TOBIUO JAPAN Journal

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」オフィシャルブログ

試合結果

#JAPANSWIM2016 第2日目予選結果:女子100m平は好調の金藤がトップ通過。入江、渡部ら実力者も今大会初レース。

JAPANSWIM2016は第2日目の予選競技が終了しました。

大会初日を終え、2日目を迎えた本日の予選は男子200m自由形、女子200m自由形、女子100m平泳ぎ、男子100m背泳ぎ4種目が行われ、朝一ながら緊張感のあるレースが続いています。経験豊富なトップスイマーたちも、やはり一発勝負のオリンピック選考会では緊張するようです。各種目上位16名が午後の準決勝に進出です。
tatsumi







それでは予選の各種目を振り返りましょう。

【男子200m自由形】
昨日、400m個人メドレーで五輪代表が内定した萩野公介選手(東洋大学)が1分47秒16でトップ通過。「(昨日の)疲れはそれほどない。ターンなど細かい部分を丁寧にしたい。準決勝では1分45秒台くらいを狙いたい。」そして予選2位は小堀勇氣選手(ミズノ)の1分48秒17。「一発目なので緊張した。レースプランが頭の中から飛んだが、まずは一本泳いでスッキリした。」とコメント。3番手にはベテラン松田丈志選手(セガサミー)、昨日400m自由形での派遣標準記録は届かなかったものの好調を維持している江原騎士選手(自衛隊)は5位で予選通過です。

【女子200m自由形】
予選トップ通過はこの種目の第一人者・五十嵐千尋選手(日本体育大学)。昨日の400m自由形のダメージがあっても予選では唯一の1分59秒台。注目の池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)は予選3位通過。「昨日の就かれもあったがタイムは想い通り。準決勝では前半を上げて、高校新記録を目指したい。(今夜は100mバタ決勝もあるが?)100mバタフライは200m自由形のすぐ後なので体力は少ししか残っていないと思うが派遣標準を突破して、日本記録を更新したい。」

【女子100m平泳ぎ】
混戦が予想される女子平泳ぎ。200m得意の金藤理絵選手(Jaked)が予選から1分06秒91の好記録をマーク。「朝一のレース、調子はいいと思っていたが一発目のレースを泳ぐまで不安はあった。1分06秒台は自信になる。準決勝では6秒台前半でセンターレーンに近い位置で決勝に残りたい。」一方、日本記録保持者の渡部香生子選手(JSS立石)も今大会初レースに臨み「一本目で少し緊張感があった。それでも後半は200mかというくらいのテンポで余裕もあったので準決勝では後半テンポアップしたい。」と明るい表情が印象的でした。

【男子100m背泳ぎ】
2日目の予選最終種目は入江陵介選手(イトマン東進)が53秒90でトップ通過。「あまり良い記録ではないがまずは一本泳いで落ち着いた。準決勝では52秒台を狙いたい。」とまずはリオへの切符を掴むことに集中しています。川本武史選手(中京大学)が53秒93で2位通過し、実力者ひしめくこの種目は決勝進出争いも激しくなりそうです。


公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

#JAPANSWIM2016 第1日目決勝結果:男子400m個メの萩野公介、女子400m個メの高橋美帆、清水咲子がリオ五輪代表内定!女子100mバタで池江璃花子が日本新!

JAPANSWIM2016の第1日目が終了しました。

本日は準決勝が2種目、決勝が4種目行われました。準決勝では女子100mバタフライで注目の高校1年生・池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が57秒55の日本新記録を樹立。決勝では男子400m個人メドレーで萩野公介選手(東洋大学)、女子400m個人メドレーで高橋美帆選手(ミキハウス)、清水咲子選手(ミキハウス)の3選手が派遣標準記録を突破し、リオデジャネイロ五輪代表入りが内定。

決勝レースを種目ごとに振り返ります。

【男子400m個人メドレー】
HN1604030099











予選から素晴らしい泳ぎを見せた萩野公介選手(東洋大学)の記録と世界王者・瀬戸大也選手(JSS毛呂山)との勝負にも注目が集まった今大会最初の決勝レース。バタフライでは日本記録ペースを大幅に上回り、会場を沸かせた萩野選手。記録にも大きく期待がかかりましたが、背泳ぎからのペースが上がらず日本記録更新はならず。それでも4分08秒90は悠々派遣標準記録を突破し、今大会でのリオ五輪代表内定第1号となりました。「予選が良かったので、もう少しタイムと結果がほしかった。それでもまずはオリンピックに再び挑戦する権利を得られてよかった。」とコメント。
既にこの種目でのリオ五輪代表が内定している瀬戸選手は派遣標準記録に届かず「課題の残るレースだった」とこの種目ではリオに向けて再出発する意思を固めていました。
HN1604030951













【男子400m自由形】
予選から軽快な泳ぎで派遣標準記録突破に期待がかかった江原騎士選手(自衛隊)は、前半は冷静に後半勝負というレースプラン。派遣標準記録にきわどいラインで会場を盛り上げましたが3分47秒43で惜しくも0秒90届かず。レース後の第一声は「残念です。個人で派遣標準突破を目標にしていたので悔しいです。」それでも明日の200m自由形に向けしっかり前を向いています。


【女子400m個人メドレー】
HN1604043276











予選をトップ通過した日本記録保持者・清水咲子選手(ミキハウス)を中心に展開されると予想されたこの種目を制したのは元日本記録保持者の高橋美帆選手(ミキハウス)。高橋選手が4分35秒55、2位の清水選手が4分36秒68で共に派遣標準記録を突破し、チームメイトの2人が共にリオ五輪への切符を掴みました。高橋選手はロンドンに続き2回目の五輪代表が内定し「この4年間ロンドン五輪の悔しい想いを忘れた日はなかった。今回は決勝の舞台で戦いたい。」とこの日に懸けて来た想いが溢れていました。清水選手も「タイムはともかく、代表に入れたのは良かった。」と0秒20での代表入りにホッと胸を撫で下ろしていました。


【女子400m自由形】
予選トップの五十嵐千尋選手(日本体育大学)は派遣標準記録を目指し、積極的なレース展開。フィニッシュタイムは4分09秒70で派遣標準記録には届きませんでしたが、明日の200m自由形に繋がるレースが出来たようです。


【女子100mバタフライ(準決勝)】
HN1604042350











また本日行われた準決勝種目では女子100mバタフライで池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が57秒55の日本新記録を樹立し「緊張で前半50mは思うように身体が動かなかったが後半上げられて良かった。明日はもっと記録を上げて派遣標準を突破したい。」と明日の決勝への意気込みを語っています。


【男子100m平泳ぎ(準決勝)】
男子100m平泳ぎでトップ通過したのはキング北島康介選手(日本コカ・コーラ)。唯一派遣標準記録を上回る59秒62に会場も湧きました。「もう少し速い記録を狙っていたが久々の59秒台。明日も派遣標準を目指すがもう一度自己ベストを出したい。」去り際には「やるしかないっしょ!」と気合を入れていました。


公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

(写真:picsport)

#JAPANSWIM2016 第1日目予選結果:女子100mバタで池江が高校新。萩野、北島らが予選から好記録。

本日より第92回日本選手権水泳競技大会 競泳競技 兼 第31回オリンピック競技大会(リオデジャネイロ/2016)代表選手選考会がスタートしました!

7日間の熱い戦いが辰巳国際水泳場にて幕を開け、初日の予選から女子100mバタフライでは池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が58秒14の高校新記録をマーク。また、男子400m個人メドレーでは萩野公介選手(東洋大学)が4分09秒80、北島康介選手(日本コカ・コーラ)が1分00秒07の好記録で予選トップ通過。さすがは4年に1度のオリンピック選考会というピリっとした雰囲気で、午前中からレベルの高いレースが続いてます。本日の決勝・準決勝種目も楽しみです。
tatsumi







予選の各種目を選手たちのコメント共に振り返ります。

【男子400m個人メドレー】
予選から萩野公介選手(東洋大学)と瀬戸大也選手(JSS毛呂山)が隣同士。萩野選手は前半から日本記録ペースを上回るハイペース。後半は余裕の泳ぎで4分09秒80の好記録。「身体がしっかり動いている。背泳ぎはまだまだだが、後半は余裕のある泳ぎが出来た。決勝はもっと厳しいレースになるのでしっかり記録を上げて行きたい」
瀬戸選手は「思うような泳ぎが出来なかった。今の段階では戦えていないので決勝ではしっかり集中して臨みたい。」

【女子100mバタフライ】
予選から池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が高校生としての初レースで58秒14の高校新記録を樹立。「昨年予選落ちのトラウマがあったので、前半から積極的に行ってトップ通過を狙っていた。予選59秒前半、準決58秒、決勝で自己ベストというプランだった。もう少し記録を狙える。」
また池江選手の隣を泳いだ星奈津美選手(ミズノ)も58秒87の好記録。「めずらしく自分の感覚よりも記録が速かった。朝から今までにないタイム。」と好調のようです。

【男子400m自由形】
予選トップ通過は2月に短水路日本新を樹立した江原騎士選手(自衛隊)。「一発目の予選、タイムは気にせず気持ちよく泳いだ。4年前は選考にも擦りもしなかったが、今回は良い緊張感の中で臨めている。決勝では自分らしい泳ぎでオリンピックに内定したい。」

【女子400m個人メドレー】
2月のコナミオープンで日本新記録を更新した清水咲子選手(ミキハウス)がトップ通過。「ちょっと遅いかなー、と思ったがタイムを見てコナミオープン(予選)と同じくらいだったので“よしよし”という感じ。この日のために全てを懸けてやってきた。水泳人生の集大成と考えているリオに向けて、自分も周りも納得させられるレースをしたい。」
清水選手と同級生のライバル高橋美帆選手(ミキハウス)は前半から積極的なレース展開で「決勝では相手よりもまずは自分の記録。結果として4分33秒で2人で代表を決めたい。」

【男子100m平泳ぎ】
北島康介選手(日本コカ・コーラ)が1分00秒07の好記録で小関也朱篤選手(ミキハウス)らを抑え予選トップ通過。「久々ですよ。ここ最近で一番速い。最初のレースはいつでもビビるが気持ちはもう安心した。この緊張感の中だからこそ高いパフォーマンスが発揮できる。」と心身ともに充実した様子です。
小関也朱篤選手(ミキハウス)は1分00秒12で2位通過。明日の決勝に向けて、両雄の準決勝での泳ぎにも注目です。

【女子400m自由形】
予選トップは五十嵐千尋選手(日本体育大学)の4分12秒86。派遣標準記録までは少し差があるものの「派遣標準は絶対に切れないわけではない。最後まで諦めずに泳ぎ切りたい」と4年前には200m自由形で5位と悔しい経験をした五十嵐選手が最初の決勝レースでチャレンジします。

公式リザルトはこちらから
第92回日本選手権水泳競技大会 競技結果速報

春季JOCジュニアオリンピックカップが終了。女子200m個メで今井月、男子1500m自由形では菖池竜輝が短水路中学新記録を樹立!

日本選手権兼リオ五輪代表選考会まであと1週間と迫った今週、辰巳国際水泳場では4日間にわたって第38回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会が開催されました。

ジュニアとはいえ、日本選手権ではリオ五輪代表入りを目指す選手たちも出場した今回のジュニアオリンピック。大会を盛り上げたのはやはり記録更新の瞬間でした。

大会第3日目には、男子CS1500m自由形決勝で今年度長水路での中学新記録を更新した中学3年生の菖池竜輝選手(コナミ三田)が高校生の松本輝選手(スウィン春日部)に喰らいつき見事15分02秒73の短水路中学新記録を樹立!また800mの途中時間でも7分55秒82の短水路中学新記録を樹立しました。
1459247623-image













そして大会第4日目の本日、女子CS200m個人メドレーでは今井月選手(本巣SS)が2分07秒50の短水路中学新記録を樹立。女子最優秀選手にも選出され日本代表入りを目指す今井選手は、いよいよ来週に迫ったリオ五輪選考会に向けて弾みをつけました!

また女子11〜12歳50m自由形では谷口葉菜選手(真庭SC)が26秒04の短水路学童新記録、女子11〜12歳50mバタフライでは牧野桜子選手(ジャパン観)が27秒65の短水路学童新記録を樹立しています。

10歳以下/11〜12歳区分の優秀選手、育成コーチは以下の通りです。
・10歳以下区分女子優秀選手:佐々木美莉選手(スウィン鷲宮)
・10歳以下区分女子育成コーチ:井上新コーチ(スウィン鷲宮)
・10歳以下区分男子優秀選手:松下知之選手(スウィン宇都宮)
・10歳以下区分男子育成コーチ:大出光広(スウィン宇都宮)
・11〜12歳区分女子優秀選手:谷口葉奈選手(真庭SC)
・11〜12歳区分女子育成コーチ:藤本策也コーチ(真庭SC)
・11〜12歳区分男子優秀選手:加藤晃成選手(豊橋SS)
・11〜12歳区分男子育成コーチ:鈴木厚裕コーチ(豊橋SS)
1459172000-b01

1459172005-c01






















13歳以上の優秀選手と育成コーチは以下の通りです。
・女子13〜14歳区分優秀選手:泉原凪沙選手(コナミ天王町)
・女子13〜14歳区分育成コーチ:佐々木洋輔コーチ(コナミ天王町)
・男子13〜14歳区分優秀選手:林太陽選手(スウィン東光)
・男子13〜14歳区分育成コーチ:原沢剛コーチ(スウィン東光)
・女子15〜16歳区分優秀選手:佐藤千夏選手(スウィン大教)
・女子15〜16歳区分育成コーチ:原田良勝コーチ(スウィン大教)
・男子15〜16歳区分優秀選手:宮本一平選手(スウィン大宮)
・男子15〜16歳区分育成コーチ:大木賢二コーチ(スウィン大宮)
・女子最優秀選手:今井月選手(本巣SS)
・女子CS育成コーチ:芝辻泰宏コーチ(本巣SS)
・男子最優秀選手:金子直樹選手(ATSC.YW)
・男子CS育成コーチ:和田麻里子コーチ(ATSC.YW)
1459330521-image












大会の詳細は(公財)日本水泳連盟公式HPトピックスから!

さぁJOも終わり、リオ五輪選手選考会まであと5日!!

【ジュニアブロック・シンガポール遠征】最終日も7つの金メダルを獲得する活躍を見せた日本チームが無事帰国。

ジュニアブロック・シンガポール遠征が無事終了しました。
DSC_2417













最終日の結果と遠征を振り返りましょう。

大会5日目となった最終日も日本チームの勢いは衰えず、合計7つの金メダルを獲得。前日の50m自由形にて2016年度ナショナル標準記録を突破した難波実夢(MGニッシンSS)は、最終日朝一番に行われた100m自由形予選にて57秒82の大幅ベスト更新でナショナル標準記録を突破。
unnamed













決勝では少し記録を落としたものの堂々の優勝でした。また、今大会を通して女子選手の活躍が目立ちましたが、最終日は男子800m自由形(15−17歳区分)で1・2・3位を独占するなど、男子も意地を見せてくれました!

本大会では、アメリカのKavin Codes選手を始め、タイや高地合宿帰りの台湾などのナショナルチームが参加しており、例年よりハイレベルな大会となりました。日本の選手たちもその中で目標である「ナショナル標準突破」「自己ベスト更新」を目指し、海外での生活やレース方式に対応出来る精神力を身につける大切さを学ぶことができたと思います。
unnamed-2












また、スタッフも大会を通してチームワークを高め「Japanチームの為に」を合言葉に5日間のレース及び本遠征を乗り切りました。2020年を視野に入れた選手たちへの「次の」動機付けが出来たのではないでしょうか。

チームは大会を終え、昨日無事に日本に帰国しました。
unnamed-1












以下、第5日目の主な競技結果です。

【第5日目の決勝結果】
女子100m自由形(13−14歳)
難波実夢(MGニッシン) 57.87①
村上真穂 1:00.74③

女子100m自由形(15−17歳以上)
望月絹子 57.49②

男子100m自由形(13−14歳)
西野徳真 55.09②
金直輝 55.41③

男子100m自由形(15−17歳)
堀合孝太郎 51.73②

女子400m個人メドレー(13−14歳)
石原愛依 4:59.12①

女子400m個人メドレー(15−17歳)
一戸真央 4:55.72①
東みずき 4:59.67②

男子400m個人メドレー(15−17歳)
藤原育大 4:30.20①

女子100m背泳ぎ(15−17歳)
関口真穂 1:03.42①
片桐珠美 1:03.57②

男子100m背泳ぎ(15−17歳)
遠藤柊斗 59.29②
長野功 59.85③

女子1500m自由形(15−17歳)
菊池未愛 16:59.16①

男子800m自由形(15−17歳)
古畑海生 8:16.11①
可徳圭秀 8:18.21②
井本一輝 8:22.96③

男子800m自由形(18歳以上)
山本健志 8:15.94②


Singapura Finance 47th SNAG Swimming Championships - Day 5

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Pachapo