本体育大が2年ぶりの優勝を果たしました。



大学生たちの祭典は終わりを告げましたが、9月15日からは愛媛国体がスタート。選手たちの夏は、まだまだ終わりません! これからもご声援、よろしくお願いします!

大会公式HPはこちら

得点一覧はこちら

リザルトはこちら

#トビウオジャパン インカレ1日目が終了

世界の大学生たちの祭典が終わったばかりですが、9月1日からは日本の大学生たちの祭典、第93回日本学生選手権水泳競技大会(インカレ)がスタートしました!
写真提供:小林洋
Instagram @tobiuo_japan



ユニバーシアード競技大会で活躍した大学生スイマーたちも、帰国後間もないなか参戦。それぞれが自分たちの母校のために、チームのために、全力を尽くします。

最初の決勝種目であった50m自由形。男子は中尾駿一選手(岡山大)が出場し、22秒02の大会新記録で優勝。


男子200mバタフライは、ユニバーシアードで1分53秒90で優勝した幌村尚選手(早稲田大)と、4連覇を懸けた先輩の坂井聖人選手(早稲田大)との対戦に注目が集まります。最後の最後まで接戦となり、0秒09差で優勝をもぎ取ったのは坂井選手。1分54秒54で優勝し、幌村選手は1分54秒63の2位となりました。


そして、ユニバーシアードで2冠を果たした渡部香生子選手(早稲田大)は、100m平泳ぎで1分07秒79で優勝。表彰式直後には、女子4×100mリレーのB決勝に出場し、こちらでもチームに貢献する泳ぎを見せてくれました。


男子100m平泳ぎでは、世界水泳選手権の200m平泳ぎ銅メダリストの渡辺一平選手(早稲田大)が59秒87で優勝しました。


女子4×100mリレーは、大橋悠依選手(東洋大)が第1泳者で55秒11という好タイムをマークし、そのリードを守りきった東洋大が3分43秒01で優勝。


男子4×100mリレーでは、世界水泳選手権とユニバーシアードに出場した松元克央選手が第2泳者で泳いだ明治大が3分17秒32の大会新記録で優勝しました。


明日も大阪・東和薬品ラクタブドームで熱戦が繰り広げられます! 大学生スイマーたちにご声援をお願いします!

大会公式HPはこちら

得点一覧はこちら

リザルトはこちら

ユニバーシアード競技大会8日目OWS結果

IMG_1357
ユニバーシアード競技大会最終日はOWSレースが行われました。


高水温が予想された為、レース時間が当初の予定から変更となり朝6時のスタートとなりました。
IMG_1350

水温29℃の中、レースが行われました。
jpg4

jpg3

jpg2

FullSizeR

29℃といえども10km泳ぐ選手にとっては高水温で、非常に過酷なレースとなりました。

男子は序盤は先頭集団で泳いでおりましたが、今年の世界選手権競泳1500m優勝者のパルトリニエリ選手(イタリア)が飛び出すと付いていくことができず、野中選手は8位、青木選手は14位でゴールしました。

女子はレース後半まで森山選手が引っ張りましたが、最後のスパートで先頭集団が縦長になり、最後は7位でゴール。新倉選手は12位でゴールしました。

過去の大会と比べても海外の出場選手のレベルが上がっていると共に、競泳トップ選手の積極的な参入が見られ、今後より一層レースの高速化が予測される大会となりました。

OWSレースでユニバーシアード競泳全種目が終了致しました。
IMG_1352

応援の程ありがとうございました。

ユニバーシアード競技大会7日目決勝結果

ユニバーシアード競技大会7日目決勝結果は以下の通りとなります。

☆50m自由形
岡野圭穂 25-29 5位
五十嵐千尋 25-47 8位
☆50m自由形
中村克 22-05 2位銀メダル獲得
☆400m個人メドレー
瀬戸大也 4-11-98 1位金メダル獲得 大会新
萩野公介 4-15-44 2位銀メダル獲得
☆4×100mメドレーリレー
4-00-24 1位金メダル獲得
小西杏奈、渡部香生子、平山友貴奈、五十嵐千尋
☆4×100mメドレーリレー
3-34-88 3位銅メダル獲得
萩野公介、毛利衛、小堀勇氣、中村克

金メダル
・400m個人メドレー 大橋悠依
・200m個人メドレー 萩野公介
・100m平泳ぎ 渡部香生子
・200m個人メドレー 大橋悠依
・200mバタフライ 幌村尚
・200m平泳ぎ 渡部香生子
・400m個人メドレー 瀬戸大也
・男子4×200mフリーリレー
松元克央、坂田怜央、小堀勇氣、萩野公介、陶山周平、瀬戸大也
・女子4×100mメドレーリレー
小西杏奈、渡部香生子、青木玲緒樹、平山友貴奈、五十嵐千尋、岩本愛結

銀メダル
・100m背泳ぎ 萩野公介
・100m平泳ぎ 青木玲緒樹
・200m個人メドレー 瀬戸大也
・200mバタフライ 瀬戸大也
・50m自由形 中村克
・400m個人メドレー 萩野公介

銅メダル
・50mバタフライ 平山友貴奈
・100m背泳ぎ 小西杏奈
・100m自由形 中村克
・女子4×200mフリーリレー
五十嵐千尋、大本里佳、露内若葉、大橋悠依、長谷川鼓
・男子4×100mメドレーリレー
萩野公介、宇野柊平、毛利衛、武良竜也、小堀勇氣、幌村尚、中村克、松元克央


以上の結果でユニバーシアード競技大会は終了致しました。
応援ありがとうございました。

IMG_0508


IMG_0506


IMG_0504


IMG_0505


IMG_0507


IMG_0502


IMG_0510



ユニバーシアード競技大会の結果はこちら

ユニバーシアード競技大会7日目予選結果

ユニバーシアード競技大会7日目の予選結果は以下の通りです。

・400m自由形
五十嵐千尋 4-13-32 9位
露内若葉 4-16-70 16位
・400m個人メドレー
瀬戸大也 4-17-71 2位決勝進出
萩野公介 4-18-64 6位決勝進出
・女子4×100mメドレーリレー
4-04-41 2位決勝進出
小西、青木、平山、岩本
・男子4×100mメドレーリレー
3-39-22 8位決勝進出
宇野、武良、幌村、松元

あとは午後の決勝を残すのみ。
引き続き応援よろしくお願いします。

ユニバーシアード競技大会の結果はこちら

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo