TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#JAPANOPEN2019 ジャパンオープン2019 2日目予選結果

初日から好記録が誕生して、好スタートを切ったジャパンオープン2019。2日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子50m平泳ぎの予選をトップ通過したのは、鈴木聡美選手(ミキハウス)。昨日の100mを制した青木玲緒樹選手(ミズノ)は31秒20の2番手で決勝に進んでいます。


男子50m平泳ぎでは、小関也朱篤選手が27秒47のトップで予選を通過。2位通過だったのは、27秒54の高校新記録を樹立した近江ハリー選手(大町SS)です。


女子400m個人メドレーは大橋悠依選手が余裕を持った泳ぎで4分42秒30の予選1位で決勝へ。大橋選手に、清水咲子選手(ミキハウス)、高橋美帆選手(ミキハウス)の実力者ふたりが続いています。


リレーの代表権が懸かる熾烈な争いが予想される男女の200m自由形。女子の予選は、白井璃緒選手が1分59秒41の1位で通過。2番手には青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)、3番手に池本凪沙選手(コパン宇治/近大附属高校)が続きます。チームJAPANの五十嵐千尋選手は、2分00秒の5番手で決勝に進出です。

男子は韓国のヤン・ジェフン選手が1分48秒53のトップ、ハンガリーのクリシュトフ・ミラーク選手が1分48秒54で続き、3番手に江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)、4番手に吉田啓祐選手(日本大学)で、ヤン選手、ミラーク選手のあとを追います。
チームJAPANの松元克央選手は、1分48秒78の6位で通過しています。

女子100m背泳ぎは酒井夏海選手を抑えて、小西杏奈選手(ガスワン/サイサン)が1分00秒91の1位で決勝に進出。酒井選手は1分00秒95ですぐ後に続いています。

男子100m背泳ぎは、入江陵介選手が54秒39でトップ。2番手には金子雅紀選手(イトマン東進)が54秒60の僅差で続きます。砂間敬太選手は55秒32の7位で決勝に進んでいます。

そして、初日に予選が行われていた男子1500m自由形の決勝。日本選手権を制した平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)が1位で予選を通過。竹田涉瑚選手(オーエンス)、仲家槙吾(JSS)と続いています。決勝では、ぜひとも14分台での決着を期待しましょう!

トビウオジャパン、そして次世代の日本代表を担う選手たちへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

#JAPANOPEN2019 ジャパンオープン2019 1日目決勝結果

韓国・光州で行われる世界水泳選手権の選考会にもなっているジャパンオープン2019。1日目の決勝が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

初日から好記録が誕生しています!

女子400m自由形は、五十嵐千尋選手(JAPAN)が先行しますが、徐々に日本選手権覇者の難波実夢選手(MGニッシン)が追い上げていき、200mを過ぎて五十嵐選手を逆転。ラスト50mで五十嵐選手が追い上げますが、わずかに届かず。難波選手が逃げ切り、4分08秒37の日本高校新記録で日本選手権に続いて優勝しました!


五十嵐選手は日本選手権よりも記録を上げて、4分08秒45で2位に入っています。


女子50mバタフライは、相馬あい選手(中京大学)が26秒14の自己ベストを更新して優勝! 大本里佳選手(JAPAN)は26秒38の、こちらも自己ベストをマークして4位となりました。


リオデジャネイロ五輪の100mバタフライ覇者のジョセフ・スクーリング選手(シンガポール)が出場していた男子50mバタフライ。そのスクーリング選手を抑えて23秒42で優勝したのは、井田憲吾選手(自衛隊)でした。スクーリング選手は23秒50の2位、3位には自由形スプリンターの塩浦慎理選手(JAPAN)が23秒62で入り、水沼尚輝選手(JAPAN)は23秒65で4位に入りました。



男子400m個人メドレーは、チームJAPANが誰も出場していないなか、大学生になったばかりの猪狩裕貴選手(イトマン近大)が平泳ぎから一気に抜け出すレース展開を見せます。ラストの自由形で、派遣標準記録突破に期待がかかりましたが、惜しくも届かず。それでも、4分13秒59の好タイムで優勝を果たしました。

男子100m自由形決勝は、予選は8位での通過だった松元克央選手(JAPAN)が、得意な後半に追い上げて端のコースから快泳を披露。48秒52の自己ベストをマークして優勝!
2位には、48秒70で中村克選手(JAPAN)が入り、平泳ぎが専門の渡辺一平選手(JAPAN)も49秒74の好記録で7位に入っています。



そして女子100m平泳ぎ。青木玲緒樹選手(ミズノ)が、前半から攻めるレース展開を披露。ラスト25mで「力んでしまった」とスピードが少し鈍るが、粘って1分06秒44で優勝。派遣標準記録を100分の4秒上回る記録に、笑顔を見せてくれました!


初日を締めくくる男子100m平泳ぎ。この種目を制したのは、小関也朱篤選手(JAPAN)。59秒12で個人種目の派遣標準記録を突破し、少しホッとした表情を見せました。
59秒79という好記録をマークして会場を驚かせたのは、2位に入った瀬戸大也選手(JAPAN)。渡辺選手は今日2本目のレースながら1分00秒17の、こちらも好記録で3位に入り、チームJAPANの選手たちが表彰台を独占しました。



大会2日目もトビウオジャパン、そして次世代の日本代表を担う選手たちへのご声援、よろしくお願いします!


スタートリスト・リザルトはこちらから!

#JAPANOPEN2019 ジャパンオープン2019 1日目予選結果

4月の日本選手権に続き、韓国・光州で行われる世界水泳選手権の選考会として設定されているジャパンオープン2019が、東京辰巳国際水泳場で開幕!
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

今回は、日本選手権で世界水泳選手権の代表が決定している選手たちは『チームJAPAN』として出場しています。

4日間のスケジュールで行われる今大会の、初日の予選が終了しました。

女子400m自由形は、日本選手権を制した難波実夢選手(MGニッシン)がトップ通過を果たし、チームJAPANは五十嵐千尋選手が4分12秒77の2位で続いて決勝に進んでいます。

女子50mバタフライは、好調を維持し続けている大本里佳選手が、専門外ながら26秒73の4位で決勝に進出。長谷川涼香選手は27秒00、大橋悠依選手は27秒07で、ふたりはB決勝に進出しています。

リオデジャネイロ五輪金メダリストののジョセフ・スクーリング選手(シンガポール)に、ハンガリーの若手、クリフトフ・ミラーク選手のふたりも参加していた、男子50mバタフライ。
スクーリング選手が23秒72のトップで決勝に進出。チームJAPANは水沼尚輝選手が23秒86で2位、塩浦慎理選手が23秒98の8位で決勝に駒を進めました。

男子400m個人メドレーは、今後の成長に大きな期待がかかる井狩裕貴選手(イトマン近大)が4分18秒54で余裕を持って1位で予選を突破しています。

男子100m自由形では、チームJAPANの中村克選手が49秒52のトップで、渡辺一平選手が49秒80の6位、松元克央選手は49秒99の8位で決勝に進みました。

まだ世界水泳選手権の代表が決定していない、女子の平泳ぎ。その平泳ぎの100m決勝に、青木玲緒樹選手(ミズノ)が1分06秒77の1位で決勝に進み、そこに鈴木聡美選手(ミキハウス)、渡部香生子選手(JSS)、寺村美穂(セントラルスポーツ)、そして日本選手権を制した関口美咲選手(木下グループ)と、まさに混戦必至のメンバーが集まりました。決勝を制し、派遣標準記録を突破しての代表権獲得なるでしょうか?

そしてこの日最後の決勝種目は、男子100m平泳ぎ。チームJAPANからは、小関也朱篤選手、瀬戸大也選手、そして渡辺選手がそれぞれ決勝に進出。ハイレベルなタイム、レースに期待です! 小日向一輝選手は、1分01秒00でB決勝に進出です。

チームJAPAN、スタートダッシュなるか?

トビウオジャパン、そして次世代の日本代表を担う選手たちへのご声援、よろしくお願いします!

スタートリスト・リザルトはこちらから!

#JAPANSWIM2019 7日目決勝結果

夏の世界水泳選手権(韓国・光州)、そしてユニバーシアード競技大会の代表選考会を兼ねた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の最終日が終わりました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

7日間にも及ぶ戦いにも、とうとう終止符が打たれました。


この日最初の決勝種目は、男子1500m自由形。スタートから飛び出したのは、若手の菖池竜輝選手(コナミスポーツ/近畿大学)。日本記録を上回るペースで突っ込みます。

その菖池選手を早々に捉えてトップに立ったのは竹田涉瑚選手(オーエンス)でした。そのまま竹田選手が逃げ切るかと思われましたが、800mで平井彬嗣選手(郵船ロジスティクス)が逆転。じりじりと竹田選手との差を広げていき、平井選手が800m自由形に続いてこの1500m自由形も、15分08秒00で優勝しました!



準決勝で日本記録を樹立した塩浦慎理選手(イトマン東進)が、再度記録更新に挑んだ男子50m自由形。30m過ぎから一気にスピードに乗った塩浦選手がトップでフィニッシュ! 惜しくも日本記録には届かず、それでも21秒73という好タイムで優勝を果たしました!



女子200m背泳ぎは、200m自由形を制して波に乗る白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)が、先行する酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)をラスト50mで逆転! 2分09秒58で2冠達成です!



女子50m平泳ぎ決勝は、この種目の日本記録保持者である鈴木聡美選手(ミキハウス)が、ただひとり30秒台をマークする、30秒88で3連覇です!



混戦が予想されていた男子100mバタフライ決勝。前半を23秒92のトップで折り返したのは、スピードに絶対的な自信を持つ川本武史選手(TOYOTA)。後半、水沼尚輝選手(新潟医療福祉大職員)、小堀勇気選手(ミズノ)、安江貴哉選手(新東工業)、梅本雅之選手(レッドクイーン)らが追い上げていき、ラスト10mで頭ひとつ抜け出したのは、水沼選手でした。51秒43の好タイムをマークして初優勝を飾りました!



女子50m自由形は、100m自由形で2位となった大本里佳選手(イトマン)が、スタートから頭ひとつ抜け出す高いスピードを発揮して、25秒02で日本選手権初優勝です!



男子50m背泳ぎは、100m、200mを制した入江陵介選手(イトマン東進)が24秒95で優勝し、今大会3冠を達成です!



男子400m個人メドレー決勝は、前半から攻めた瀬戸選手が200mを1分59秒55で折り返します。平泳ぎでもそのスピードは衰えず、最後のクロールに入ると周囲との差をさらに広げていきます。結果、4分09秒98で優勝し、200mのバタフライと個人メドレーを合わせて、自身初となる3冠を果たしました!



そして、長い戦いの最後を締めくくるのは、女子400m個人メドレー。大橋悠依選手がバタフライから2位以下に1秒以上の差をつけてターンすると、背泳ぎ、平泳ぎとぐんぐんその差を広げていきます。最後の自由形では、さすがに疲れも見えましたが、ゆったりとした大きな大橋選手らしい泳ぎは健在。4分33秒02で制し、大橋選手は3年連続2冠を達成しました!



大会7日間を通して、日本新記録が2、日本高校新記録が1の、合計3つの新記録が誕生しました。

最後まで全力で戦い抜いた選手たちへのご声援、ありがとうございました!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2019 7日目予選結果

日本代表の選考会を兼ねた、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)の7日目の予選競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

最終日は4種目の予選競技が行われました。

男子50m背泳ぎでは、入江陵介選手(イトマン東進)が25秒37のトップで予選を突破。100m、200mに続く3冠を懸けて決勝に挑みます。


2位通過は松山陸選手(スウィン鷲宮/春日部共栄高)が25秒67で、3位通過は25秒84の金子雅紀選手(イトマン東進)です。

女子50m平泳ぎの予選は、髙﨑有紀選手(KEIO)が31秒24のトップ。2番手にこの種目の日本記録保持者である鈴木聡美選手(ミキハウス)が31秒58で続き、寺村美穂選手(セントラルスポーツ)が31秒62の3位で決勝に進んでいます。


女子400m個人メドレーでは、軽く余力を残しながら泳いだ大橋悠依選手(イトマン東進)が4分42秒33のトップで予選を通過。清水咲子選手(ミキハウス)は4分43秒63の2位で、石井茉宏選手(セントラル上池袋/明治大学)が4分44秒63の3位でそれぞれ決勝進出を決めています。



男子400m個人メドレーの予選は、200mで自己ベストを更新している瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)が4分13秒35の1位で決勝に進出。



瀬戸選手に続くのは、4分16秒98の井狩裕貴選手(イトマン近大)、4分17秒17の藤森丈晴選手(ミキハウス)が3位での決勝進出となっています。

最終日の準決勝・決勝競技も、16時00分からスタートです!


最終日の決勝種目は全部で9つ。
最初は竹田涉瑚選手(オーエンス)が連覇、そして日本記録更新を目指す男子1500m自由形。男子50m自由形決勝では、準決勝で日本記録を更新した塩浦慎理選手(イトマン東進)が登場! さらなる記録更新に期待がかかります。


女子200m背泳ぎ決勝では、白井璃緒選手(東洋大学/JSS宝塚)が200m自由形との2冠達成なるか。または酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)が連覇するのかにも注目したいところ。



女子50m平泳ぎは、予選トップの髙﨑選手が鈴木選手らを抑えて優勝できるかどうか。非常に楽しみなレースです。

男子100mバタフライは、準決勝1位の安江貴哉選手(新東工業)を筆頭に混戦必至。最後まで目が離せないレースになることでしょう。

女子50m自由形は、大本里佳選手(イトマン)が準決勝1位の勢いをそのまま持続させて優勝するのか。佐藤綾選手(新潟医療福祉大職員)や青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)のスピードも侮れません。男子50m背泳ぎ決勝では、入江選手が3冠を懸けて臨みます。



男子の400m個人メドレーは、「自己ベストを目指す」と意気込む瀬戸選手が、どんな泳ぎを見せるのかに注目です。


そして、7日間にも及ぶ今大会を締めくくるのは、女子400m個人メドレー。「最後の種目なので、会場を沸かせられるようなレースをしたい」と大橋選手。自己記録更新に挑みます。


世界に向けた第一歩を踏み出すトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。※放送時間は変更になる場合もあります。

7日目 / 4月8日(月)
総合テレビ - 16:05 ~ 18:00
BS 8K - 16:00 ~ 18:00

大会公式HPはこちらです!

大会リザルトはこちらです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo