TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#JAPANSWIM2019 5日目予選結果

夏の国際大会の代表選考会を兼ねた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の5日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日の予選は4種目行われました。

男子200m背泳ぎ予選。準決勝に向けて軽く感触を確かめながらのレースで、2分00秒22で入江陵介選手(イトマン東進)がトップで準決勝に進出。


2番手は高校3年生の松山陸選手(スウィン鷲宮/春日部共栄高校)が2分00秒62で続きます。高校1年生の西小野皓大選手(メルヘン鹿屋)も2分01秒40で準決勝に進んでおり、高校生選手の活躍にも期待です。

女子200m平泳ぎの予選をトップで通過したのは、渡部香生子選手(JSS)。2分28秒53で泳ぎ、準決勝ではさらにタイムを上げて決勝に備えたいと話していました。

2位通過は、2分28秒67の鈴木聡美選手(ミキハウス)。3番手には石田華子選手(木下グループ)が2分28秒73で続きます。


男子200m平泳ぎ予選を2分11秒79でトップ通過したのは、小日向一輝選手(セントラルスポーツ)。2分11秒86の2位で準決勝に進んだ荒井悠太選手(アクラブ稲城/八王子高校)は、この種目の準決勝で唯一の高校生。

注目の渡辺一平選手(TOYOTA)は2分12秒01の4位で、小関也朱篤選手(ミキハウス)は2分12秒23の8位で準決勝に進んでいます。



5日目の準決勝・決勝競技は、16時00分からスタート!
最初の男子200m個人メドレーでは、瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が記録をどこまで伸ばすのかに注目です!


4×100mリレーの選考も懸かる男女の100m自由形では、女子の1位通過である大本里佳選手(イトマン)、男子の1位通過の中村克選手(イトマン東進)を中心としたレースが予想されます。果たして何人が派遣標準記録を突破するのか。スピードスターたちのレースに期待しましょう。



そして女子200mバタフライ決勝は、準決勝で好調な泳ぎを見せた長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が、自己ベストを目指して決勝レースに臨みます。

さらに個人メドレー覇者の大橋悠依選手(イトマン東進)、100mを制した牧野紘子選手、昨年のパンパシフィック水泳選手権メダリストの持田早智選手(ルネサンス/日本大学)とスターが勢揃いのこの種目。フィニッシュまで目が離せません!




世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

5日目 / 4月6日(土)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

6日目 / 4月7日(日)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

#JAPANSWIM2019 4日目決勝結果

日本一決定戦、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の4日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

後半戦に入った今大会。この日も世界水泳選手権(韓国・光州)の代表内定選手が誕生しました。


男子200mバタフライで、12月の世界短水路水泳選手権(中国・杭州)で短水路世界記録を樹立した瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が、ラスト50mで実力を見せての1分54秒44で4回目の優勝を果たしました!


「目標の自己ベストが出せなかったのは残念ですが、優勝は3年ぶりなのでうれしいです。前半から攻めても、後半良い泳ぎをすることを心がけて、これからのレースもこなしていきたいです」(瀬戸選手)


女子50m背泳ぎでは、100mを制した酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が「スタートと浮き上がりは決まりました」と28秒18で優勝。今大会2冠です!


「泳ぎがまだ決まった感じがないので、200mまでに修正していきたいです。あとは気持ちが大事になると思うので、200mでは思い切って前半から攻めたいと思います」(酒井選手)


男子800m自由形は、前半は江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)と吉田啓祐選手(日本大学)が引っ張る展開になります。後半、400mを過ぎてじりじりとふたりとの差を詰めてきたのは平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)。平井選手はラスト100mで一気にスパートをかけて、ラスト50mで抜け出してフィニッシュ! 7分55秒85でこの種目初優勝です!


この日行われた準決勝は4種目。

男子100m自由形は、この種目の日本記録保持者である中村克選手(イトマン東進)がただひとり48秒台で泳ぐ、48秒44のトップで決勝に進出。2番手には、中村選手とともに長く自由形短距離を牽引している塩浦慎理選手(イトマン東進)が、49秒03で続きます。決勝でもこのふたりの優勝争いに注目です。



女子200mバタフライでは、長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が好調さをアピールする2分07秒21という好記録で準決勝をトップで突破。明日の決勝では「2分06秒5を目標」にと気合い十分。


2分09秒36の2番手で決勝に進んだのは大橋悠依選手(イトマン東進)。3番手には、持田早智選手(ルネサンス/日本大学)が2分09秒39で続き、100mで優勝した牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)は2分09秒52の4位で決勝に進みました。




女子100m自由形は、200m個人メドレーで世界水泳選手権の内定を手にした大本里佳選手(イトマン)が54秒34の自己ベストに近い好タイムで決勝に1位で進出。世界短水路水泳選手権代表の佐藤綾選手(新潟医療福祉大職員)が54秒65の2位、3位には青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)が54秒70で続いています。


そして男子200m個人メドレーでは、200mバタフライで優勝したばかりの瀬戸選手が、1分58秒44のトップで決勝に駒を進めています。溝畑樹蘭選手(コナミスポーツ/明治大学)が1分59秒79の2位で、藤森丈晴選手(ミキハウス)は1分59秒98の3位でそれぞれ準決勝を突破しています。



大会4日目が終了し、新記録は日本新記録が1つ、日本高校新記録が1つの合計2つ。
予選競技が4種目、準決勝が3種目、決勝競技が4種目行われる5日目。世界を目指す選手たちの戦いは、まだまだ続きます! 選手たちへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2019 4日目予選結果

7日間の日程で行われている第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)。中間4日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

予選競技は、全部で5種目。

女子50m背泳ぎは、昨日100m背泳ぎで優勝した酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が28秒53のトップで決勝に進出。2位は高橋美紀選手(林テレンプ)が28秒67で、28秒68の3番手には諸貫瑛美選手(ミキハウス)が続いています。
あっという間のスピード勝負。優勝者には、日本記録に迫る泳ぎに期待です!


女子100m自由形予選では、200m個人メドレーの代表権を獲得して好調の大本里佳選手(イトマン)が55秒03のトップ。


200m自由形で優勝した白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)は、55秒21の2位で準決勝に進みます。3番手には新潟医療福祉大職員の佐藤綾、位五十嵐千尋(T&G/JSS)、青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)と続いています。



男子100m自由形は、日本記録保持者の中村克選手(イトマン東進)が余裕を持った泳ぎで49秒30の1位で準決勝へ。予選から上位8人が49秒台と、男子自由形短距離のレベルが上がってきていることを見せつけてくれました。

男女ともにリレーの選考も懸かったレースだからこそ、準決勝でどんな泳ぎをして、どんなタイムで決勝に挑むのか。そのあたりにも注目してください!

女子200mバタフライの予選では、長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が2分09秒22と、予選から軽く泳いで2分10秒を切る記録をマーク。


長谷川選手に続くのは、2分10秒10の持田早智選手(ルネサンス)。100mで優勝した牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)は3位、大橋悠依選手(イトマン東進)が4位でそれぞれ準決勝に進んでいます。




そして男子200m個人メドレーでは、瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が余力を残したレースで2分00秒57のトップで予選を突破。2位には、大学生になったばかりの井狩裕貴選手(イトマン近大)が続き、藤森丈晴(ミキハウス)、溝畑樹蘭(コナミスポーツ/明治大学)と続いています。


4日目の準決勝・決勝競技は、16時00分からスタート!
女子50m背泳ぎでは、27秒台に突入する記録での優勝に期待。男子200m個人メドレーでは、短水路世界記録保持者となった瀬戸選手の泳ぎに注目! 2番手争いからも目が離せないレースです。


男子800m自由形の決勝は、若手の吉田啓祐選手(日本大学)がベテランの平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)、江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)、竹田涉瑚選手(オーエンス)らに挑みます。




4日目の決勝競技は、全部で3種目。世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

4日目 / 4月5日(金)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

5日目 / 4月6日(土)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

6日目 / 4月7日(日)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

#JAPANSWIM2019 3日目決勝結果

日本一決定戦、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の3日目が終了。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

3日目にも、韓国・光州で行われる世界水泳選手権の代表内定選手が誕生です!


男子200m自由形の決勝は、4×200mリレーのメンバー選考もかかる大事なレース。そんなプレッシャーのなか、50mをターンしてからするすると松元克央選手(セントラルスポーツ)が抜け出します。150mを1分18秒90でターンすると、さらにそこからラストスパートをかけて一気に他を引き離してフィニッシュ! 1分45秒63の派遣標準記録を突破する自己ベストでこの種目2連覇を達成です!


「派遣標準記録が切れて安心する気持ちと、自己ベストも出せてうれしい気持ちもたくさんあります。昨年、100mから150mまでのラップタイムが遅いと感じていたので、そこを意識して練習してきました。その成果が出たと思います」(松元選手)


続く決勝種目は、女子1500m自由形。スタートから積極的な飛び出しを見せたのは小堀倭加選手(セントラル戸塚/日本大学)。前半の800mを自己ベストからプラス6秒というハイペースで折り返してもなお、スピードは衰えません。疲れが出始める1000mを過ぎても粘る小堀選手は、最後までトップを守りきって16分11秒00の自己ベストでこの種目初優勝です!


「800mもベストラップでしたし、前半から勇気を持っていけました。途中から森山(幸美・山本光学/SWANS)選手が追い上げてきて苦しかったですけど、優勝したいという気持ちで粘ることができました」(小堀選手)


男子50m平泳ぎの決勝は、100mを制したスピードが持ち味の小関也朱篤選手(ミキハウス)が、27秒01で実力を見せつける優勝を果たします。


女子100m背泳ぎでは、酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が前半から積極的なレースを展開。59秒98で、酒井選手がただひとり1分を切るタイムをマークして優勝しました!


男子100m背泳ぎは、この種目の第一人者であり、長く日本代表を牽引し続けている入江陵介選手(イトマン東進)が53秒53で、この種目8回目の優勝です!


「納得いくタイムではありませんが、悪かったところはしっかりと反省して、次の200mに生かせるように準備していきます」(入江選手)


男子と同様に、4×200mリレーの選考のかかる女子200m自由形決勝。前半を56秒74というハイペースで折り返した白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)は、苦しいところでもしっかり粘りを見せて1分57秒16で初優勝を果たしました!


「もう少しタイムは出したかったですけど、優勝できて良かったです。まずは1分56秒台を出せるようにして、それを安定させて、さらに1分55秒台を狙っていけるように練習していきます」(白井選手)


この日最後の決勝種目である女子100m平泳ぎ。最初から接戦は予想されていましたが、ラスト25mで関口美咲選手(木下グループ)、鈴木聡美選手(ミキハウス)、深澤舞選手(新潟医療福祉大)、寺村美穂選手(セントラルスポーツ)、青木玲緒樹選手(ミズノ)の5人が、まさに横一線となる展開に。

タッチ差の勝負を制したのは、関口選手。1分07秒70で涙の初優勝です! 2位は、100分の5秒差の1分07秒75で鈴木選手が入りました。


「周りは意識せず、自分のペースで泳ごうと思っていて、そのとおりにいけたと思います。辛いときもありましたが、そんなときにたくさんの人が私を支えてくれました。支えてくれた人たちに、こうして結果で恩返しできて良かったです」(関口選手)


この日唯一の準決勝種目だった男子200mバタフライは、12月の世界短水路水泳選手権で世界記録ホルダーとなった瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が1分55秒07のトップ通過。2位は田中大貴選手(山梨学院大学)が1分57秒07で続き、大阪将史選手(ダッシュ新潟)が1分57秒10で3位で決勝進出です。8位の矢島優也選手(全日空商事/スウィン大宮)が1分57秒33と、2位以下は大混戦の様相を呈しています。


3日目が終了し、新記録は初日の日本新記録が1つのままですが、夏の世界水泳選手権の代表が徐々に決まり始めています。後半戦のスタートとなる4日目には5種目の予選競技、そして3種目の決勝競技が行われます。激しくなる代表権争いに注目しましょう!



スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2019 3日目予選結果

韓国・光州で開催される世界水泳選手権の代表選考会を兼ねた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の3日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

この日の予選は3種目。

男子50m平泳ぎの予選を27秒52のトップで通過したのは、山中祥輝選手(ティラド)。100分の1秒差の27秒53で、2日目の100mを制した小関也朱篤選手(ミキハウス)が続きます。


6位で決勝に駒を進めた谷口卓選手(日大豊山高校)は、予選から27秒65の日本高校新記録を樹立しています!

1位から8位までの差は、たった0秒24。横一線の決勝レース。誰が勝つのか楽しみです!

男子200mバタフライには、昨年12月の世界短水路水泳選手権(中国・杭州)で、短水路世界記録を樹立した瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が「フィーリングは良かったので、準決勝も良い泳ぎをして決勝につなげたい」と、1分56秒14のトップで準決勝に進出。


2位は梅本雅之選手(レッドクイーン)が1分57秒35で、3位には日本体育大学の寺田拓未選手が続いています。

坂井聖人選手(セイコー)は1分57秒84の4位、昨年の日本代表である幌村尚選手(早稲田大学)は1分57秒93の6位でそれぞれ準決勝に進んでいます。


最後の予選種目は、男子800m自由形。1位通過は、7分59秒13で平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)。7分59秒61で平井選手の後に続くのは、今大会好調の吉田啓祐選手(日本大学)。

3位以下は、江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)、竹田涉瑚選手(オーエンス)と実力者が続いて、きっちりと決勝進出を決めています。この種目の決勝は明日に行われます。

3日目の準決勝・決勝競技は、16時00分からスタート!
大接戦が予想される男子50m平泳ぎは誰が栄冠を手にするのか。さらに4×200mリレーの選考もかかる男女の200m自由形では、最大4枠のなかに誰が入り込めるのか。
個人での派遣標準記録突破の期待が懸かる、男女の100m背泳ぎと女子100m平泳ぎ、そして女子1500m自由形。これらの種目には、ぜひともレベルの高い記録での争いを見せてほしいところです。

7種目もの決勝競技が行われる3日目。注目のカードが目白押しです!

世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

3日目 / 4月4日(木)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

4日目 / 4月5日(金)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

5日目 / 4月6日(土)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

6日目 / 4月7日(日)
総合テレビ - 16:00 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo