TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#JAPANSWIM2018 4日目予選結果

いよいよ後半戦がスタートした第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)。午前の予選が終了し、午後の準決勝・決勝進出者が決定。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子200mバタフライ予選は、昨年の世界水泳選手権代表の長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)が2分09秒58の1位で通過。同じく代表だった牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)は、2分11秒39の5番手で準決勝に進んでいます。2分10秒90の2位で準決勝に進んだ持田早智選手(ルネサンス幕張/日本大学)も虎視眈々とトップをうかがいます。


男子200m背泳ぎは、入江陵介選手(イトマン東進)が2分00秒07のトップで準決勝に進出。それに続くのは、2分00秒75の内藤良太選手(スウィン大宮/法政大学)、2分00秒76で松原颯選手(ANA)たち。準決勝でどのくらいまで記録を上げてくるのかに注目です。


男子200m平泳ぎ予選を2分11秒21の1位で通過したのは、大久保琳太郎選手(筑波大学)。2番手に、2分11秒24で渡辺一平選手(早稲田大学)が続きます。世界水泳選手権銀メダリストの小関也朱篤選手(ミキハウス)は、2分12秒78の15番手で準決勝に進出。決勝進出ラインが何秒になるのか見えない状況で、選手たちはどんな泳ぎを見せてくれるのでしょうか。



女子400m自由形は、世界ジュニア水泳選手権代表の小堀倭加選手(湘南工大附属高/相模原DC)が、4分12秒24のトップ通過。2番手は4分13秒33の望月絹子選手(神奈川大学)で、3番手が4分13秒83で後藤真由子選手(Jaked/神奈川大SC)と続きます。決勝では、好記録に期待しましょう!

大会4日目の決勝競技も、男女200m個人メドレー、男女の50m自由形、そして女子400m自由形と男子200mバタフライと、世界水泳選手権のメダリスト、リオデジャネイロ五輪メダリストが勢揃い。見どころ満載の決勝競技がいよいよ始まります!






スタートリスト・リザルトはこちらです!

4日目の準決勝・決勝競技は、18時30分からスタート! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。
4月6日(金)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:30(LIVE)
4月7日(土)
BS1 - 18:30~18:50(LIVE)
BS102 - 18:50~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月8日(日)
総合テレビ - 16:00~18:00(LIVE)

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 3日目決勝結果

第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)も3日目が終了し、前半戦が終わりました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

連日新記録が誕生していますが、この日も日本新記録が誕生!


男子50m平泳ぎ決勝で、スタートから「感覚が今までにないくらい鋭かった」と一気に飛び出した小関也朱篤選手(ミキハウス)が27秒12の日本新記録を樹立しました!


「コンマ数秒かもしれませんが、自己ベストが出せたことはすごく大きいこと。200mも勢いに乗って、予選から良い泳ぎ、良いタイムで泳いできたいと思います」(小関選手)


男子1500m自由形決勝では、前半から飛び出していき、そのままペースを落とすことなく最後まで粘り抜いた竹田涉瑚選手(オーエンス)が自己ベストとなる14分55秒42で初優勝を飾りました!


「初日の400mの結果から、スピードが出ていることは分かっていましたから、前半からいきました。ラストはがむしゃらでしたけど、14分台で優勝できてうれしいです」(竹田選手)


女子100m背泳ぎ決勝では、前半から積極的に攻めた酒井夏海選手(スウィン南越谷/武南高校)を後半、ラスト25mで追い上げて逆転優勝を果たしたのは小西杏奈選手(中京大学)でした。59秒62の自己ベストで、大会2連覇です。


「優勝できてすごくうれしいです。頑張って練習してきて良かったと思います。でもまだまだ世界では戦えないので、これからも自分を鍛えていきたいと思います」(小西選手)


女子100m平泳ぎは、前半をただひとり30秒台で折り返す積極的なレースを展開した、青木玲緒樹選手(ミキハウス)が、後半も失速することなく、持ち味の強さを生かしたレースで1分05秒90で優勝しました!


「日本記録まであと少しだったのは悔しいですが、優勝できて良かったです。後半は自信があったので、前半から積極的に攻めるレースをしました」(青木選手)


男子50m背泳ぎ決勝は、この種目の世界水泳選手権銀メダリストの古賀淳也選手(第一三共/スウィン埼玉)が、スタートから他を寄せつけない泳ぎで24秒56で、この種目なんと9連覇を果たしました。


「スタートのキレが良かったので、そこを生かせたレースでした。今日、必ず代表に入るんだ、という強い気持ちを持って臨みました」(古賀選手)

女子200m自由形決勝は、最後まで混戦模様。後半の粘りを生かす自分のレースを展開した五十嵐千尋選手(T&G)が先行する大橋悠依選手(イトマン東進)を逆転し、1分57秒73で、この種目を3年ぶりに制しました!


「普段の生活環境も練習環境も大きく変わった年だったので、不安はありました。でもそのなかで57秒台を出せて、優勝できたことはうれしいです」(五十嵐選手)


男子200m自由形決勝は、江原騎士選手(自衛隊/フィッツ竜王)と松本克央選手(セントラルスポーツ/明治大学)の一騎打ち。先行する松本選手を150mで一度は江原選手が逆転しますが、松本選手が再度逆転。1分45秒93で初優勝を飾ります。


「46秒台を目指していたので、45秒が出てびっくりです。世界の舞台で記録が出せるように、これからも気持ちを引き締めて練習していきます」(松本選手)

3日目は日本記録が1つ誕生し、これで新記録の数は8に(日本新記録が5、日本高校新記録が3)。
この日で日本選手権も前半戦が終了。後半戦もまだまだ熾烈な代表権争いが繰り広げられます。持てる力を振り絞って戦う選手たちにご声援をよろしくお願いします!





スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 3日目予選結果

3日目の予選競技を終えた、第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)。午後の準決勝・決勝のメンバーが出そろいました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子200m個人メドレーは、清水咲子選手(ミキハウス)が2分13秒69の1位で予選を通過。寺村美穂選手(セントラルスポーツ)が2位で準決勝に進み、大橋悠依選手(イトマン東進)、今井月選手(豊川高校)と続いています。高校生も5人、準決勝に進出していますので若い力にも期待です。



男子200m個人メドレーは「個人メドレーは譲れないものがある」と強い気持ちで臨む萩野公介選手(ブリヂストン)がトップ通過。瀬戸大也選手(ANA/JSS毛呂山)は200mバタフライのことも考えながら力を温存した状態で予選を通過。



女子50m自由形は、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)は余裕を持って予選を通過。山本茉由佳選手(ルネサンス亀戸/日本大学)が1位で通過し、それに大内紗雪選手(ダンロップSC/日大藤沢高校)、山根優衣選手(セントラルスポーツ)らが続いています。


男子50m自由形は、2月に100m自由形で日本記録を出した中村克選手(イトマン東進)が好調。塩浦慎理選手(イトマン東進)は3番手で通過。トップ通過は、新潟医療福祉大職員の松井浩亮選手でした。

男子50m背泳ぎは、古賀淳也選手(第一三共/スウィン埼玉)が2位以下に1秒近くの差をつけて、24秒84のトップで通過。決勝で日本記録更新を狙います。


男子50m平泳ぎは、大きな余裕を持った泳ぎで小関也朱篤選手(ミキハウス)が27秒29の1位で通過。100mに続いて2冠を狙います。


男子200mバタフライでは、矢島優也選手(スウィン大宮/明治大学)が1分55秒05の1位で準決勝に進出。坂井聖人選手(セイコー)、幌村尚選手(早稲田大学)、瀬戸選手らは予選は少し余裕を持ってレースを展開し、準決勝に備えていました。

この日の決勝種目は、男子50m背泳ぎと平泳ぎに加えて、男子1500m自由形、女子100m背泳ぎ、女子100m平泳ぎ、女子200m自由形、男子200m自由形が行われます。




大会2日目までに続き、会場に新記録コールを鳴り響かせる選手が現れるのか。期待のレースが続きます!


優勝の英光は誰がつかみ取るのか。その瞬間を楽しみに待ちましょう!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

3日目の準決勝・決勝競技は、18時00分からスタート! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。
4月5日(木)
BS1 - 17:55~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月6日(金)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:30(LIVE)
4月7日(土)
BS1 - 18:30~18:50(LIVE)
BS102 - 18:50~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月8日(日)
総合テレビ - 16:00~18:00(LIVE)

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 2日目決勝結果

日本一を決める、第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)の2日目の決勝競技が終了しました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

初日に続き、本日も日本新記録が誕生しました!


女子100mバタフライの決勝。準決勝で56秒58の日本記録を樹立した池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が、その記録を前半からさらに上回り、56秒38の日本新記録を樹立して優勝!


「前半あまり攻めたつもりもなく、後半もきつかったので遅いのかな、と思ったんですが、目標としていた56秒3を出せてうれしいです」(池江選手)


この日最後の決勝種目だった男子50mバタフライでは、9年前に高安亮選手(コナミ)が出した23秒45という日本記録を、井田憲吾選手(自衛隊)が突破。23秒40で初優勝を果たしました!


「日本新記録を狙っていましたが、まさかこの大会で出るとは思っていませんでした。今は記録を更新できて、素直にうれしい気持ちでいっぱいです」(井田選手)


男子100m背泳ぎ決勝は、前半をスピードのある古賀淳也選手(第一三共/スウィン埼玉)がリードし、0秒5ほど遅れて入江陵介選手(イトマン東進)がターン。ラスト25mは入江選手が徐々に追い上げていき、ラスト10mで逆転。53秒18で優勝しました。


「少し力みがあったかな、と思いますし、もっとタイムも出せたかなと思うレースでした。でも課題が明確になったレースでしたし、200mにもつながると思います」(入江選手)


男子100m平泳ぎ決勝は、スピード感溢れる泳ぎで小関也朱篤選手(ミキハウス)が飛び出しからリードを奪い、そのままフィニッシュ。59秒30で優勝を果たして5連覇を達成!


「決勝でもう一度タイムを上げる難しさを味わいました。悔しさもありますが、50mと200mに気持ちを切り替えて、高いパフォーマンスで泳ぎたいと思います」(小関選手)


女子800m自由形は、300mでトップに立った森山幸美選手(日本体育大学)が周囲との差を徐々に広げていき、8分31秒44で昨年に続いて連覇を果たします。


「目標としていた30秒が切れなかったのは悔しいですが、課題であった前半から積極的に攻める、というレースができましたし自己ベストも出せて良かったです」(森山選手)


2日目は日本記録が2つ更新され、これで新記録の数は6となりました(日本新記録が5、日本高校新記録が1)。
大会折り返しとなる3日目も、注目のレースが続きます! 代表権を懸けて戦う選手たちにご声援をよろしくお願いします!






スタートリスト・リザルトはこちらです!

大会公式HPはこちらです!

#JAPANSWIM2018 2日目予選結果

第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2018)は2日目の予選競技が終了。午後の準決勝に進出するメンバーが決まりました。
写真提供:PICSPORT
Instagram @tobiuo_japan

女子100m背泳ぎは、昨日の50mで優勝した酒井夏海選手(スウィン南越谷/武南高校)が1分01秒の3位通過。1分00秒00のトップ通過は、昨年この種目優勝を果たしている小西杏奈選手(中京大学)。2番手には諸貫瑛美選手(ミキハウス)が続きます。ぜひとも多数の選手が準決勝で59秒台をマークすることを期待しましょう!


女子100m平泳ぎは、渡部香生子選手(早稲田大学/JSS立石)がトップで通過。2位通過は青木玲緒樹選手(ミキハウス)、3位通過は昨日の50mで日本記録を出して好調の鈴木聡美選手(ミキハウス)。決勝につながる好記録に期待です。



女子200m自由形はリレーの選考もかかっており、激しい争いが予想されます。青木智美選手(あいおいニッセイ/ATSC.YW)、五十嵐千尋選手(T&G/JSS)を中心に、どんな8人が決勝に残るか楽しみです。

男子200m自由形準決勝は、高校生も3人残っており、若手の奮起にも期待したいところです。また、代表経験者、五輪メダリストたちがどんなレースでどんなタイムを出すかにも注目しましょう!


2日目の決勝競技は、5種目行われます。

女子800m自由形。OWSでも活躍している森山幸美選手(日本体育大学)に、後藤真由子選手(Jaked/神奈川大SC)、大学生になった佐藤千夏選手(スウィン大教/早稲田大学)たちとの戦いに注目です。

女子100mバタフライでは、池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が準決勝でマークした日本記録をさらに更新できるかどうかに期待がかかります。男子100m背泳ぎは、予選、準決勝で53秒台をマークしている入江陵介選手(イトマン東進)と古賀淳也選手(第一三共/スウィン埼玉)のふたりに、長谷川純矢選手(ミキハウス)、金子雅紀選手(イトマン東進)らがどこまで迫れるかに注目。




男子100m平泳ぎは、好調の小関也朱篤選手(ミキハウス)が日本記録に挑みます。男子50mバタフライは誰が勝ってもおかしくない展開が予想されます。


優勝の英光は誰がつかみ取るのか。その瞬間を楽しみに待ちましょう!

スタートリスト・リザルトはこちらです!

2日目の準決勝・決勝競技は、18時30分からスタート! 世界に羽ばたくトビウオジャパンの選手たちへ、皆さんのご声援をお願いします!

TV中継は以下の予定です。
4月4日(水)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月5日(木)
BS1 - 17:55~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月6日(金)
BS1 - 18:00~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:30(LIVE)
4月7日(土)
BS1 - 18:30~18:50(LIVE)
BS102 - 18:50~19:30(LIVE)
総合テレビ - 19:30~20:15(LIVE)
4月8日(日)
総合テレビ - 16:00~18:00(LIVE)

大会公式HPはこちらです!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo