TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#JAPANSWIM2016 第4日目決勝結果:女子200mバタで星、長谷川、女子200m個メで寺村、今井が派遣標準記録を突破!女子100m背の酒井は中学新!

JAPANSWIM2016の第4日目が終了しました。

本日は準決勝が4種目、決勝が3種目行われ、若い力の爆発が際立った日となりました。本日も派遣標準記録を突破し、女子200mバタフライ優勝の星奈津美選手(ミズノ)に加え、長谷川涼香選手(東京ドーム)、女子200m個人メドレーの寺村美穂選手(セントラルスポーツ)と今井月選手(豊川高校)の3選手が新たにリオ五輪代表に内定!また女子100m背泳ぎでは酒井夏海選手(スウィン南越谷)が1分00秒12の中学新記録で優勝!

今日もまずは準決勝レースから種目ごとに振り返りましょう。

【男子100m自由形】
日本記録保持者の中村克選手(イトマン東進)が48秒53でトップ通過。「48秒5が出るとは思っていなかった。前半はターゲットタイム通りで後半もキツくなかった。明日はいいタイムが出ると思う。リレー派遣を突破するためにも塩浦選手と2人で個人派遣を突破したい」そして2位通過は48秒73で塩浦慎理選手(イトマン東進)「もう少しタイム欲しかった。余力を残そうと少し考えてしまった。明日は全力で泳ぐだけ。自分の力を出し切りたい。」

【女子100m自由形】
準決勝も内田美希選手(東洋大学)が54秒20でトップ通過。「一杯一杯にならずに54秒台頭を出しておきたかったので感覚としては悪くない。前半もう少し上げられるので派遣標準を狙って行きたい。(ライバル池江選手との勝負には)勝ちたいです!」と力強くコメント。一方、54秒50の高校新記録を樹立して2位通過の池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)は「準決勝は高校新を狙っていたので予想通り。決勝に繋がるレースになった。明日は日本新を出して、派遣標準を突破したい。内田選手との勝負になると思うので、負けないように頑張りたい。」

【男子200mバタフライ】
瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が唯一派遣標準記録を上回る1分55秒00でトップ通過。「抜けていたので1分54秒前半くらい行くかと思っていたがこのタイム。明日は今大会で一番タフな日になる。一本一本しっかり泳いで代表に入りたい。」そして大学の後輩でライバルの坂井聖人選手(早稲田大学)は「思ったより後半バテてしまった。泳ぎを意識して泳いだのでタイム自体は悪くない。今日は緊張もあった。明日はリラックスしていい勝負したい」

【男子200m平泳ぎ】
予選で2分08秒台の好タイムを叩き出した渡辺一平選手(早稲田大学)は後半追い上げるレース展開で小関也朱篤選手(ミキハウス)、北島康介選手(日本コカ・コーラ)ら実力者を抑えて、唯一派遣標準記録を突破する2分09秒46でトップ通過。「準決勝も2分08秒台で来たかったがタイムを落としてしまった。それでも派遣標準記録を2回切ったのは自信になる。予選、準決、決勝と3回泳がなければならないので自分は若さで挑みたい。」北島選手はフラッシュインタビューに答え「レベルたけぇ!」
とひと言。「怖さと緊張感があるからこそ選考会。やっぱり自分はそこで戦うのが好き。明日は悔いないレースをしたい。」


そして決勝レース。

【女子100m背泳ぎ】
TK1604070801











前半は実力者・諸貫瑛美選手(スウィン館林)と竹村幸選手(イトマン)が先行する展開。後半強い酒井夏海選手(スウィン南越谷)が追い上げる接戦を制したのは酒井選手。1分00秒12の中学新記録で優勝し、リレー派遣標準記録(個人)を突破し、明日の100m自由形の結果を待つこととなりますがリオ五輪代表が大きく近づきました。中学新記録と優勝の喜びを噛み締めながら「派遣標準は切れていないが、行けるなら59秒前半くらいまでスピードをつけたい」

2位で悔しい思いをしながらも健闘を称え合った竹村選手の姿はとても印象的でした。
TK1604071591













【女子200mバタフライ】
TK1604070877











世界水泳カザン金メダリストでリオ五輪が内定していた星奈津美選手(ミズノ)が前半リードする展開。センターレーンの高校2年生・長谷川涼香選手(東京ドーム)が喰らいついたものの、星選手が2分06秒32で金メダリストの意地を見せて日本選手権7連覇を達成。「タイムはもう少し出したかったがここでオリンピックに繋がるよう想定したかったので、まずは良かった。このタイムでは戦えないのでこれから4ヶ月しっかり準備したい」2位の長谷川選手は2分06秒92で派遣標準記録を突破し、リオ五輪代表が内定!「本当に必死でやってきた。1年3ヶ月ベストが出なかったが、昨日ベストが出て、派遣標準記録を切れて本当にホッとしている。リオには星さんと一緒に行けるので他の選手に付いていけるようしっかり頑張りたい」


【女子200m個人メドレー】
TK1604070941











世界水泳カザン銀メダリスト渡部香生子選手(JSS立石)が本命と見られたこの種目。バタフライから日本記録ペースを1秒以上上回り、大きく先行した寺村美穂選手(セントラルスポーツ)がそのまま平泳ぎまでリードを守り、ラストの自由形も粘りきり2分09秒87の好記録で見事派遣標準記録を突破して優勝!「この4年間辛いことが多かった。ここまで多くの人たちに支えられて、やってきて本当によかった。信頼できるコーチと家族に感謝したい。オリンピックでは日本記録目指して、世界と戦えるよう頑張りたい」そして2位に入ったのはラストの自由形で追い上げた今井月選手(豊川高校)。2分10秒76の世界ジュニア新記録で派遣標準記録を突破し、寺村選手と共にリオ五輪代表が内定!「本当にオリンピックに行けるとは思っていなかった。タイムも良くて、とにかくオリンピックが決まって嬉しい。本番では今日よりも良い結果でみんなに満足してもらいたい。」



今日も素晴らしいレースの連続。日々、選手たちの人生を懸けた戦いは無情にも明暗をわけ、多くのドラマを生んでいます。

明日はいよいよ明日から後半戦。注目のレースが目白押しです。選手たちへの応援をよろしくお願い致します!


公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

(写真:PICSPORT)

#JAPANSWIM2016 第4日目予選結果:男子200m平泳ぎで渡辺一平が予選から2分08秒台の好記録をマークしライバルを牽制!

JAPANSWIM2016は第4日目の予選競技が終了しました。

今朝は男子100m自由形、女子100m自由形、男子200mバタフライ、男子200m平泳ぎの4種目で予選競技が行われました。各種目とも4日目にして初レースの選手たちも登場し、今日も予選から緊張感のあるレースが続いています。
tatsumi







それでは予選の各種目を振り返りましょう。

【男子100m自由形】
日本記録保持者・中村克選手(イトマン東進)と塩浦慎理選手(イトマン東進)の対決にも注目の集まるこの種目。予選から塩浦選手が49秒05、中村選手が49秒24と一発目のレースながら好記録をマーク。塩浦選手は「早く泳ぎたくてウズウズしていた。ずっと調子よくて楽しみにしてた。ここのところ予選からいい泳ぎが出来てなかったが49秒0は調子のいい証拠。もっと飛ばしたいところをぐっとこらえていたので、準決勝ではベストと言わず日本記録を大幅更新できるくらいでいきたい」中村選手は「準決勝では、決勝に余力を残して速いタイムでいきたい」とコメント。


【女子100m自由形】
予選トップ通過はこちらも今大会初レースとなった内田美希選手(東洋大学)。「アップの時に力が入らない感覚があったので平井先生と予選から刺激を入れて行こうと話していた。予選から54秒台で、準決勝ではベスト、決勝では53秒真ん中を狙いたい。準決勝では53秒台も視野に入れて泳ぐ」と調子は良さそうです。昨日は200m自由形でも果敢にチャレンジした松本弥生選手(ミキハウス)が2位通過。

【男子200mバタフライ】
昨年の世界水泳カザン4位の坂井聖人選手(早稲田大学)が1分55秒37の好記録でトップ通過。「予選からある程度いって1分55秒台でいければと思っていたのでいい感じ。ラスト50mちょっとばてているので、そこを修正したい。予選泳いでリラックスできたので準決勝は記録を上げられる。全力は出し切らず、前半ある程度いって、後半粘って1分54秒5くらいで泳ぎたい。」2位通過は瀬戸大也選手(JSS毛呂山)でこちらも1分55秒台。3位には矢島優也選手(スウィン大宮)が続いています。

【男子200m平泳ぎ】
トップ通過は2分08秒83の好記録をマークした渡辺一平選手(早稲田大学)。「100mがダメだったのは気持ちに原因があったと思っている。200mは予選から行こうと思っていた。予選から0秒6ベストなので午後はもっと記録を上げたい」注目の小関也朱篤選手(ミキハウス)、立石諒選手(ミキハウス)、そして北島康介選手(日本コカ・コーラ)らも順当に準決勝に進出しています。


公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

#JAPANSWIM2016 第3日目決勝結果:男女共に800mフリーリレーで派遣標準記録を突破!女子100m平の渡部、鈴木、男子100m背の入江、長谷川が代表に内定!

JAPANSWIM2016の第3日目が終了しました。

本日は準決勝が3種目、決勝が4種目行われました。本日は男女の200m自由形では共に上位4名がとても高いレベルで800mフリーリレーの派遣標準記録を突破。また女子100m平泳ぎでは優勝の渡部香生子選手(JSS立石)、2位の鈴木聡美選手(ミキハウス)が、男子100m背泳ぎでは優勝の入江陵介選手(イトマン東進)、2位の長谷川純矢選手(ミキハウス)がそれぞれ派遣標準記録を突破し、リオ五輪代表が内定しました。更に準決勝では女子100m背泳ぎでは酒井夏海選手(スウィン南越谷)が1分00秒56の中学新記録を樹立。
TK1604060332












まずは準決勝レースから種目ごとに振り返りましょう。

【女子100m背泳ぎ】
予選トップの竹村幸選手(イトマン)が更に記録を伸ばし1分00秒50でトップで決勝進出。「個人の派遣標準を目指してトレーニングして来た。明日は自分のやってきたことを全部ぶつけて最後は死にもの狂いで泳ぎたい。」予選に続き中学新を樹立した酒井夏海選手(スウィン南越谷)が2位で明日の決勝進出。「思ったより身体が動かなかったが自己ベストが出てよかった。後半はもう少し上げられそうなので、しっかり準備して個人の派遣標準を目指す。」

【女子200mバタフライ】
準決勝1組目で泳いだ高校2年生の長谷川涼香選手(東京ドーム)が2分06秒85の好記録には本人も驚き。「こんなにいい記録が出るとは思っていなかったのでビックリ。予選とは違い最初から軽かった。明日はラスト25mで隣の選手について行けるか。まずは派遣標準を大幅に上回れたので安心感があるがほどよい緊張感と余裕を持って臨みたい。」2組目の星奈津美選手(ミズノ)は前の組を泳いだ「長谷川選手に刺激を受けた。」と前半から積極的なレース展開で2分07秒55の2位。長谷川選手がトップ通過で明日、リオ五輪代表入りを懸けチャレンジします。

【女子200m個人メドレー】
渡部香生子選手(JSS立石)が2分11秒58でトップ通過。清水咲子選手(ミキハウス)が2分11秒69で2位通過し「タイムは悪くないがちょっと身体が重かった。明日は決勝1本なので午前中からしっかり身体を動かして、決勝では爆発できるよう準備したい。2分9秒台を出したい。」


そして決勝レース。

【男子200m自由形】
TK1604060243












前半から予想通り江原騎士選手(自衛隊)がハイペースで引っ張る展開に、レース自体が高速化。後半は萩野公介選手(東洋大学)が実力通りの力を見せ、唯一個人での派遣標準記録を突破する1分45秒50の好記録でフィニッシュ。2位には後半追い上げたベテラン松田丈志選手(セガサミー)、江原選手も粘りきり1分46秒台で3位。4位には小堀勇氣選手(ミズノ)が入り、上位4名が800mフリーリレーの派遣標準記録を突破!萩野選手は「4人レベルの高い記録で来ているので800mリレーは世界と戦える位置にいる」とコメント。そして松田選手も「いいメンバーが揃った。本番ではメダルを獲りたい」とリレーでの可能性にワクワクしています。
TK1604060550













【女子200m自由形】
HN1604062432











昨日、100mバタフライで代表入りが内定している池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が冷静なレース運びで日本新記録に0秒02と迫る1分57秒39の高校新記録で優勝!そして公言通り前半から積極的なレースを展開した五十嵐千尋選手(日本体育大学)が2位、持田早智選手(ルネサンス幕張)が3位、青木智美選手(ATSC.YW)が4位で上位4名が800mフリーリレーの派遣標準記録を突破!見事4選手がリレーでの代表を内定させました。4年前は5位に泣いた五十嵐選手は4年越しでの五輪への切符に「4年前の悔しさを晴らすことが出来て本当に嬉しい。本番の舞台でしっかり戦いたい」と想いを語っていました。



【女子100m平泳ぎ】
TK1604060366











混戦が予想されたこの種目は予想通り、100mの中で目まぐるしくレースが動く展開。前半を積極的に攻めた鈴木聡美選手(ミキハウス)に喰らいついた日本記録保持者の渡部香生子選手(JSS立石)が1分06秒57で優勝。鈴木選手も粘り、追い上げて来た金藤理絵選手(ぎふ瑞穂スポーツガーデン)を0秒07差で振り切り1分06秒72で2位。共に派遣標準記録を突破し、リオ五輪代表入りが内定!


【男子100m背泳ぎ】
TK1604060379



























本日の最終レースも手に汗握る展開。前半リードした古賀淳也選手(第一三共)に後半勝負の入江陵介選手(イトマン東進)。レース巧者の入江選手は53秒26で派遣標準記録を突破して優勝し、ひとつ目のリオ五輪へのチケットを手にしました。そしてラストに追い上げた長谷川純矢選手(ミキハウス)が派遣標準記録オンタイムの53秒49で2位に入り、見事リオ五輪代表に内定!


今日も様々なドラマがありました。多くの選手たちがリオ五輪代表入りを内定し、会場も大いに盛り上がった決勝セッションでした。

明日はいよいよ大会中日。選手たちへの応援をよろしくお願い致します!


公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

(写真:PICSPORT)

#JAPANSWIM2016 第3日目予選結果:女子100m背泳ぎで酒井夏海が中学新記録を樹立!

JAPANSWIM2016は第3日目の予選競技が終了しました。

今朝は女子の100m背泳ぎ、200mバタフライ、200m個人メドレーの3種目での予選が行われました。女子100m背泳ぎでは予選から酒井夏海選手(スウィン南越谷)が1分00秒81の中学新記録を樹立!3日目で初レースとなる選手たちはまず1レース泳ぎ肩ならし、昨日の決勝を泳いだ選手たちは疲労も残る中、まずはうまく予選通過という印象です。
tatsumi







それでは予選の各種目を振り返りましょう。

【女子100m背泳ぎ】
竹村幸選手(イトマン)が1分00秒68で予選トップ通過。身体も動いていて好調のようです。2番手に続いたのは予選から1分00秒81の中学新記録を樹立した酒井夏海選手(スウィン南越谷)。「準決勝、決勝とタイムを上げて、派遣標準記録を切りたい」と意欲的。昨期ランキングトップの諸貫瑛美選手(スウィン館林)は1分01秒07で3位通過。

【女子200mバタフライ】
予選トップ通過は派遣標準に近い自己ベストを持つ実力者・小林奈央選手(初芝SS)。100mでも好調だった長谷川涼香選手(東京ドーム)が2位通過で「2分10秒台では行きたかったので予定より少し遅かった。まずは準決勝で派遣標準を切って、安心して決勝に向かいたい。」そしてこの種目の世界水泳カザン金メダリストで既にリオ五輪が内定している星奈津美選手(ミズノ)は3位通過。「今朝は身体が重かった。100mを58秒台で3本泳いだのでそれなりのダメージはある。準決勝まで少し時間があるので回復したい。昨日までの100mのスピードを活かして、前半から行けるようにしたい。」

【女子200m個人メドレー】
この種目世界水泳カザン銀メダリストの渡部香生子選手(JSS立石)は2分13秒61で3位通過。今日は100m平泳ぎ決勝と合わせてタフな1日になるものの「だいたいこれくらいのタイム。前半2種目が積極的に行けていないので、派遣標準を突破するためには前半からもっといかないと」と準決勝に向けての課題を持っていました。トップ通過は寺村美穂選手(セントラルスポーツ)の2分12秒51。「調子がいいのはわかっていたので、抜きすぎず13秒を切る位で行ければと思っていた。準決勝では1秒くらい上げられれば」と泳ぎからもコメントからも好調な様子が伺えました。初日の400m個メで代表入りが内定している清水咲子選手(ミキハウス)も2番手に付けています。


公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

#JAPANSWIM2016 第2日目決勝結果:女子100mバタで池江璃花子が派遣標準記録を突破!男子100m平の小関、北島は惜しくも届かず。

JAPANSWIM2016の第2日目が終了しました。

本日は準決勝が4種目、決勝が2種目行われました。ハイライトは何と言っても女子100mバタフライで昨日日本新記録を更新し、期待のかかった池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が57秒71で派遣標準記録を突破。見事、個人でのリオデジャネイロ五輪代表入りが内定し、涙のインタビューも印象的でした!本日の最終種目、男子100m平泳ぎを制したのは小関也朱篤選手(ミキハウス)。北島康介選手(日本コカ・コーラ)は2位で、共に派遣標準記録突破ならず。
HN1604052433












まずは準決勝レースから種目ごとに振り返ります。

【男子200m自由形】
準決勝1組目を制したのは小松巧選手(日本大学)。2組目には萩野公介選手(東洋大学)を中心に実力者が集結し、前半は江原騎士選手(自衛隊)が引っ張る展開。ラスト50mで萩野選手がペースを上げ、1分46秒28でトップ通過。「まぁこんなもんじゃないですかね。昨日の400m個メはラストFrがボコボコだった。明日はラストの50mで持ち味を出して、日本新記録を狙いたい。」とコメント。
ラスト追い上げた松田丈志選手(セガサミー)が1分47秒19で2位通過。「1分46秒台が出ればと思っていたのでまずまず。隣の2人が前半速いのはわかっていたのであまり離されず、後半勝負というのを決勝をイメージして泳いだ。800mリレーは好きな種目。4人いい選手が揃えば嬉しい。」と勝負とともにリレーへの想いも語っていました。江原選手は1分47秒92で3位通過。明日もこの3選手を中心にレースが展開されそうです。


【女子200m自由形】
混戦模様の女子200m自由形は五十嵐千尋選手(日本体育大学)が唯一の1分58秒台でトップ通過。「前半を56秒から57秒前半でいくイメージをして練習して来た。決勝ではもう少し前半を上げられる。昨日の400mの前半のようにしっかり攻めて、派遣標準記録を切りたい。周りに関係なく自分のレースをしたい。」持田早智選手(ルネサンス幕張)が2位通過。「初めてのオリンピック選考会で緊張した。前半は落ち着いて行こうと思っていたが消極的になってしまった。後半は練習の成果が出ていると思うので決勝は自分の取り柄の前半から行って、個人の派遣標準を狙いたい。」
この種目では宮本靖子選手(東洋大学)と山根優衣選手(セントラルスポーツ)が8位同着。全競技終了後に行われたスイムオフで山根選手が勝利し、決勝に駒を進めています。


【女子100m平泳ぎ】
HN1604051979

























予選では余力を残していた渡部香生子選手(JSS立石)が1分07秒03まで記録を上げトップ通過。「予選からするともう少しタイムが欲しかった。しっかり課題見つけて明日に繋げたい。明日は200m個メの準決もあって忙しいが、集中して臨みたい。」予選2位通過は予選から一気に1秒近く記録を上げたロンドン五輪銅メダリストの鈴木聡美選手(ミキハウス)。「31秒台前半では入れたのは自信にも繋がる。明日は最後の最後まで気を引き締めて準備したい。」混戦模様のこの種目は、6位までが1分07秒台。明日は誰にでもチャンスがありそうです。


【男子100m背泳ぎ】
HN1604052240











準決勝2組目で53秒台が3名。トップの入江陵介選手(イトマン東進)は53秒31で「タイムは52秒台を目指していたので残念。もう少しタイムを上げないと世界とは戦えない。自分の持ち味である後半を活かしたレースで52秒前半までいければ」2番手に付けた古賀淳也選手(第一三共)も53秒49で派遣標準記録オンタイム。「とりあえず派遣標準ピッタリでまずは合格点。あっという間の4年間だった。まずは明日のことだけに集中する。」3番手の金子雅紀選手(YURAS)も53秒台で虎視眈々と派遣標準記録を狙います。


そして本日のメイン2種目の決勝レース。

【女子100mバタフライ】
HN1604052895











注目の池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)は前半を26秒98という日本記録を上回るペースに会場も盛り上がります。後半やや失速し、日本記録ペースから遅れ、派遣標準記録もギリギリのラインでのタッチ。固唾を飲んだ会場も電光掲示板の「57.71」を見て大歓声に!池江選手はレース後のフラッシュインタビューでは涙で言葉にならず「派遣を切ることだけを目標にずっとやってきたので本当に嬉しいです。正直不安の方が大きかった。本番では皆さんを喜ばせられるよう頑張ります。」と若干15歳で注目を浴びて来た重圧がひとまず開放された瞬間でした。


【男子100m平泳ぎ】
HN1604052641











準決勝で派遣標準記録を突破したキング北島康介選手(日本コカ・コーラ)に注目と期待が集まった本日の最終レース。緊張感に包まれたレース、前半を27秒台でターンしたのは小関也朱篤選手(ミキハウス)。小関選手の粘り、北島選手の後半の追い上げに会場も後押ししたものの共に惜しくも派遣標準記録に届かず。小関選手は「ありえない。ただただ情けないです。」、北島選手は沈黙の後「言葉にならない。この雰囲気を自分の力に出来なかった。」と悔しさを滲ませながらも最後は「200m頑張ります!」と前を向いていました。


これがオリンピック選考会。派遣標準記録には惜しくも届かなかったレースにも温かい拍手が贈られ、様々な感情が交錯します。出場している選手、サポートしている方々の想いがあるからこそ、勝ち取ったオリンピックの代表権には価値があります。

明日以降も選手たちへの応援をよろしくお願い致します!


公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

(写真:PICSPORT)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo